トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.43 > 経理・財務最前線 | SFPホールディングス株式会社 経理財務部

Accountant's magazineとは

最新号

Accountant's magazine vol.43

-アカウンタンツマガジン-
2017年08月01日発行

経理・財務最前線

「13ブランド、210店舗強を展開する上場飲食企業の経営をより堅固に!少数精鋭でさらなる効率化に挑む」

SFPホールディングス株式会社経理財務部

経理・財務最前線

会社は変革の時期 経理も体制固めへ

「鳥良」「磯丸水産」をはじめとする飲食チェーン13ブランドを展開しているSFPホールディングス株式会社。2014年には東証二部市場に上場、近年は「磯丸水産」が急成長を遂げており、昨期には同ブランドを中心に40店舗の出店を果たした。

同社の屋台骨を支える経理財務部は、社員6名にパート7名、派遣社員2名を加えた総勢15名の陣容だ。パート7名が「店舗業務担当」として店舗から日々上がってくる数字の確定を、派遣社員が財務業務を、社員が決算業務を主に担う。

部長の髙水あゆみ氏は、上場後の16年2月に入社。以降、経理人材の増員も含めて、上場企業にふさわしい盤石な経理体制づくりをメンバーと一丸となって推し進めてきた。

「出店スピードが速く、売り上げも業務量も大変な勢いで増加していますし、重要な子会社も増えて連結決算になるなど、会社自体が大きく変化しています。経理財務部は、さらなる体制固めの時期。当社の〝数字〞を欲しているすべての方々に素早く確実に届けるための土台づくりですね。直近では、連結決算経験者、税務経験者の採用に動いています」

とはいえ、長く経理業務を経験してきたのは髙水氏を含めて数名だ。「実は皆、難しい会計基準に精通しているわけではない。会社の中で自分なりにどう貢献できるのか真剣に考えられる人材の集まり」と評する。欲しい人材のイメージも第一に「人間に興味がある人」だという。いかに会計スキルが高くとも、その点は譲れない。

「これまで税理士法人や不動産金融など複数の業種、企業で経理を担当してきた経験からいうと、当社の経理はとりわけコミュニケーションの機会が多いと感じています。日々、あらゆる部署のあらゆる人から、実に様々な相談が届くのです」

事業部から頼られる経理、という側面もあるのだろう。だがそれ以上に「社風によるところが大きい」と髙水氏。

「私が入社する以前には、朝出社した際と夜退社する際、職場にいる全員と握手をするという創業以来の慣習があったそうです。つまり相談事のあるなしにかかわらず、もともとコミュニケーションが密な会社で、人間が好きな人たちが集まっているということです。それを疎ましく思うような人では、経理としての役割を果たすことができないでしょう」

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

SFPホールディングス株式会社 経理財務部 部長 髙水 あゆみ

部長髙水 あゆみ

たかみず・あゆみ/1992年、大原簿記学校卒業後、ニチバン株式会社に入社。同社の事業部で12年間勤務した後、税理士法人、不動産金融企業を経て、福祉関連企業に7年間勤務。2016年2月、当時のSFPダイニング株式会社に入社。17年3月、SFPホールディングス株式会社経理財務部部長に就任。

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録