会計・経理職の転職専門エージェント > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.46 > 市村 浩子(株式会社global bridge HOLDINGS) - The CFO -ニッポンの最高財務責任者たち-

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.46

-アカウンタンツマガジン-
2018年02月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「社業の成功と拡大が、社会貢献に直結――。その成長を支える仕事」

株式会社global bridge HOLDINGS
取締役 管理部長市村 浩子

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「夢に向かって成長しつづけよう」。市村浩子氏がCFOを務めるglobal bridge HOLDINGSの経営理念である。「子どもの頃から数字が苦手だった」女性が会計の道に進み、やがて再生事業と向き合い、そして保育、介護という現代日本が抱える〝ど真ん中〞の課題に取り組む企業へ。あえて〝難題〞に挑戦してきたようにも見える市村氏の歩みは、その理念を体現するかのようだ。むろん、成長は現在進行形である。

頑張る母に倣い簿記に挑戦。会計士となる

「これを話すとみなさんにびっくりされるのですが、数字が大嫌いだったんです、私。高校時代に、スーパーで、あれがいくらこれはいくらと買い物したら、財布の中身が足りなかったくらいのレベル(笑)」

そんな市村氏が会計の世界に飛び込むきっかけをつくったのは、母親だった。娘の通う高校の簿記講座に、彼女を差し置いて通い始めたのである。

「『保護者の方もどうぞ』という課外講座だったのですが、母は公務員として平日もフルタイムで働きながら、そこで勉強し始めた。実際に保護者で来た人は、ほんの数人。そんな姿を見ていると、私もやらないとまずいなあという気持ちになって、次の期から出席するようになったのです。あの〝入り口〞がなかったら、私の人生はまったく違ったものになっていたはず」

やってみると、「簿記はよくできた仕組みだと感じた」というから、素養はあったのだろう。付属校から中央大学法学部に進むと、今度は簿記1級の取得を決心し、資格取得のための講座を開く同大学の経理研究所に所属する。そこは想像以上の「すごいスパルタ」の環境。だが、周囲と切磋琢磨し、1年次に簿記1級資格を取得する。そこから公認会計士試験を目指したのは、ごく自然な流れだったようだ。

「経理研には『次は会計士資格をどうぞ』というコースが用意されていました(笑)。一緒に勉強してきた人たちが挑戦するのに自分だけリタイアするのは嫌だったし、女性でもきちんとした資格を持てば、将来の可能性が広がるのではないかという、漠然とした思いもありました」

引き続き勉強一筋の環境に身を置いた市村氏は、大学4年生の時、2度目のチャレンジで、見事、会計士第二次試験(当時)に合格を果たす。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

株式会社global bridge HOLDINGS 取締役 管理部長 市村 浩子

株式会社global bridge HOLDINGS取締役 管理部長市村 浩子

1983年10月16日
埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ
2004年11月
公認会計士第二次試験合格
(08年、公認会計士登録)
新日本監査法人
(現新日本有限責任監査法人)入所
2005年3月
中央大学法学部卒業
2011年9月
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ入社
2012年11月
株式会社global bridge入社
2015年11月
株式会社global bridge HOLDINGS
取締役 管理部長
2016年12月
保育士試験合格

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録