会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.70 > 八田 進二(大原大学院大学 会計研究科 教授・博士) - 会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」
鼎談_会計プロフェッショナル~汝の名は公認会計士~

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.70

-アカウンタンツマガジン-
2023年07月01日発行

会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」

「高品質な監査を担保する仕組み、「日本版POB」の創設を考える」

大原大学院大学 会計研究科 教授
青山学院大学 名誉教授博士(プロフェッショナル会計学)八田 進二

以前、このコーナーでも論じた「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード、2017年3月31日策定)が、今年3月24日に改訂された。主な改訂項目は、①監査法人が果たすべき役割として、「高品質の監査の実施」を再確認していること、②監査法人における経営機能の実効性を確保すること、③監査法人における「監督・評価機能」を確保するために、独立した第三者の活用とその開示を行うこと、④グローバルに活動する監査法人の海外ネットワークとの関係性等についての開示を行うこと――である。

そもそもガバナンス・コードは、中小監査法人による上場企業の監査が増加している状況を踏まえ、「監査の担い手全体の監査品質の向上」を図る目的でつくられた。わかりやすく言えば、「大手監査法人に高品質の監査の範を示してもらうのはもちろん、上場企業の監査を行う以上、中小にも一定以上の水準を求める」ということだ。ちなみに、IPOの増加などを背景に、上場企業の監査を行う法人数は120に達している。中小法人のウエートは、ますます高まっているのである。

ただし、中小法人に4大法人と同等のことをやれと言っても、無理がある。なかでも問題になるのが、コードの改訂点③にかかわる「独立した監督・評価機関の設置」だ。彼らの多くは、それを置ける財政基盤、人的リソースを持たない。しかし、高品質な監査を担保する仕組みを欠けば、いくらコードをつくっても絵に描いた餅になってしまう。

そこで提案したいのが、「日本版POB」の創設である。POBとは、1978年に米国公認会計士協会(AICPA)の外部に設置された「公共監視審査会(Public Oversight Board)」を指す。当時、米国では、監査に絡む不祥事の対策として、監査内容を法人間で相互に審査する“ピアレビュー”が始まっていた。その中身をチェックして、業界内の馴れ合いを防ぐのがPOBの役割だった。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

大原大学院大学 会計研究科 教授 青山学院大学 名誉教授 博士(プロフェッショナル会計学) 八田 進二

大原大学院大学 会計研究科 教授青山学院大学 名誉教授博士(プロフェッショナル会計学)八田 進二

慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得。博士(プロフェッショナル会計学・青山学院大学)。青山学院大学経営学部教授、同大学院会計プロフェッション研究科教授を経て、名誉教授に。 2018年4月、大原大学院大学会計研究科教授。日本監査研究学会会長、日本内部統制研究学会会長、金融庁企業会計審議会委員等を歴任し、職業倫理、内部統制、ガバナンスなどの研究分野で活躍。

最新の「Accountant’s Opinion」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットの強み

【閲覧無料】会計プロフェッションのヒューマンドキュメント誌「アカウンタンツマガジン」

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。


↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録