トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.5 > 会計業界の起業人 | 横山公一( 青山綜合会計事務所 代表パートナー)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.5

-アカウンタンツマガジン-
2011年05月01日発行

会計業界の起業人

「新しい時代の、新しい会計事務所の姿を追求。総合金融サービスプロバイダーを目指す会計業界のベンチャー」

青山綜合会計事務所
代表パートナー横山公一

起業のヒントを求め会計士の道を選択。32歳で独立を果たす

証券化やファンドビジネスなどの金融関連分野に特化して急成長。設立したSPV(Special Purpose Vehicle)は1300以上、管理資産は約3兆円にものぼる。現在は香港、中国、シンガポール、ベトナム、マレーシア、カンボジア、インド、ロシアなどに海外ネットワークを持ち、新しい時代の新しい会計事務所の姿を追求し続けるのが、青山綜合会計事務所だ。
「いずれ自分でビジネスを、と思っていました。そのためにまず公認会計士資格の取得を決めたのです」と語るのは、1999年に仲間と3人で同事務所を立ち上げた横山氏。

きっかけは、公認会計士からスタートし、実業家として成功を収めたG・キングスレイ・ウォード著の『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』との出合い。会計士になれば、いろいろな企業のトップに会え、起業のヒントが得られると考えた。
「大学時代はバブル絶頂期。みんなが、大手の企業に就職するのなら、自分はしないで会計士になろうと。昔から、天の邪鬼というか、”逆張りグセ”があるんですよ(笑)」

そして、二次試験に合格後は、監査法人の中でも一番厳しい職場で働くことを決めていた。
「受験生時代に聞いたことがあったんです。トーマツにとんでもなく厳しい部署があると」

希望どおり入所を果たすが、仕事は想像以上の激務。担当顧客は大企業のみならず、勘定科目内訳明細書もなく株式公開を目指す企業まであった。日中3件の訪問を済ませて事務所に戻ると、夜は有価証券報告書をチェック。過労で倒れたこともあったが、仕事は刺激的で面白かった。
「様々な企業のトップから事業構造やサービスの仕組み、業界の特徴なども学べました。ただ、受け身の仕事では限界がある。もっとアグレッシブに、自らの手で作り上げていく仕事がしたいと思うようになった」

会計の知識やスキルをベースに何か新しいことはできないか。会計士仲間3人で夜な夜な”作戦会議”をし始めたのは、監査法人に入って8年目。横山氏が32歳の時だった。
「ちょうどその頃、仕事を通じて、”証券化”という手法に出合ったんです。ある金融機関が言うには、『これから需要は増えるが、国内では管理できる会社が少ない』と」

だが、成功する保証などない。悩む3人の背中を押してくれたのは、ある企業経営者だった。
「『やるなら今だ。本気でやれ』と、格安の家賃で20坪ほどのオフィスまでアレンジしてくれたんです」

このオフィスが東京の青山にあり、それが事務所名の由来となる。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

青山綜合会計事務所 代表パートナー 横山公一

青山綜合会計事務所代表パートナー横山公一

1967年7月21日
福島県会津若松市生まれ
1990年3月
学習院大学法学部政治学科卒業
1991年10月
公認会計士第二次試験合格
監査法人トーマツ入所
1995年4月
公認会計士登録
1999年8月
青山綜合会計事務所開設
2008年7月
株式会社ASA GLOBAL設立、代表取締役に就任

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録