トップ > 「Accountant's magazine」トップ > vol.5 > 新天地から | 久保寺大悟( 住友スリーエム株式会社 財務本部 経理部 マネジャー)

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.5

-アカウンタンツマガジン-
2011年05月01日発行

新天地から

「グローバルカンパニーで実力を強化。日本人会計士の存在感を世界にアピールしたい」

住友スリーエム株式会社
財務本部 経理部マネジャー久保寺大悟

「ポスト・イット」「スコッチ・ブライト」など、産業分野から生活関連分野ヘルスケア分野に至るまで、世界市場に向けて3万種類を超える製品・サービスを提供する住友スリーエム。そんなグローバルカンパニーの 財務本部経理部で、マネジャーを務めるのが久保寺氏だ。若き企業内会計士にこれまでのキャリアと、これからの夢を聞いた。

大学3年で試験合格。在学中に監査法人への入所を果たす

公認会計士第二次試験に合格したのは、大学3年の時。以来、会計専門学校の講師、新日本監査法人での監査業務、外資系出版社CFO、そして現在の職場では経理部マネジャー――。とても29歳の若さとは思えないキャリアの持ち主である。
「子供の頃から、将来はプロフェッショナルな仕事に就きたいと思っていたんです。でも、理系科目は苦手だから医者は無理だし、紛争当事者の仲立ちとなる弁護士は性格的に合わない気がして。公認会計士の道を選びました」

試験勉強を始めたのは大学1年の秋。最も遊びたい盛りの時期に、朝8時から夜9時まで、大学の授業以外は会計専門学校の自習室で過ごした。
「友達は楽しく遊んでいる。なぜ自分だけ、と思うこともありました。だから、チャレンジするのは一度だけと決め、集中して勉強しましたね」

結果、二次試験には一発で合格。そんな自らの経験が役に立つならと、専門学校の講師を引き受けた。その後、新日本監査法人への入所のチャンスを得ると、大学卒業を待たずに入所した。
「とりあえず、そこで監査業務のイロハを学びながら、10年くらいは頑張ろうと考えてはいたのですが……」

だが、思わぬところから新しいチャレンジの場が提供されることになる。

この記事の続きを閲覧するには、ご登録 [無料] が必要です。

Profile

住友スリーエム株式会社 財務本部 経理部 マネジャー 久保寺大悟

住友スリーエム株式会社財務本部 経理部マネジャー久保寺大悟

1981年4月22日
東京都目黒区生まれ
2002年10月
公認会計士第二次試験合格
大原簿記学校公認会計士講座講師
2003年10月
新日本監査法人入所
2004年3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2006年3月
公認会計士登録
2006年7月
株式会社ランダムハウス講談社入社
2009年4月
米国公認会計士試験合格
2009年11月
米国公認会計士ライセンス取得(ワシントン州)
2010年8月
住友スリーエム株式会社入社

最新の「新天地から」

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録