トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.7 > 会計業界の起業人 | 長峰 伸之( BDO税理士法人 統括代表社員)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.7

-アカウンタンツマガジン-
2011年08月01日発行

会計業界の起業人

「国際税務や移転価格コンサルティングを中心に成長を続ける中堅企業の海外取引をサポート」

BDO税理士法人
統括代表社員長峰 伸之

大学入学時に会計士の資格取得を決意。大学院を経て米国へ

ヨーロッパ・ベルギーに本拠を持ち、世界110カ国に展開するBDOインターナショナルのメンバー・ファームが、BDO税理士法人だ。2002年10月、長峰氏は同法人設立にともない、総括代表社員に就任。各国のBDOメンバー・ファームと連携するなどして、ワールドワイドでハイレベルな税務およびアドバイザリーサービスを実現させている。
「国際税務、移転価格コンサルティングを中心に、成長を続ける中堅企業の海外への進出・海外取引業務をサポートしています。私たちの強みは、複雑化する国際税務の諸問題に的確かつ迅速に対応し、クロスボーダーで力を発揮できること。設立当初9人だった所員も、今では50人を超えました」

所内には英語、中国語、ベトナム語を母国語とする外国人スタッフも在籍し、国際色豊か。長峰氏自身も頻繁にヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国へプロジェクトや会議、調査に出かけるなど、アグレッシブに仕事をこなす。そんな長峰氏は、学生時代からユニークなキャリアを歩んできた。
「資格取得を決めたのは、高校生の時。漠然とですが、将来は企業の事業活動や発展に貢献できるプロフェッショナルとして活躍したいと思っていましたからね。中央大学商学部に入って、すぐに公認会計士の受験勉強を始めたのは、当然の成り行きでした」

だが、大学3年で第二次試験に合格した時のこと。それを聞いた恩師の助言が、長峰氏の人生を変えた。
「『人より早く合格した分、回り道するくらいの余裕を持て』と、大学院に行くことを勧められたのです。まぁ、もともと人と同じ道を歩くのが嫌いな性格ですからね。それもいいかな、と」

大学院では会計学や商法はもちろん、経営や経済についても、より専門的で広範な知識を習得。充実した2年間を送ったという。
「ところが、いざ就職となって気付いたのです。同期の受験仲間は、すでに監査法人や企業で活躍している頃だと。それで、彼らとは違う道に進んで、新しい可能性を探ってみようと、ピートマーウィック(現KPMG)のニューヨーク事務所に就職しました」

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

BDO税理士法人 統括代表社員 長峰 伸之

BDO税理士法人統括代表社員長峰 伸之

1955年6月
東京都大田区生まれ
1978年9月
公認会計士第二次試験合格
1980年3月
中央大学商学部卒業
1982年3月
横浜市立大学経営学部修士課程修了
1982年5月
ピートマーウィック(現KPMG)ニューヨーク事務所入所
1992年8月
公認会計士登録
1993年10月
米国公認会計士登録
2001年8月
税理士登録
2002年10月
三優税理士法人(現BDO税理士法人)設立、
統括代表社員就任

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録