会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.26 > 八田 進二(青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 教授・博士) - 会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.26

-アカウンタンツマガジン-
2014年10月01日発行

会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」

第4回「実のある内部統制監査のためには、企業と経営を知ることが重要だ」

青山学院大学大学院
会計プロフェッション研究科教授・博士八田 進二

監査する側の責任も重大だ。「不正を見抜くのは困難だ」という話をしたが、だからといって、「企業が悪いのだから仕方がない」ということにはならない。監査能力を高め、過ちを見逃してしまうリスクを減らす努力をすべきなのは、当然のことである。

会計知識を高めれば、それで事足りるのか。私はそうは思わない。まず大事なのは、監査の対象である企業とは何なのか、経営とはどういうものなのかを知ることである。幾多の企業に接してみて実感するのは、同じ業種であっても会社ごとに違うカラー、社風があるということだ。それはほとんどの場合、トップによって醸成される内部統制に影響を及ぼしている。ならば、経営にかかわるトップについてもよく知り、いい意味で親密な関係を持たなければ、その会社について理解するのは難しいだろう。

会計士の心構えについては改めて論じるとして、内部統制の制度が導入されたとはいえ、そこに魂を入れたと言い切れない現状は危うい。このままだと、10年、20年後に「日本版エンロン事件」が起こるのではないか、と私は心配している。

Profile

青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 教授・博士 八田 進二

青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授・博士八田 進二

慶應義塾大学大学院商学研究科 博士課程単位取得満期退学。博士(プロフェッショナル会計学・青山学院大学)。2005年より現職。現在、日本内部統制研究学会会長、金融庁企業会計審議会臨時委員(監査部会)を兼務し、職業倫理、内部統制、ガバナンスなどの研究分野で活躍。

最新の「Accountant’s Opinion」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録