トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.21 > 会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」|金児 昭(経済・金融・経営評論家/前金融監督庁(現金融庁) 顧問)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.21

-アカウンタンツマガジン-
2013年12月01日発行

会計プロフェッションによるコラム「Accountant's Opinion」

第21回「金児も「ここで働きたい」と思った。そんな組織運営を実践している会社」

経済・金融・経営評論家/前金融監督庁(現金融庁)
顧問金児 昭

私の印象に残るCFOの8人目は、元・花王の取締役執行役員・会計財務部門統括の三田慎一氏である。三田氏とは『週刊経営財務』(税務研究会)の対談でお会いした。2008年の初旬だから今から6年ほど前のことになるが、その経理・財務人材に対する考え方、ユニークな教育研修システムのお話は忘れられない。
「経理・財務部門のスタッフとして、どのような人材を求めていますか?」という私の問いに対して、三田氏はおおむね次のように答えられた。
「経理を取り巻く環境も,業界を取り巻く環境も変わってきているなかで、待ちの姿勢ではなく『自分はこうやって会社の仕組みを変えていきます』という提案のできるような気概を持った人材が、必要だと思います」

対談が行われた08年といえば、その4月から内部統制報告制度や四半期報告制度が始まるなど、経理・財務部門にとっても節目の年。そうした変化も見据えてのご発言だったと思うが、経理・財務パースンとして最も必要な考え方が、そこに集約されていた。三田氏の言うように、「経理だからといって受け身ではなく、一緒に会社をよくしていき、企業価値を高めていくという点では、経理も営業も同じ」なのである。

そんな経理・財務パースンを育てるための、同社独自の「アカウンティング・スクール」について述べておこう。スクールを開設したのは、今から26年ほど前。経理や簿記のことをあまり知らずに経理・財務部門に配属される人のために、「せめて日商簿記2級くらいは取得できるようにしよう」と考えたのが発端だったそうだ。ただし、経理のメンバーだけを対象にしていたのではもったいないと、全社的に参加者を募って始めたのが、まずユニークな点である。

スクールは、1次と2次の研修に分かれていて、1次では社外の講師を招き、日商簿記2級合格を目標に合宿形式で学ぶ。2次では、同社の経理の仕組みや、あるいは法務の知識などについて研修を行っている。今度は管理会計、税務、法務などの担当社員が講師になる。

さっきも述べたように、スクールには経理・財務以外のいろいろな部門の人が参加する。年代層も20代から40代まで、幅広いそうだ。経理・財務の知識だけでなく、「そもそもうちの経理は何をやっているのか」を肌で感じた人たちが営業や研究などの現場に増えることは、それだけで非常に意義のあること。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

経済・金融・経営評論家/前金融監督庁(現金融庁) 顧問 金児 昭

経済・金融・経営評論家/前金融監督庁(現金融庁)顧問金児 昭

1936年生まれ。東京大学農学部卒業後、信越化学工業に入社。以来38年間、経理・財務部門の実務一筋。前金融監督庁(現金融庁)顧問や公認会計士試験委員などを歴任。現・日本CFO(経理・財務責任者)協会最高顧問。著書は2013年8月現在で、共著・編著・監修を含めて143冊。社交ダンス教師の資格も持つ。

最新の「Accountant’s Opinion」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録