トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.44 > 会計士の肖像 | 林 公一(アタックスグループ 代表パートナー)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.44

-アカウンタンツマガジン-
2017年10月01日発行

会計士の肖像

「やりたいことに向けて、自分の意思と力で自由な キャリア形成が可能。 そこに会計士の楽しさがある」

アタックスグループ
代表パートナー林 公一

会計士の肖像

〝猫跨ぎ〞の食事に我慢の寮生活の末、会計士試験を突破する

名古屋に本拠を構えるアタックスグループは、税務のほか経営コンサルティング、人材育成支援などの専門プロ集団を擁し、主としてベンチャー、中堅・中小企業に向け、幅広いサービスを提供している。顧問企業約1200社と聞けば、その実力のほどがわかるはずだ。林公一が入社したのは、1999年。現在はグループ代表社員3人の1人に名を連ね、アタックス・ビジネス・コンサルティングの社長も兼任。そんな林が会計士を志したのは、高校生の時、家族に起こった、ある〝事件〞がきっかけだったという。

父親は小学校の教師、母親は美容師で、自分で店を開いていました。まあ、ごく普通の子供でしたけど、小さな頃から飛行機のパイロットになるのが夢だったんですよ。けっこう本気で、中学の時には、航空大学校に行こうと決めていました。ところが、高校生になって、視力が足りずに受験資格もないことがわかった。ならば、管制官でもと考えたのですが、やはり目がネックになって、その道は断念。当時、レーシック手術なんてなかったですからね。あったら、それを受けてでもチャレンジしていたと思います。

将来に対する目標を失ったことで、理系か文系かの進路選択にも迷いました。数学が得意で英語はダメ、という状況でしたから、順当なら理系でしょう。でも、理系に進んだら、エンジニアとしてどこかの大企業に雇ってもらう、という決まりきった道筋しかイメージできなかった。

そんなある日、母の美容室に税務調査が入って、追徴を食らうという出来事があったんですよ。父は怒って、「こんな横暴はないだろう。お前、税理士にでもなって、こういうのと戦ったらどうだ」と言うわけです。へえ、と思っていろいろ調べて、初めて税理士、公認会計士という仕事を知りました。で、「これだったら得意の数字を使うし、いいじゃないか。どうせなら、より難関の会計士を目指そう」と進路を決めたのです。結果的に、僕は親に導かれてこの道に足を踏み入れたことになります。素直というか、単純というか(笑)。

高3にしてその決意を固めた少年は、「会計に強いゼミのある大学」かつ愛知県外を選択基準に、横浜市立大学商学部に進学する。そして入学するや、専門学校に通い始めるのだが、長続きはしなかった。中学生時代に始めた弓道に、入れ込んだためである。

的に当てるのも外すのも、全部自分の責任。一言でいえば、それが弓道の魅力でしょうか。寸分たがわず同じ方向に同じ射形で射れば、矢は必ず意図したとおりに飛んでいくはずなのです。試されるのは、平常心を保てているのかどうか。スパッと的を射抜けた時には、やっぱり快感です。

加えて大学では、部の副将を務めたこともあり、チームをまとめていかなくてはなりません。そんなこんなで、試験勉強などやっている暇がない(笑)。結局、再び専門学校に通い始めたのは、3年生の大会を終え、部活に区切りをつけてからでした。

卒業は87年ですから、バブルの真っ盛りです。体育会系の副将をやり、名の通った先生のゼミのゼミ幹もやっていましたから、就職先には困らなかった。ただ、「会計士になるんだ」という気持ちには、なぜか揺らぎはなかったですね。一般企業の誘いは全部断って、資格取得に専念しました。

最初のチャレンジは4年生の時で、正直これは〝模試〞ぐらいの気持ち。でも浪人した次の年は、答練でかなりいい点数を取っていたし、自信がありました。にもかかわらず、不合格に。浪人生活を続けるのは、さすがに辛かったですよ。たまに大学の同期に会うと、「俺、最近赤坂以外で寿司食ったことないな」とか言うわけです。その時、僕は1日に使えるのが1000円で、銭湯に行こうかやめようか、真剣に悩むような生活をしていましたから。

当時は、千葉の松戸市にあった中央大学白門会の寮で暮らしていました。朝晩食事がつくのはいいけれど、毎日のように出てくるコロッケが、信じられないくらいおいしくないんです。寮に住み着いている猫たちの前に投げても、プイと横を向いちゃうほど(笑)。そんな環境で、文字通り歯を食いしばって勉強しましたから、合格できた時には、本当に嬉しかったですよ。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

アタックスグループ  代表パートナー 林 公一

アタックスグループ 代表パートナー林 公一

1964年10月28日
愛知県刈谷市生まれ
1987年3月
横浜市立大学商学部経営学科卒業
1989年9月
公認会計士第二次試験合格
1990年10月
KPMG New York事務所入所
1995年6月
KPMGコーポレイト
ファイナンス株式会社に転籍
1997年3月
公認会計士登録
1999年11月
株式会社アタックス入社
2005年9月
同社取締役
2006年8月
株式会社アタックス・ビジネス・
コンサルティング代表取締役社長
2008年3月
アタックスグループ代表パートナー

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録