会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.26 > 谷古宇 久美子(谷古宇公認会計士事務所) - 会計士の肖像
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.26

-アカウンタンツマガジン-
2014年10月01日発行

会計士の肖像

「プロの知識・経験を広く、深く身につけ、人生を豊かな人間性と情熱で生き抜く。それが無限の未来を拓く条件」

谷古宇公認会計士事務所
谷古宇 久美子

二人三脚での開業。不動産を核に据えた経営支援で飛躍する

10坪のオフィスからのスタートだった。開業翌年には、谷古宇高資氏と結婚、長男を出産と、谷古宇の生活は公私ともに大きく様変わりしたが、晴れての独立に、彼女は惜しみなく力を注いだ。当初より掲げていた方針は、「大企業にできて、中小企業にはできないこと」に着眼し、その枠組みを取り払い、徹底的に中小企業の経営支援に臨むこと。このスタイルこそが競合との差別化になり、事務所発展への原動力となっていくのである。

文字どおり裸一貫からの独立でしたから、まずは知人や銀行に顧客を紹介してもらうところからです。とはいえ、顧問先として“いい会社”は、先輩の先生方がしっかりお持ちなので、私たちに紹介いただいたのは経営の苦しい会社ばかり。それが3社。さほどの顧問料も見込めないし、決して楽なスタートではありませんでした。

でも、かかわっていくうちにわかったのは、中小企業の経営者は皆、必死に働いているのに、必要な資金が不足し、いつも苦しんでいるということ。資金力も担保力もある大企業なら、例えば、金融機関から融資を受けることも容易だし、外債発行による資金調達も可能ですが、中小企業には難しい。そのなかで、できることは何だろう――私たちが考えたのは、中小企業経営の基盤をつくるために、働いて得る利益を資産に転化していくことでした。

「フローからストックへ」の考え方です。本業の利益を積み重ねるだけではなく、稼いだ利益=フローをストックに転化したうえで、かつストックからのフローとキャピタルゲインをも獲っていく。それらを充足するツールは何かと考えました。

結果、有価証券か不動産が中心になりますが、利回りが低く、日々の相場に追われる株式よりも、より安定的に投資できる不動産のほうが適していると。加えて、実際の不動産物件探し、金融機関への交渉などは私たちがやり、経営者には「仕事に専念してください」というスタイルを大切にしました。机上のコンサルでは意味がなく、実践あってこその経営支援。私、子供をおんぶしながら、ものすごい数の物件を見て回りましたよ(笑)。

当時としては珍しかったと思いますが、資金調達において外貨借入の手法も取り入れました。上場企業が低利で外債発行で資金調達できるのに、それができない中小企業に同様の効果をもたらす方法――為替差益の見込めるスイスフランをオープンで借り入れした資金調達です。それが私たちの選んだ差別化の一手でした。

経営者に寄り添いながら、谷古宇らは確実に力を蓄えていった。数多くの顧問先を安定経営に導いたことで信頼を得、顧客も順当に増加していった。不動産の目利き力はもちろん、その運用にかかわる様々なプロたちとのネットワークを構築できたことも武器となり、事務所は次の段階へと飛躍する。

経営者同士の交流会である「百億会」というのを創設したんですよ。中小企業の経営者は、孤独であり、心が時に砕けることもある。会社は、経営者がどれだけ大きくなるかによって違ってきます。そこで、多方面の識者に講師をお願いして勉強会を開き、互いに切磋琢磨しながら成長していこうと。

「100億の資産を持つのにふさわしい人間になりましょうよ」というのが主旨です。ここでの様々な議論を通じて、私もずいぶん触発されました。

追って、経営者の奥様方を対象に、「WINの集い」という模擬株式投資の会もスタートさせました。仮想で「谷古宇証券」を設立し、日経新聞を彼女たちと読みこなすことから始めました。

政治面、経済面、株式面と、今まであまり興味がなく読み飛ばしていた記事を、どうすればわかりやすく彼女たちに浸透させられるのか。架空の資金枠を彼女たちに配り、架空の株式投資をしながら、年間の運用成績で競いながら楽しんでもらう勉強会です。思い返せば、この経験は何より私自身の勉強になりましたね。

でもこうやって、不動産だの株だのって話していると、あたかもバブルに踊ったようでイヤなんですけど(笑)、不動産を所有するとしたら“固定資産”ではなく、いつでも換金できる“流動資産”であるべき。これが私の持論です。企業の経営基盤を堅固にするためのものですから。

そういった意味で、もしも不動産を保有していることが企業経営の足かせになっていると感じた時は、売却を積極的に推奨しました。おかげで、バブルが崩壊した時も不動産で苦しむ顧問先は少なかったです。

90年代半ばからは、顧客先で成長した中小企業とはIPOやM&Aを視野に入れた施策にも取り組むようになりました。それから後継者問題、創業者利益、雇用の安定会社が抱える様々な問題の解決に適した方法を模索するなど、仕事の領域もどんどん広がり、とにかく日々、がむしゃらに走ってきたという感じですね。

Profile

谷古宇公認会計士事務所 谷古宇 久美子

谷古宇公認会計士事務所谷古宇 久美子

1948年4月21日
熊本県熊本市生まれ
1971年3月
中央大学商学部卒業
1971年9月
公認会計士第二次試験合格
1971年10月
ピートマーウィックミッチェル
会計事務所(現KPMG)入所
1976年2月
公認会計士登録
1977年5月
千代田区外神田にて、
谷古宇公認会計士事務所設立
1979年5月
台東区台東に自社ビルを取得し事務所移転
1983年9月
若手経営者の会「百億会」を主宰
1989年9月
女性のための模擬株式投資の会
「WINの集い」を主宰
1996年8月
千代田区東神田に自社ビルを取得し事務所移転
1999年12月
CFP(Certified Financial Planner)合格
2001年4月
千代田区神田駿河台に
自社ビルを取得し事務所移転

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録