会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.45 > 佐藤 久史(リシュモン ジャパン株式会社) - The CFO -ニッポンの最高財務責任者たち-
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.45

-アカウンタンツマガジン-
2017年12月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「常に顧客目線を徹底。ワールドクラスのチーム目指し切磋琢磨する場を」

リシュモン ジャパン株式会社
経理本部本部長佐藤 久史

将来どうなっていたいのか?常に自問自答して

13年、現職に3度目の転職を実行。「一番大きかったのは、日本法人が〝グローバル直結〞だったこと。せっかくこの世界に入った以上、CFOとしての領域をどんどん広げ、極めていきたい。そのためには、本社のCFOと直でつながれる環境で、仕事がしたかったのです」

実際、最近のグループファイナンスカンファレンスでは、全世界の参加者たちを前に日本の取り組みをプレゼンしている。

「グローバルのトップが、銀座の裏通りの状況まで知っている。それは、嬉しいと同時にプレッシャーでもある。いかにローカルとしての価値を出せるか、という気持ちに奮い立ちます」

同社に入って4年ほどになる。〝暇〞は増えたのだろうか。

「日々精進です(笑)。ただ、チームは確実に変わってきたと実感しています。CFOの仕事は、みんなに〝夢=目標〞に向かい高い意識を持って日々仕事に向き合う、そんな場を創出することに尽きると思います。〝高い意識〞が何かといえば、一人ひとりがワールドクラスを意識する、ということ。そこに向けて、これからも『やろうぜ、やろうぜ』と言い続けたいです」

業務面での目標は、「グローバルの中で、日本のエクスポージャーをしっかり上げていくこと」に置く。

「本社からの指示をただ待つのでなく、日本がグローバルで輝ける〝何か〞を積極的に示していきたい」

チームのメンバーによく語るのは、「常に人生のマイルストーンを持つべき。『将来、自分はこうなりたい』という思いだけは、誰にも侵すことができない。それを考えて実行するのは、人間の一番の特権だと思うんですよ。そんなふうに軸をしっかりさせていれば、夢の実現に近づける。経験も踏まえて、私はそう思うのです」。

ここまでのキャリアの中で、「会計士のキャリアがいかに貴重か」改めて実感しているという。

「会計士がビジネスマインドを持ったら、強いのです。今仕えている社長はあらゆることに秀で日々学ぶばかりですが、ビジネスに不可欠な会計という分野では、我々は価値を提供できる。そう信じ試行錯誤する厳しくも楽しい毎日です。新たな世界へのチャレンジに怖さを抱く人がいるかもしれませんが、自らのスキルに自信を持ち、貴重な人生、可能性に挑戦しませんか」

Profile

リシュモン ジャパン株式会社 経理本部 本部長 佐藤 久史

リシュモン ジャパン株式会社経理本部本部長佐藤 久史

1971年10月19日
岐阜県岐阜市生まれ
1990年4月
私立開成高校卒業
1993年11月
公認会計士第二次試験合格
1994年3月
東京大学経済学部卒業
1994年4月
朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所
1997年3月
公認会計士第三次試験合格
1998年1月
ソニー株式会社入社
2002年7月
米国公認会計士試験合格
2007年4月
スイス電力・産業機械大手
ABBチューリッヒ本社入社
2010年10月
同社日本法人CFO就任
2013年9月
リシュモン ジャパン株式会社入社

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録