会計・経理職の転職専門エージェント > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.57 > 八田 進二(大原大学院大学 会計研究科 教授・博士) - 会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

最新号

Accountant's magazine vol.57

-アカウンタンツマガジン-
2020年04月01日発行

会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」

「適正で厳格な監査が企業経営を、そして企業自体を救うこともある」

大原大学院大学 会計研究科 教授
青山学院大学 名誉教授 博士(プロフェッショナル会計学)八田 進二

監査人がメディアで取り上げられるのは、批判にさらされる時と、相場が決まっている。私自身、このコーナーをはじめ様々なところで、会計監査が社会からの信頼と尊敬を得るための課題等について、厳しい意見を発し続けてきた。「間違いがなくて当たり前」と捉えられている会計監査の場合、そうした批判はある意味で宿命的なものかもしれない。ただし、嬉しい例外もあった。

少し古くて恐縮なのだが、『週刊東洋経済』の2019年7月13日号の特集記事「ライザップ 買収戦略失敗の真因」に、現RIZAPグループ特別顧問である松本晃氏のインタビューが載った。松本氏といえば、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人社長、カルビー会長兼CEO(最高経営責任者)を歴任した日本を代表する“経営のプロ”で、顧問に退く前、RIZAPグループの代表取締役COO(最高執行責任者)も務めていた。

その松本氏が、同グループの監査法人を、次のように高く評価しているのである。

「太陽有限責任監査法人はすごくいい。会長の梶川融さんを前から知っていて、カルビーでも助けてもらった」

――『監査を厳しくやってくれ』と松本さんが太陽有限責任監査法人に強く言ったという話を聞きました。

「それは別に不思議でも何でもないこと。含み損のある資産はできるだけ持たないようにしないと。会社というのはいつ何が起きるかわからないので」

「結果にコミットする」というキャッチフレーズ、それを体現する芸能人などのテレビCMで一躍有名になった同グループだが、19年3月期決算で193億円の最終赤字を計上し、世間を驚かせた。この期から監査に携わったのが、太陽有限責任監査法人だった。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

大原大学院大学 会計研究科 教授 青山学院大学 名誉教授  博士(プロフェッショナル会計学) 八田 進二

大原大学院大学 会計研究科 教授青山学院大学 名誉教授 博士(プロフェッショナル会計学)八田 進二

慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得。博士(プロフェッショナル会計学・青山学院大学)。青山学院大学経営学部教授、同大学院会計プロフェッション研究科教授を経て、名誉教授に。 2018年4月、大原大学院大学会計研究科教授。日本監査研究学会会長、日本内部統制研究学会会長、金融庁企業会計審議会委員等を歴任し、職業倫理、内部統制、ガバナンスなどの研究分野で活躍。

最新の「Accountant’s Opinion」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録