トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.3 > 会計業界の起業人 | 天野 隆( 税理士法人レガシィ 代表社員)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.3

-アカウンタンツマガジン-
2010年12月01日発行

会計業界の起業人

「タックスプランニング力が問われる資産税に特化。相続専門会計事務所としてオンリー・ワンを目指す」

税理士法人レガシィ
代表社員天野 隆

強く、優しく生きる職業会計人としての生き方を選択

総資産10億円以上の富裕層を顧客対象に、相続に特化した総合コンサルティングを手がける税理士法人レガシィ。スタッフ数124名で、その相続税の申告等件数は、2010年9月末現在で累計2256件、国から戻した累計税額は56億円にも上る。
「財産規模が大きくなればなるほど、相続をめぐる問題は多岐にわたります。しかもその権利関係は複雑で、裁判に持ち込んだからといってスムーズに解決するとは限りません。そこで、相続人それぞれの事情を十分に理解し、相続後の生活設計まで提案できる私たちのような専門家が求められるのです」

そう語る天野氏は、財産を先人が残した「思いを達成する基盤」と考え、その思いの承継をサポートする会計プロフェッションとしての志を「レガシィ」という社名に託している。
「遺産分割の話がこじれたり、相続税の納付期限が迫っている時などは、かなりのプレッシャーがのしかかります。けれど、お客さまの思いを叶え、問題解決できれば、必ず喜んでいただける。本当にやりがいのある仕事です」と明言する天野氏が、公認会計士を目指したのは慶應義塾大学2年生の時。父親は、東京・京橋でスタッフ3人の税理士事務所を営んでいた。
「レイモンド・チャンドラーの『強くなければ、生きてはいけない。優しくなければ、生きる資格がない』という言葉が好きで。いわゆる〝職業会計人〞として、そうした生き方を自分に課すのもいいかなと思ったんです」

父は特に強く勧めるようなことはしなかった。息子の決断に表情も変えず、心ひそかに喜ぶタイプの人だったようだ。それから間もなく天野氏は、慶早戦で沸きかえる友人たちを尻目に、神宮球場近くの専門学校へと通い始めた。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

税理士法人レガシィ 代表社員 天野 隆

税理士法人レガシィ代表社員天野 隆

1951年10月31日
東京都渋谷区生まれ
1973年9月
公認会計士第二次試験合格
1974年3月
慶應義塾大学経済学部卒業
1974年9月
アーサーアンダーセン会計事務所
東京事務所入社
1978年3月
公認会計士登録
1980年4月
天野克己税理士事務所入所
1985年4月
株式会社FPステーション設立(現株式会社レガシィ)
2003年1月
税理士法人思援(しえん)設立
2008年1月
税理士法人レガシィに商号変更

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録