トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.14 > 公認会計士「研修出向制度」体験者リポート | 工藤 保浩( エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社 グループ財務会計部門 四社税務担当)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.14

-アカウンタンツマガジン-
2012年10月01日発行

公認会計士「研修出向制度」体験者リポート

「巨大な数字への緊張感ととことん調べる風土のなか、会計人の底力を育みたい」

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社
グループ財務会計部門四社税務担当工藤 保浩

税務を知りたいと一般企業へ

大学院を出られているのですね。

工藤

大学4年の時に公認会計士試験に合格したのですが、会計基準の成り立ちなどをもう少し勉強したかったのです。折しもIFRSが入ってくるタイミングでいろいろと騒がれていたので、それをテーマに「IFRS導入により判断基準が増えることは、投資家にとってメリットではないか」という内容の修士論文を書きました。

監査法人に入って感じたことは?

工藤

担当したのは化粧品・健康食品関連、機械関連など、メーカーが多かったですね。ものをつくってから売るまでの一連の流れを見られたことは、大変有意義な経験になりました。同時に、実際に企業の担当者の話を聞き、監査に携わるなかで、「今までやってきた勉強だけでは足りないぞ」という思いも強くしました。

例えば、どんなところに?

工藤

内部統制監査が導入され、会社側が作成したフローチャートやRCM(リスクに対応する統制活動の状況を定義した文書)をチェックしなければならなくなったのですが、どこが大事なポイントなのかを見極めるのがかなり大変でした。「このあたり」と一般的にはいえるのだけれど、「当社はずっとこうやってきたんですよ」というような、会社なりの考え、思いがあるわけですね。それに対応するとなると、“本の知識”だけでは不十分なのです。

そうしたことが、一般企業への出向の動機になった。

工藤

そうです。企業活動を理解していないと、根本的なチェックは難しい。「企業の内部を知りたい」という問題意識は、監査法人入社1年後ぐらいには持ち始めていました。

監査を担当してもう一つ感じたのは、税務を非常に気にしているということ。考えてみれば当然で、会計上の利益を得た後に税務調整が行われ、しかるべきキャッシュアウトが生じるわけですから、企業経営にとっては極めて重要なファクターです。そこにも興味を覚えました。それで、「今後どんな仕事をしたいか」という監査法人の自己申告書に、「税務関係の業務を経験してみたい」と書いたんですね。数カ月後、「税務の人材を募集している企業があるから、行ってみないか」と声をかけられたのが、当社に出向したいきさつです。今振り返っても、まさに“渡りに舟”でした。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社 グループ財務会計部門 四社税務担当 工藤 保浩

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社グループ財務会計部門四社税務担当工藤 保浩

1983年6月11日
千葉県八街市生まれ
2005年11月
公認会計士第二次試験合格
2006年3月
早稲田大学社会科学部卒業
2008年3月
早稲田大学大学院
社会科学研究科修了
2008年4月
新日本有限責任監査法人入所
2011年7月
エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ
株式会社へ出向

出向受け入れ企業の声

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社 取締役アカウンティング事業部長 内部監査士 猿渡 德一

3年間の出向期間を全うし、自身のキャリアの糧にしてほしい

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社取締役アカウンティング事業部長 内部監査士

猿渡 德一

NTTグループは、2010年に南アフリカのIT大手ディメンション・データを買収し、グローバル化を加速させた。IFRSや国際税制の大きな流れへの対応も、強く意識されてきた。そうした状況を踏まえ、会計、税務の専門家のスキル、ノウハウがぜひともほしいと考えていたところに、新日本有限責任監査法人から出向制度の提案があり、採用させていただくことにした。

一昨年、連結決算の部門に1人入ってもらっており、工藤さんは2人目だ。会計士というと「先生」のイメージがあり、最初は溶け込んでもらえるか不安もあったのだが、両人とも仲間意識を持って働いてくれており、期待どおりの戦力になっているだけでなく、周囲のいい刺激にもなっている。

3年という出向期間は、本人たちにとっても我々にとってもベストなのではないか。退社後のパフォーマンスのダウンは痛いが、そこは残った人間が力をつけてカバーする。その繰り返しで、組織としての実力を蓄えたい。継続的に採用したいと考えている。

最新の「公認会計士「研修出向制度」体験者リポート」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録