会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.6 > 猪鼻 聡(株式会社野村総合研究所 経営革新コンサルティング部 主任コンサルタント) - 新天地から
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.6

-アカウンタンツマガジン-
2011年06月01日発行

新天地から

「飛び込み営業も苦にならない。公的機関と事業会社、両方の経営に携われる喜び」

株式会社野村総合研究所
経営革新コンサルティング部主任コンサルタント猪鼻 聡

「先生」ではなく「イノちゃん」と呼んでもらえる仕事を

「NRIに入社後は、内閣府の文書管理プロジェクトや大手事業会社におけるJ-SOX関連プロジェクトにも数多く携わってきました。そうした業務にかかわる中で、重要だと気づいたのは、クライアントに対して『こうしなくてはいけない』ではなく、その必要性やメリットを本質的に理解してもらうこと。すると、みるみるその成果が表れてくる。みなさん仕事が面白くなっていくんです。そして、私自身もまた新たな可能性に気づき、自ら課題を創造して成果を生み出すことの喜びを実感する毎日です」

最近は、国際会計基準(IFRS)の導入プロジェクトが増えてきている。だが、それもまた受け身の仕事ではない。意外に思うかもしれないが、経営コンサルタントである猪鼻氏自らも積極的な営業活動を行っているという。
「『IFRS対策でお困りのことはありませんか?』なんて電話したり、飛び込み営業することもしばしば。でも、それが全く苦にならないんです。会社の利益を上げるには、そういう営業努力だって必要だし、むしろそれを体験できることが面白い。それこそ、“先生”なんて呼ばれるほうがつらい。それって、お客さまに心を開いていただけていない証拠ですからね。信条は、お客さまから親しみを込めて“イノちゃん”と呼んでもらうこと(笑)。お客さまと向かい合うのでなく、隣に座って一緒に考える。そんなコンサルタントであり続けたいんです」

公認会計士であることはあまり意識しない。だが、専門分野である会計が、コンサルティングの入り口にはなる。
「公的機関でも事業会社でも、変わってきたな、と思える瞬間があるんです。その変化が間違いなく、組織にプラスになって、成長や発展を呼び込む。その瞬間をお客さまと一緒に体感できることが一番うれしいですね。私との出会いがあって良かったと言ってもらえる仕事を、今後も増やしていきたいと思っています」

Profile

株式会社野村総合研究所 経営革新コンサルティング部 主任コンサルタント 猪鼻 聡

株式会社野村総合研究所経営革新コンサルティング部主任コンサルタント猪鼻 聡

1973年11月22日
埼玉県越谷市生まれ
1995年10月
公認会計士第二次試験合格
中央監査法人(後のみすず監査法人)入所
1996年3月
慶應義塾大学経済学部卒業
1999年4月
公認会計士登録
2000年1月
国際協力銀行出向
2003年7月
財務省大臣官房文書課政策評価室出向
2006年3月
中央大学専門職大学院国際会計研究科修士課程修了
2006年9月
株式会社野村総合研究所入社

最新の「新天地から」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録