会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.35 > 藤間 秋男(TOMAコンサルタンツグループ 代表取締役 理事長) - 会計士の肖像
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.35

-アカウンタンツマガジン-
2016年04月01日発行

会計士の肖像

「「日々新たに」の心持ちで、失敗や変化を恐れず今日という日に全力投球する。その連続が、必ず成長をもたらす」

TOMAコンサルタンツグループ
代表取締役 理事長藤間 秋男

停滞期を経たからこそ会得した大切な気づき。理念の確立と実践へ

この停滞期は10年間に及んだという。「自分を変えなければいけない」と考えるようになった藤間は、半ば、藁にもすがるような思いで様々なセミナーや研修会に出るようになる。その一つ、「ビジョン経営沖縄セミナー」が突破口となった。かの松下幸之助翁から、長年にわたり直接薫陶を受けた木野親之氏が講師を務めるセミナーで、藤間は、ここで経営理念の重要性を真に学んだのである。

「経営成功要因の50%は、経営理念の確立と浸透にある」。これは、松下幸之助さんによる経営成功要因の筆頭原則で、実際、講師の木野先生も、この原則によって倒産寸前だった会社の再建を果たされた。セミナーで目の覚めるような教えを受け、僕はこれに懸けてみようと思ったのです。

実は、それまでにも経営理念はあったんですよ。でも、それは外部のコンサルティング会社がつくったもので、どこか飾り物的だった。だから、自分で新たに確立しようと経営理念塾にも通い、思いを集束させていったのです。その浸透に努め、以降、TOMAグループの経営理念は、幹部とも話し合いながら改定を重ねてきましたが、文言の冒頭にある「明るく・楽しく・元気に・前向き」が社員に浸透し始めてからは、明らかに経営が変わっていきました。再び、売上高や社員数が伸び始めたのは2004年あたりから。停滞期に入ってから10年以上と長い時間はかかったけれど、ぶれない経営理念を核にしたことで、会社が、そして僕自身が生まれ変わったのは確かです。

社員を信じて任せる。そうして人が育てば、会社は社長の器以上のものになります。今では、経営計画書も組織づくりも幹部に任せていますし、昇給やボーナス査定などについても、僕は報告を受けるだけ。つい先日も、役員会で僕が「運動会をやりたい」と言ったら、侃々諤々で。「それだけでは意味がない。研修の一環としてやるのなら考えられなくはない」とか言われちゃう。昔なら、そういう時は「やる!」の一言でおしまいだったけれど、今はすべて合議制。僕の意見が却下されることも珍しくなく、正直な話、カチンとくることもあるんですけどね(笑)

藤間には、かつて社員がなかなか定着しなかったことに対する猛省がある。だからこそ、現在は様々な機会を介して社員たちの声に耳を傾け、最大限、“任せる経営”を実践している。声を聞く仕組みは多角的で、その代表的なものに、外部の会社に委託して年2回、全社員を対象に行うアンケート調査がある。集計・分析された「社員満足度」をその都度真摯に捉え、課題があれば労を惜しまず改善を重ねていく。「社員・家族の幸せづくり優先が、お客様の幸せづくりへの近道」。これがTOMAグループの人財育成理念だ。

まずは社員と、その家族。そしてお客様。普通、順番が逆でしょ?ある時、クライアントから「社員のほうが大事なのか」と言われたことがあるんですけど、もちろん大切なのは両方。ただ、社員自身と家族が幸せでなければ、社員はお客様を幸せにはできません。経営理念と社員の重要性を悟り、実践してきたからこそ、現在のTOMAグループがあると思っています。

アンケートのほかにも「自己申告書」というのがあって、そこには、上司や同僚に対する不満、転属希望など、何を書いてもらってもいい。また、階層別に要望を聞く会もあれば、僕だけが同席する社員たちとの昼食会もあります。前期・後期に分けて13回ずつ。全員の目標やTOMAに対する要望を直接聞ける、非常に貴重な機会だと捉えています。

一方、お客様に対するアンケート調査も同様に毎年やっていますが、これで現状を正しく把握することができる。社員、顧客に対して、日本で一番声を聞いている会社かな……という自負はありますね。しつこいくらいに、そしてお節介なくらいに。時折、副理事長たちから「聞きすぎです」と言われたりもするけれど、この声が、経営理念を実践する一番の近道なんですよ。たまにストレスが溜まって、僕の酒量が増えるのが問題だけど(笑)。

Profile

TOMAコンサルタンツグループ 代表取締役 理事長 藤間 秋男

TOMAコンサルタンツグループ代表取締役 理事長藤間 秋男

1952年8月26日
東京都目黒区生まれ
1975年3月
慶應義塾大学商学部卒業
1976年10月
公認会計士第二次試験合格
監査法人朝日会計社(現有限責任あずさ監査法人)入所
1981年3月
公認会計士登録
1982年12月
藤間公認会計士税理士中小企業診断士事務所開設(現TOMA税理士法人、TOMA監査法人)
2012年1月
TOMAコンサルタンツグループ株式会社設立
2014年2月
第1回会計事務所甲子園準優勝

[主な保有資格]
公認会計士、税理士、中小企業診断士、行政書士、AFP、賃貸不動産経営管理士、M&Aシニアエキスパート、登録政治資金監査人、スキューバダイビング、小型船舶2級、日本さかな検定3級、ほめ達検定3級

[主な著書]
『どんな危機にも打ち勝つ100年企業の法則 老舗企業に学ぶ「儲かる仕組み・人をつくる仕組み」』(PHP研究所)、『1/4は捨てなさい! 今のままなら、来年は倒産しますよ』(ダイヤモンド社)、『「百年企業100選」未来に残したい老舗企業』(共著・東方通信社)、『ヒト・モノ・コトを次代へつなぐ「事業承継の教科書」』(TOMAコンサルタンツグループ著・PHP研究所)など

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録