トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.26 > The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち- | 野口 仁(アクセルマーク株式会社)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.26

-アカウンタンツマガジン-
2014年10月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「監査法人から銀行を経てベンチャー企業へ。今、素晴らしい充実感」

アクセルマーク株式会社
執行役員 経理財務本部長野口 仁

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

ニッポンの最高財務責任者=CFOの人物像を紹介する本連載の18人目にご登場願うのは、アクセルマークの野口仁氏だ。過去に、フリーのシステムエンジニア、監査法人、銀行での企業再生の取り組みと、様々な現場を経験。現職にある今なお、「チャレンジし続けたい」と語る野口氏のキャリアストーリーを聞いた。

バイトで学費を稼ぎ、大学へ。IT資格を独学で取得

幼い頃に両親が離婚し、母親の手一つで育てられた野口氏は、高校時代から学費を稼ぎ出すために、新聞配達や飲食店でのバイトに明け暮れる。学校はというと、授業そっちのけで受験参考書と格闘する毎日を送っていた。
「昼は授業、夜は別に受験勉強っていうのは、合理的じゃない。そう思って、全部〝自習〞にしたんです」

博打にも思える勉強法だったが、結果は正直だった。内申点は低空飛行ながら、「高3の全国模試で数学が2位」に輝くほど、受験向けの学力はアップしたのだ。1998年、埼玉大学経済学部経営学科に入学。経営学科を選んだのは、「漠然と将来は起業したいという思いがあった」からだ。
「でも、結局大学では遊んじゃいましたね。入学式の日に、たまたまルーマニアとかメキシコからの外国人留学生と仲良くなって、彼らの仲間の欧米人なんかともつるんで、夜な夜なクラブ通い。気がついたら、卒業も危ない状態でした」

だが、人間、何が幸いするかわからない。〝遊び〞の資金を確保するために勤しんだバイトが、やがて生業となる。
「時代はITバブルの真っ只中でした。これからはITだ、と猛勉強して、当時最年少で第一種情報処理技術者の資格を取ったんですよ。そこまでやったのは、そのスキルを持って起業しようという考えもあったから。ところがプログラマとしてバイトを始めたら、月に20万〜60万円稼げるわけです。そうなると、とたんにハングリーさも薄れまして(笑)。起業は横に置いて、卒業後はフリーでSEとしてシステム開発を請け負うことにしたのです」

ちなみに、何も知らなかったITの勉強も独学。しかも、本屋に通い詰め、開店から閉店まで関連の書物を片端から立ち読みしてマスターしたというから、驚くしかない。

ただ、その職に見切りをつけるのも早かった。「システム開発はいつか中国やインドの人海戦術に負ける、と悟った」からだ。

そのタイミングで選んだのが、会計士資格の取得という道だった。
「大学でたまたま監査論のゼミを取っていたので、公認会計士がどういう存在なのかは知っていました。ごく軽い気持ちからでした」

まだいくらでも発注があったシステム開発の仕事をすっぱり辞め、会計士を目指す。半年で短答合格、その年は論文式試験を突破できず悔し涙を流し、翌年短答論文ともに合格した。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

アクセルマーク株式会社 執行役員 経理財務本部長 野口 仁

アクセルマーク株式会社執行役員 経理財務本部長野口 仁

1979年8月18日
群馬県太田市生まれ
2002年3月
埼玉大学経済学部卒業
2005年12月
中央青山監査法人入所
2006年7月
あらた監査法人入所
2006年10月
公認会計士試験合格
2009年7月
公認会計士登録
2010年11月
株式会社みずほ銀行入行(調査役)
2012月4月
アクセルマーク株式会社入社
経営管理部部長
2013年9月
執行役員
経理財務本部長に就任

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録