トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.3 > 会計業界の起業人 | 筧 悦生( 清和監査法人 シニアパートナー)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.3

-アカウンタンツマガジン-
2010年12月01日発行

会計業界の起業人

「普通にやっていると、硬直化する業界。だから、崩す。追い求めるのはサムシングニューだ」

清和監査法人
シニアパートナー筧 悦生

監査法人を辞め、丁稚の覚悟で転職。年収は300万円に

監査法人らしからぬことを考え、実行しよう。そんな発想で業務に取り組み、急成長中の監査法人がある。清和監査法人だ。すでに事務所の陣容は90名を超え、上場クライアント数で業界10位に入った。この監査法人を創業したのが、筧氏である。
「とはいえ、昔から会計を志していたわけではないんです。学生時代は、そのほとんどの時間を体育会アーチェリー部の活動に費やしていましたし。ところが、就職活動の時期を迎え、ふと思ったのです。『体育会の仲間と同じような大手企業に就職して、私は彼らに勝つことができるのだろうか』と。それで、自分も人に負けないものを得ようと、大学院へ進学。ゼミの先生が会計士だったこともあり、資格取得を考えるようになったのです」

そして、ここから筧氏の挑戦が始まる。公認会計士二次試験には大学院を修了した26歳で合格。その翌年に、KPMGセンチュリー監査法人(現新日本監査法人)に入所した。
「当時は、大手酒造メーカーの監査業務に従事。古きよき時代というか、その頃は、クライアントと一緒に飲みに行くことも多くてね。仕事は楽しかったのですが、毎日、酒飲んでいたらおかしくなるんじゃないかと。それで、独立したらお金持ちになれると思って、あっさり退職してしまったんです」

だが、バブル崩壊のつめ跡は想像以上に深く、景気は一向に上向かない。しかも致命的だったのは、独立ノウハウを全く持っていないことだった。結局、筧氏は丁稚覚悟で個人事務所に転職。年収は半分以下の300万円に下がったが、税務についての実務経験を積みながら、会計事務所の運営ノウハウを習得。早期の独立を自分に課した。
「そこでは、大組織の中では気付けなかった経営の難しさを教わりました。それで、まずは顧問先を確保するため、監査法人時代の上司に相談。すると、株式公開を目指すベンチャー企業を紹介されたのです。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

清和監査法人 シニアパートナー 筧 悦生

清和監査法人シニアパートナー筧 悦生

1965年9月1日
愛知県一宮市生まれ
1989年3月
慶應義塾大学商学部卒業
1991年3月
早稲田大学大学院商学研究科修了
1991年10月
公認会計士第二次試験合格
1991年10月
学校法人大原学園 大原簿記学校 会計士課 専任講師
1992年10月
KPMGセンチュリー監査法人(現新日本監査法人)入所
1995年3月
公認会計士登録
1996年3月
大村公認会計士事務所入所
2000年8月
株式会社アーケイディア・グループ設立
2004年3月
東京国際監査法人設立、シニアパートナー就任
2006年10月
法人名を清和監査法人に商号変更

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録