トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.1 > 会計業界の起業人 | 本郷 孔洋( 辻・本郷税理士法人 理事長)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.1

-アカウンタンツマガジン-
2010年08月01日発行

会計業界の起業人

「節目は10年ごとにやってくる。時代の風を読み、チャンスと見れば打って出る」

辻・本郷税理士法人
理事長本郷 孔洋

就職試験に失敗。ジャーナリストの夢をあきらめ会計士の道へ

顧問先3000社超、所員450名(関連グループ含む)、全国に8つの支部を持ち、国内最大規模を誇るのが、辻・本郷税理士法人だ。専門特化型をうたい、法人向けサービスでは、税務顧問業務をはじめ事業承継や再生・M&A、医業、公益法人、公会計など、それぞれに専門チームを編成して、会計・税務について戦略的なコンサルティングを行う。

そんな同所を率いる本郷氏なら、さぞや学生時代から会計・税務の研究に打ち込んできたのではと思いきや、意外な答えが返ってきた。

「私は政治学科を出ていましてね。もともとジャーナリストになりたかったんですよ。ところが、その就職試験に落ちちゃって(笑)。さすがに政治でメシは食えないだろうと、仕方なく商学部の大学院に入ったら、みんな会計士試験を受けると言う。それで私も会計士の試験を受けて、昭和監査法人(当時)に入ったの」と屈託のない笑顔で話す本郷氏。昭和監査法人に入所したことについても、また「なんとなく大きそうだから」との答え。だが、そこで実務に携わるようになると、衝撃を受けることになる。
「試験に合格したといっても、監査はもちろん、簿記の実務もろくにやっていないわけです。会計というのは一人前になるまで時間がかかる。それだけに、なかなか将来の展望が描けませんでしたね」

その後、そんな本郷氏の型破りな行動が独立の道へつながっていく。
「イギリスに知り合いがいましてね。仕事も退屈だし、ふと遊びにでも行ってみようかなと。それで、3カ月の休暇をもらって渡英したんです」

この時、本郷氏は30歳。当時としては、まず例のない大胆な行動だった。確たる目的のない渡英。そしてあっという間に1年が過ぎた――。
「ところが、帰国して事務所に行ってみると、私の席がないわけです。まぁ、実質クビということで(笑)。それなら独立するか、と都内目黒区の自宅に電話を引いて会計事務所を開業したのが、32歳の時でした」

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

辻・本郷税理士法人 理事長 本郷 孔洋

辻・本郷税理士法人理事長本郷 孔洋

1945年4月11日
岩手県一関市生まれ
1969年3月
早稲田大学第一政経学部卒業
1971年9月
公認会計士試験合格
1972年3月
早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了
1972年4月
昭和監査法人(現・新日本監査法人)入所
1975年3月
公認会計士登録
1977年1月
本郷公認会計士事務所開設
2002年4月
辻・本郷税理士法人理事長就任

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録