会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.26 > 野口 仁(アクセルマーク株式会社) - The CFO -ニッポンの最高財務責任者たち-
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.26

-アカウンタンツマガジン-
2014年10月01日発行

The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-

「監査法人から銀行を経てベンチャー企業へ。今、素晴らしい充実感」

アクセルマーク株式会社
執行役員 経理財務本部長野口 仁

ITのスキルと外国人経験?を監査に生かす

さて、会計士としては異色の経歴といえる野口氏だったが、所属した「あらた監査法人」で、それが大きな武器であることを知る。
「当時、ITが専門家レベルでわかる会計士は皆無でした。重宝されましたよ。具体的な問題点の指摘や、『こう運用すべき』『このリスクは許容範囲です』といった話は、ITがわかっていないと無理。それができる僕を顧客も監査チームも信頼してくれていた」

外資系企業の担当が半数近くを占めたのも、際立った特徴である。
「ある日、外国人のパートナーに、すれ違いざま『ハロー』と挨拶したのです。どうやらそれで、こいつは英語ペラペラだと勘違いされたらしく(笑)。学生時代に“外国人慣れ”していたからかも、と後になって思ったものです」

こうして、業種を問わず数多くの企業の監査を担当し、ほどなく年商1兆円規模の会社の主査を任される存在に。しかし、順風満帆と思われるなか、またしても転身を決意する。
「監査の社会的意義は理解しつつ、基本的に『出てきたものをチェックする』という繰り返しに、正直フラストレーションも覚えていました。矢面に立って最前線でやりたかったんでしょうね。同時に、監査は一定水準やりきったっていう気持ちもあったんですよ」

再就職先に銀行を選んだのは、「傾いた会社に全精力を注ぎ込んで蘇らせる事業再生は超アドレナリンが出そうだ」と考えたからだ。
「再生ビジネスというと、コンサル会社などにスポットが当たりがちですけど、その開始を決定するのも承認するのも実質的には債権者、すなわち銀行なのです。僕は“本丸”で、指揮を執りたかった」

希望どおり、みずほ銀行に調査役として入行。ところが、いくつかのプロジェクトで成果を上げ始めていた矢先、思わぬかたちで足を掬われてしまう。翌年3月、あの大震災が発生し、その煽りで所属していた部が消えることになったのだ。
「支店で営業をやるしかないのか」。転職後、1年も経たずに見舞われた事態に半ば茫然としているさ中、古くからの友人から「Web系のサービスで、一緒に起業しないか」と声をかけられる。渡りに船とばかり、銀行を辞め、準備を開始。いよいよ長年の夢をかなえる時がきた、と思いきや……。弱り目に祟り目、プロジェクトはリリース目前で瓦解してしまう。「パートナーの増大する私利私欲を抑えることができなかった」のが理由だった。

Profile

アクセルマーク株式会社 執行役員 経理財務本部長 野口 仁

アクセルマーク株式会社執行役員 経理財務本部長野口 仁

1979年8月18日
群馬県太田市生まれ
2002年3月
埼玉大学経済学部卒業
2005年12月
中央青山監査法人入所
2006年7月
あらた監査法人入所
2006年10月
公認会計士試験合格
2009年7月
公認会計士登録
2010年11月
株式会社みずほ銀行入行(調査役)
2012月4月
アクセルマーク株式会社入社
経営管理部部長
2013年9月
執行役員
経理財務本部長に就任

最新の「The CFO –ニッポンの最高財務責任者たち-」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録