トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.19 > The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち- | 桑原 元就(株式会社IBJ)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.19

-アカウンタンツマガジン-
2013年08月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「将来の起業も視野に、数字のプロとして、ベンチャー経営に参加」

株式会社IBJ取締役
経営管理部部長桑原 元就

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

ニッポンの最高財務責任者=CFOの人物像を紹介する本連載の11回目にご登場願ったのは、IBJの桑原元就氏。学生時代に起業を志したのがきっかけで、会計士資格を取得。31歳の時、8年半勤めた大手監査法人から上場前のベンチャー企業に飛び込み、若きCFOとして活躍している。そんな桑原氏のキャリアストーリーを聞いた。

〝ベンチャー魂〞に目覚め、「嫌いだった」会計士を目指す

「元就」と聞けば、誰もが「3本の矢」の逸話を連想するだろう。
「3人目で待望の男児に恵まれた、父が舞い上がり、危うく〝信長〞か〝家康〞にされるところでした(笑)。母親が『いじめられるから』と必死で説得して、しぶしぶ妥協したそうです」

その父親は、茨城県古河市で公認会計士事務所を開いており、「小さな頃から『将来は会計士』と言われて育った」。その言葉に導かれ、めでたく夢をかなえ……と思いきや、「会計士だけにはなりたくなかった」のだという。
「個人の税務などがメーンだったようですが、とにかく付き合いの類は多いし仕事もきつそうだし、父の仕事にいいイメージは持てなかったんですよ」

転機は東京都立大学(現首都大学東京)経済学部3年の時に訪れる。就活の時期を迎えたが、これといってやりたい仕事が見つからず、気ばかり焦るある日、独立・起業の情報誌『アントレ』(リクルート)が目に留まった。
「上場したてのサイバーエージェントなどの記事が載っていて、気がつくとその生き方に引き込まれていた。僕らが学生だった2000年頃は、ベンチャー企業にとても勢いがあったんですよ。素直に、自分も会社経営をやってみたい、と思うようになりました」

とはいえ特別に勉強しているわけでもない、お金もツテもない、飛び抜けた才能があるわけでもない人間が、明日にでも起業できるほど、世の中は甘くない。「まずはベンチャーへの就職を目指そう」と桑原氏は考えた。

ただしベンチャー企業ならどこでもいいわけでは、もちろんなかった。
「会社を知るためにもできるだけ多くの社長に会って、直接話を聞いてみたかった。さりとて何もない若造に、すぐ会ってくれるほど暇ではないはず」

何か妙手はないものか、と思案に暮れる頭にひらめいたのが、「弁護士や公認会計士の資格」だった。
「多忙な社長に〝手薄〞なはずの、深い専門知識は武器になるのでは、と考えたのです。その時から、会計士を違った目で見るようになった(笑)。経済学部にいたし、弁護士は難しそうだし、会計士を目指すことにしました」

「いったん決めたことは、ガーッと行くタイプ」の桑原氏は、大学3年の終わりから本格的な勉強を開始。卒業した年の第二次試験に見事合格を果たす。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

株式会社IBJ 取締役 経営管理部 部長 桑原 元就

株式会社IBJ取締役
経営管理部部長桑原 元就

1980年1月7日
茨城県古河市生まれ
2002年3月
東京都立大学(現首都大学東京)
経済学部卒業
2002年10月
公認会計士第二次試験合格
監査法人トーマツ
(現有限責任監査法人トーマツ)入所
2006年4月
公認会計士登録
2011年6月
株式会社IBJ監査役就任
2013年3月
同社取締役就任

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録