トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.21 > 会計士の肖像 | 室伏 伸哉(株式会社ACCESS 代表取締役社長 最高経営責任者)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.21

-アカウンタンツマガジン-
2013年12月01日発行

会計士の肖像

「会計士という職業には、大いなる可能性がある。それを楽しむには、職域を定めず、全力で仕事に臨むことが大切」

株式会社ACCESS
代表取締役社長 最高経営責任者室伏 伸哉

会計士の肖像

学ぶこと、競争することが“面白い”。向上心の強い少年

株式公開を展望するクライアントのために、持てるスキルと能力のすべてを注いで上場達成に導く――室伏伸哉が、自分に“ピタリ”ときた仕事はIPO支援である。経営数字を第三者的に捉える会計監査よりも、事業家の視点に立ち、経営や組織の仕組みをつくり上げていく、その感覚が性に合った。幾多のIPO支援で、経験と実績を手にしてきた室伏は、現在、独立系ソフトウエア企業「ACCESS」のCEO職にあり、熾烈な競争下にある業界で“事業家”として意欲を燃やしている。室伏は、会計プロフェッションとしての可能性の広がりを、自らに問うているのかもしれない。

故郷である静岡県の伊豆下田は、私が生まれ育った頃、すごく景気がよかったんですよ。世の中的に高度経済成長期だったし、下田まで鉄道が引けたことで、観光業を機軸にいろんな産業が栄えていました。父は税理士事務所をやっていて、旅館、洋服屋さん、靴屋さん……そういった商売を営む方々を顧問先にしていましたから、伴って景気がよく、わりと裕福な環境でした。小学生の頃から、ハワイとかグアムとか、海外旅行にも連れていってもらえましたから。父は地元の名士という感じでしたし、仕事柄、家には事業家の出入りが多かったんです。なので、いわゆるサラリーマンの家庭とは少し違って、私は商売の感覚を肌で感じていたのでしょう。今思えば、やはり影響は受けているんだと思います。

室伏家の祖父母がすごく教育熱心で、昔の貧しい時代にありながら、父を含めたきょうだい6人、皆大学まで行かせたらしいのです。かつて伊藤忠商事の会長を務めた室伏稔は、私のおじに当たるんですけど、こと祖母は厳しく、「偉くならなきゃダメだ」という人で。その流れを汲んで、両親も教育熱がすごく高かった。でもまぁ地方ですから、普通に子供らしい遊びをしながらでも、ちょっと頑張れば学校で1番、2番にはなれるんですけどね。

自分から勉強するのが好きになったのは、小学校6年の時。理科を教える先生が面白くて、例えば化学方程式とか、中学校で学ぶことを先取りして授業に取り入れたり、とても論理的な教え方をするんです。楽しかったし、小学校では珍しかったテストもあって、私、けっこういい点数が取れたんですよ。それが、きっかけになりました。勉強すると、そのまま結果に出るということ、そして「いい成績を取る」「人と競争する」ということが、私には面白くなってきたのです。

中学校に進学してから、室伏は「東京に出たい」と考えるようになる。自分の力を試してみたかったし、地元より、もっと面白いことがいっぱいあるように思えたからだ。「現状で満足していてはいけない」という親の厳しさもあったが、何より室伏自身、向上心がとても強かったのである。

「どうしても東京へ」と思っていたので、頑張ったんですよ。中3になる頃までには、自分で高校1年、2年の勉強までしていましたから。『NHK高校講座』とか見ながらね。それで慶應の付属だとか、何校か受験したのですが、残念ながら受からず……東京の壁は厚かった(笑)。結局、地元の県立下田北高校に入学したんです。伊豆半島ではトップの進学校ですけど、中学の時に“先取り勉強”したストックがあるでしょ。それでいけちゃうんで、あまり勉強しなくなりましたね。

東京に行けなかった落ち込みもあって、1年の時、下田ライオンズクラブの交換留学生として、アメリカに行かせてもらったんです。フロリダ州にあるタンパという都市で、2カ月間のホームステイ。すでに高校2年くらいまでの英語を勉強していましたから、どこまで通用するか、試してみたいという気持ちもあって。実際のところ、日常生活においては支障なしでした。それと、近くにディズニーワールドがあるので、ホームステイ先の子供たちと一緒に遊びに行ったりして、最高の夏休みでしたね。そして「何事もチャレンジすれば何とかなる」。そんな手応えを得ることもできました。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

株式会社ACCESS 代表取締役社長 最高経営責任者 室伏 伸哉

株式会社ACCESS代表取締役社長 最高経営責任者室伏 伸哉

1959年5月11日
静岡県下田市生まれ
1983年3月
早稲田大学商学部卒業
1983年11月
公認会計士第二次試験合格
1985年4月
青山監査法人入所
1993年4月
公認会計士登録
1995年7月
ビッグ・アップル公認会計士 共同事務所開業
1998年8月
株式会社エイブル入社
1999年11月
株式会社ACCESS入社
2000年4月
取締役就任
2002年3月
常務取締役に就任
2007年3月
最高財務責任者(CFO)に就任
2011年10月
代表取締役社長兼
最高経営責任者(CEO)に就任

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録