会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.29 > ゆびすいグループ - 事務所探訪
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.29

-アカウンタンツマガジン-
2015年04月01日発行

事務所探訪

「創業から約70年の信頼と実績。新設法人から公益法人まで、4500件を超えるお客さまをワンストップで完全サポート」

ゆびすいグループ

創業からもうすぐ70年という長い歴史と公益法人からの厚い信頼。従業員も経験豊富なベテランが多いかと思いきや、平均年齢は36歳と若く、オフィスはいつも活気に満ちている。経験者採用で即戦力を補強することもあるが、新卒の定期採用をより重視しており、今春も8名を迎え入れる予定だ。
「最近の若い人たちは“優等生”が多くて物足りない。ITや語学など私たちの世代にはない強みもお持ちでしょうから、もっと野心や夢を持ち、自分から何かを創り出そうという意欲を見せてほしいですね。ゆびすいはどんな意見でも言いやすい職場ですから、自由にのびのびとやってほしい」と語る中出氏も新卒で採用されたそう。当時は社員研修の制度が整っておらず、所長に不満を漏らすやいなや、教育研修の企画をまかされたという。今では、新人研修のほかに、職種・階層別研修、中堅社員研修、管理職研修、MBO研修、外部研修などのプログラムが充実。業務をこなしながら実力を養い、入社後に税理士などの資格を取るケースも多いとか。

さらに、「正確な決算処理だけで満足するのではなく、売り上げアップやコスト削減といった経営課題に対応できるように」と、全社でコンサル力の向上に力を入れている。

ゆびすいグループに所属する仲間は、役員も新入社員も全員が対等のパートナーという文化のもと、職員持株制度(例年高配当)と賞与体系も、研修制度と肩を並べるモチベーションの源だ。年2回の賞与とは別に、利益の3割が業績配分賞与として支給される。すなわち、自分の努力や成長が賞与というかたちで返ってくるという仕組みだ。では、ゆびすいグループが将来有望と目する市場はどこか?
「今は、国が女性の社会進出を応援していることもあり、保育所の増設が盛んですが、このまま少子化が進めば学校や保育所分野での業績拡大は難しくなるでしょう。今取り組んでいる相続や医療介護分野とともに、起業や法人設立をバックアップする“新設法人サポート”にもさらに力を注ぎたいと考えています。会計・税務のほか、法人登記、社内諸規程の作成支援、社会保険手続きの代行、事業戦略の立案など、当グループのトータルなサポート力が発揮できる市場だと思います」

創業者の指吸千之助氏が戦後の復興を支えたように、景気回復の担い手となる若手起業家を支えることで、ゆびすいグループはさらなる成長を目指す。

Profile

ゆびすいグループ 中出 愼次郎

ゆびすいグループ中出 愼次郎

1972年、同志社大学経済学部卒業。創業者である指吸千之助氏の個人事務所に入所し、経営指導事業部を経て75年から学校会計システムの開発に従事。79年より東京事務所に転勤し、86年に同支店長に。その後、経営企画室長兼社長室長、学校会計事業部(後の公益事業人事部)部長を歴任し、2001年に指吸会計センターの取締役に、02年に代表取締役に就任。04年、ゆびすいホールディングスの取締役となり、常務、専務を経て11年よりグループ代表に就任。現在に至る。

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録