経理の転職動向

経理転職動向

経理を取り巻く転職市場においては、ここ数年の間に大きな流れがありました。 2008年のリーマンショックなどによる影響から、日本国内における有効求人倍率が大きく落ち込み、2008年・2009年は経理の分野においても転職市場は大きく冷えこんでいました。

この後は現在まで、有効求人倍率については徐々に持ち直しております、経理を含む事務系職種においては、全職種平均の有効求人倍率が上昇トレンドにある場合にも、多少遅れて上昇するという傾向にあります。

景気の回復等で企業が人材を採用する場合には、先ずは営業や技術者など、収益の源泉となるようなポジションから人材を確保し、組織の拡大に伴って管理面を強化する目的で、経理の人材を採用するといった流れが多く見受けられます。
こういったことから2009年から数年間は、新卒採用で経理に配属させるというケースも少なく、この空洞化した層を採用すべく各社が中途採用に力を入れているというのが、直近のトレンドになります。 弊社で取り扱っている求人についても、2014年あたりから目に見えて求人数が増えてきており、2016年には過去最高の求人受理数となりました。

続きを表示する

もっと経理求人をみる 経理の方向け求人

職種別求人検索