トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.40 > 会計士の肖像 | 鹿島 章(PwC Japanグループ グループマネージングパートナー 代表執行役会長)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.40

-アカウンタンツマガジン-
2017年02月01日発行

会計士の肖像

「会計というスキルを基盤に幅広く経験を積み、この世界の広さを楽しむ。そうすれば、 キャリアも豊かなものになる」

PwC Japanグループ グループマネージングパートナー
PwCコンサルティング合同会社
代表執行役会長鹿島 章

会計士の肖像

病を契機に会計士試験を目指し、一発合格を果たす

いわゆる先生然としたスタイルをよしとせず、鹿島章が一貫して大切にしてきたのは、徹底した顧客志向。士業の枠に捉われず、「お客さまのためにどこまでできるか」を最大のモチベーションに、幅広く、実利ある仕事を追求してきた。大阪で生まれ育ち、公認会計士としてスタートを切った鹿島のベースには“大阪人気質”もあるが、顧客と共に成果を分かち合う喜びを重ねることで、その流儀は、より色濃いものになった。国内最大級のプロフェッショナル・サービス・ファーム、PwCJapanグループのグループマネージングパートナーに就き、大部隊の舵取り役を担う現在も、根っこにある信条は変わらない。顧客にどれだけのインパクトを与えられるか――「プロフェッショナル・サービスも総合力の時代である」と、鹿島は明言する。

育った枚方市は、当時まだ田舎で、けっこう自然が残っていたんですよ。そのエリア内で十分に遊べたし、サッカーのスポーツ少年団に入ったり、そろばん教室に通ったり、まぁ好きに伸び伸びとやっていました。特段、何か自慢できるような話はないんですけど、そろばんに関しては向いていたようで、小学校5年の時には珠算1級を取り、中学生になってからは、地域の競技大会で入賞したりしていました。だから、算数は得意でしたね。といっても、四則演算までですけど(笑)。

通った高校は、ラグビーを始めスポーツが活発な四條畷高校。進学校でもありますが、校風がかなり自由でね、先生から「勉強しろ」と言われた記憶はないし、受験色も強くなかった。僕は柔道部に入り、皆と同様、あくせくしないで学校生活を楽しんでいたんですけど、2年の時、大病を患いまして……。一般にはあまり知られていない伝染性単核球症という病気で、とにかく高熱が続く。肝機能障害も起こし、結局3カ月にわたる入院生活と自宅療養を余儀なくされました。その後、学校には行き始めたものの、ちょっと風邪をひくと熱が長引いて寝込むという感じで、実は、そんな状態が20代前半の頃まで続いたのです。

加えて、柔道場で遊んでいる時に肩を脱臼してからというもの、それがクセになり、存分にスポーツもできなくなっていました。ケガは繰り返すし、病弱だし……これは大きな試練になりました。僕は鼻っ柱が強いというか、やれば何でもできるくらいに思っていたのに、「これでまともな社会人になれるんだろうか」と、自分への期待を持てなくなったのです。振り返れば、人生のなかで一番大きな出来事だったかもしれません。

大阪大学に進学してからも、冴えない時期が続いた。「将来のために、自分なりに何か工夫をしなくては」と、取り組み始めたのが簿記の勉強である。もとよりそろばんの覚えもあり、鹿島は「わりと簡単に」簿記1級を取得。公認会計士もいけるんじゃないか――そう狙いを定めて資格試験に臨んだ結果、鹿島は一発で合格を果たした。

親父の従兄弟が公認会計士をしていたので、そういう職業があることは遠巻きながらも認識していました。それと、大手電機メーカーに勤めていた親父を見ていて、僕は基本、会社勤めは向いていないだろうと。体調の問題もありますが、それまで誰かの指示を受けるのではなく、自分のペースで人生を歩んできました。大きな組織に入り、規律のなかで仕事をする自分の姿を想像できなかったのです。

まずは簿記からと勉強を始めてみると、調子がよかったので、3年の夏に「俺、真面目に会計士を目指すから遊ぶのはやめる」と友達に宣言。頑張ると決めて、ほぼ毎日、簿記の専門学校に通いました。体のことを考えると詰め込みはできないので、ちゃんと計画を立て、うまくペース配分しながらね。もともとマイペースなので、周囲を気にせず、自分のスタイルで勉強したのが奏功したのか、1回で運良く合格することができた。

その勉強中に、ゼミの先生の紹介で“会計士の仕事”をのぞきに行った先が、当時の新和監査法人でした。この時、のちに僕が師と仰ぐ篠原祥哲先生と出会ったのです。第二次試験のあと就職活動もせずにのんびりしていた僕に、合格発表の日の朝、「おめでとう。今日事務所に来なさい」と電話をくださったのも篠原先生。合格者に対しては、いろんな監査法人から求人連絡が入る時代でしたから、実際、僕のところにもけっこうな数の電話があったのですが、篠原先生があまりにも当然のように「来なさい」と言うから、「はい、わかりました」ですよ(笑)。ちょうど朝日と新和が合併したタイミングで、僕は朝日新和会計社の第一期生としてスタートを切ったのです。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

PwC Japanグループ グループマネージングパートナー 代表執行役会長 鹿島 章

PwC Japanグループ グループマネージングパートナー
PwCコンサルティング合同会社
代表執行役会長鹿島 章

1964年3月2日
大阪府守口市生まれ
1985年9月
公認会計士第二次試験合格
1985年10月
監査法人朝日新和会計社 (現有限責任あずさ監査法人)入所
1986年3月
大阪大学経済学部経営学科卒業
1989年3月
公認会計士登録
1995年10月
朝日監査法人 朝日アーサーアンダーセン事業部に 異動
2002年8月
べリングポイント株式会社に移籍
2009年7月
プライスウォーターハウスクーパース コンサルタント株式会社 パートナー
2012年7月
同社コンサルティング部門代表
2015年7月
同社代表取締役
2016年3月
PwCコンサルティング合同会社 代表執行役 (同7月より、 代表執行役会長)

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録