トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.25 > The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち- | 川島 崇(株式会社ディー・エル・イー)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.25

-アカウンタンツマガジン-
2014年08月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「外に出たからこそ輝けた。会社を強く育てながら世界一のCFOを目指す」

株式会社ディー・エル・イー
取締役 CFO 経営戦略統括本部長川島 崇

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

ニッポンの最高財務責任者=CFOの人物像を紹介する本連載の17人目に登場願うのは、ディー・エル・イーの川島崇氏だ。将来的な起業も視野に、監査法人から事業会社に転じたのが35歳の時。今は「会社をディズニーに比肩するエンタメ企業に」と夢を語る川島氏のキャリアストーリーを聞いた。

浪人時代に志した会計士への道

川島氏が、本人曰く「不純な動機」から会計士を志したのは、大学受験に失敗した浪人時代のことだった。
「たまたま手に取った本に、公認会計士のことが紹介されていたんですよ。『経済系で最高峰の資格』というのが心に刺さった(笑)。いずれ経済界に出てバリバリ働きたいという漠然とした気持ちがありましたから、これは取っておいて損はない資格だな、と。合格者数ランキングの上位に東京の大学が並んでいるのも気に入りました。僕は大阪の出身なんですが、『東京に出たい』と親を説得するいい材料になりましたから。地元の大学に行って、現役合格している友人たちの後輩になるのは、まっぴら御免だった(笑)」

首尾よく明治大学商学部に入ると、1、2年の時は独学で簿記を学びつつバイトでお金を貯め、3年になってから本格的な勉強を開始する。
「勉強すれば必ず会計士になれるという保証はありませんでしたけど、不思議と将来に対する不安や悲壮感みたいなものは感じなかったですね。よく悪夢を見るっていうけれど、僕が見るのは受かった夢ばっかり(笑)」

4年の時に初チャレンジした会計士試験で、それは“正夢”になりかかる。
「勉強不足だったから、受かるわけがなかったんですね。ところが、何も考えずに短答式のマークシートの“2”だけ塗り潰したら、これが当たりまくりで合格。続く論文試験では、自分でも惚れ惚れするような答案が書けたんですよ。まあ、今にして思えば独りよがりの“作文”で、当然のごとく不合格だったんですけど」

結局、合格を果たしたのは2年後の1998年。その年の10月に当時の朝日監査法人に入所する。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

株式会社ディー・エル・イー 取締役 CFO 経営戦略統括本部長 川島 崇

株式会社ディー・エル・イー取締役 CFO 経営戦略統括本部長川島 崇

1973年7月10日
大阪府吹田市生まれ
1995年3月
明治大学商学部卒業
1998年9月
公認会計士第二次試験合格
1998年10月
朝日監査法人
(現有限責任あずさ監査法人)入所
2002年5月
公認会計士登録
2008年7月
川島崇公認会計士事務所開業
2008年8月
株式会社ディー・エル・イー入社
経営戦略統括本部長就任
2008年11月
同社取締役CFO就任
2012年12月
DLE America取締役 CFO就任

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録