会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.38 > 荻原 紀男(株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長) - 会計士の肖像
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.38

-アカウンタンツマガジン-
2016年10月01日発行

会計士の肖像

「「やったことがないこと」、「知らないこと」から逃げず、その都度、一歩を踏み出すべき。必ず自信になって返ってくるから」

株式会社豆蔵ホールディングス
代表取締役社長荻原 紀男

会計人としての視点と経験を生かしながら、新しい事業に奔走

思えば通じるもので、荻原にその〝次〞が訪れた。顧客先の一つだったシステム設計会社で、シリコンバレーから帰ってきたばかりのIT技術者と出会ったことが、今日の起点となった。技術者を通じて、効率的なソフトウエア開発に欠かせない「オブジェクト指向」という考え方を知った荻原は、その将来性を確信し、新たな会社設立に向けて動きだす。

シリコンバレーで学んできた技術者から、「オブジェクト指向のシステム開発をする会社をつくりたい」と、相談を受けたのです。私は専門家じゃないし、当時としては新しい考え方だったから、まずは、「素人にもわかるように説明してくれ」と。それで納得できれば、会社を始めようという話をしたのが入り口です。

聞けば、オブジェクト指向による開発をすれば、顧客満足とのズレがなくなるという。それまでのシステム開発は目的重視ではなかったというか、〝本当に必要なもの〞を明確にしないまま成されることが多かったから、いざシステムが出来上がると、ユーザー企業は「こういうものを望んでいたわけじゃない」となる。そして実際には、半分以上の機能が使われないシステムになってしまう。それを解消するのがオブジェクト指向で、要は「何をつくるべきか」を明確にし、ちゃんと使われるシステムを実現するものです。

話を聞いてすぐに、「これは絶対に当たる」と直感しました。というのも、私自身にも多少の素地はあったのです。アーサーヤング時代にシステム研修は受けていましたし、総合商社に詰めていた頃は、監査プログラムを走らせて膨大な量のデータを扱っていたので、ある程度の知識や問題意識は持っていました。だから、まさに合点がいったという感じだったのです。

99年に豆蔵を設立登記し、開発のための資金集めに動いたのは翌年からです。私の友人など、主に個人からの出資で2億円ほどが集まりました。「5年以内に必ず上場させる」という思いのもとに。ここから、オブジェクト指向に共感する技術者を採用したりして、開発体制を整えていったのです。

しかしながら、出端はスムーズにはいかなかった。早々にシステム開発案件を受注したものの、社長をはじめとするメインの技術者たちは理想を追い求める姿勢が強く、採算を度外視した仕事は、すぐに資金をショートさせた。ファイナンスを行うなか、一つ区切りのタイミングとなったのが2003年。荻原自身が社長に就任し、ユーザーニーズに広く応える自社製品を出したことで、ようやく弾みがついたのである。

エンジニアにすればこだわりがあるから、まぁ仕方がないんですけど、「いいものをつくるには金がかかる」という発想で、機材でも何でも、すごくいいものを入れちゃうわけです。最初に、8000万円で受注したシステム開発では1億円の赤字。さらにその次、6億円の予算で受けた証券情報システムの開発には、8億円かかってしまった。特に後者は、開発人員が数十人必要になるような規模だったので、人件費的にも大赤字。オブジェクト指向はすごいわけだし、ロスも発生しないと思っていた私にすれば、「えっ!?」ですよ。でも、開発したシステムに対するお客さまの評価が高かったので、「何とかなる」と前向きに考えてはいました。

「5年以内に上場する」という約束を果たすまで、残すところあと2年弱。そのタイミングで、私が経営の舵を取ることになりました。さらなる資金調達に走りながら、大変な状況を脱する踏み板になったのは、連結納税ソフト「連結TAX-Saver」という自社製品を出したこと。03年に導入された連結納税制度を睨んでのことで、これがすごく支持されました。もともとは、私がお世話になった総合商社から「こんなのできない?」と声をかけてもらったオーダー内容が、アイデアとして生きたものです。税務は専門領域ですからね、お客さまの要望は手に取るようにわかるし、この時は、私も開発チームに入って、エンジニアたちと共につくってきました。

株式上場を果たしたのは、04年の11月9日です。忘れもしませんが、「必ず上場するから」と口にした日から、数えて4年と363日(笑)。ギリギリでしたけど、約束を守ることができて、胸をなで下ろしたものです。

Profile

株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長 荻原 紀男

株式会社豆蔵ホールディングス代表取締役社長荻原 紀男

1958年1月7日
東京都葛飾区生まれ
1980年3月
中央大学商学部卒業
1983年9月
公認会計士第二次試験合格
1983年10月
アーサーヤング公認会計士共同事務所入所
1987年8月
公認会計士登録
1988年8月
朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に転籍
1996年2月
荻原公認会計士税理士事務所(現税理士法人プログレス)開設
1999年11月
株式会社豆蔵(現株式会社豆蔵ホールディングス)取締役
2003年2月
同社代表取締役社長
2014年6月
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会会長
2016年7月
一般社団法人日本IT団体連盟理事兼幹事長

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録