会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > アカウンタンツマガジン[Accountant's magazine] > vol.64 > 中外製薬株式会社 財務経理部 - 経理・財務最前線
現場で働く会計士の声

Accountant's magazineとは

back
number

Accountant's magazine vol.64

-アカウンタンツマガジン-
2022年01月01日発行

経理・財務最前線

「本社と現場にメンバーを配置。バリューチェーンの各所から企業価値向上を支え続ける」

中外製薬株式会社財務経理部

経理・財務最前線

ロシュ本部にもメンバーを派遣

新型コロナウイルス感染症の治療薬でも注目される、国内大手製薬企業・中外製薬。その財務経理機能は、本社で決算や税務、財務、予算などを担うメンバーと、研究開発、生産、営業等、バリューチェーンの各所でビジネスファイナンスを担当する「ファイナンス・ビジネスパートナー(FNBP)」とに分かれる。同社財務経理部長の臼田和也氏は次のように語る。

「FNBPには、中外製薬のビジネスが好きで、ミッションやビジネスを理解している“人財”を登用し、ファイナンスの知識は後で学んでよいとしています。一方、本社の財務経理部門は、伝統的な財務経理機能を担うチームとして、新卒採用と並行して中途採用も積極的に行い、最新のスキルとナレッジを維持するよう務めています。もっとも、20~30代であれば中途採用後にビジネスファイナンスに異動する将来もありますので、最終的には、その人の希望に沿ったキャリアを選べるような育成を方針としています。そのために、半年に一度は約50名全員と面談を行っています」

臼田氏自身は、日系大手電機メーカーを皮切りに、複数の米国系企業で勤務。その目には、中外製薬の財務経理の特徴はどう映っているのか。

「企業における財務経理部門の基本的機能は、多くの会社で変わらないと思います。しかし、ビジネスファイナンスの領域は製薬業界ならではの特徴があると感じます。例えば、新薬の研究開発には10年以上かかり、私が過去経験した業界に比べ、収益化までの期間が決定的に長い一方、成功確率は2万5000分の1と言われています。不確実性の高いプロジェクトへ継続的に投資をしていく環境のなかで、イノベーションを支えるファイナンスのあり方を、常に考えています」

また中外製薬はスイスのバーゼルに本拠を置くロシュ・グループの一員でもある。財務経理部からも2〜3年単位で人財を派遣するなどの交流を行いつつ、スイス本社のファイナンスコミュニティと中外のファイナンスコミュニティをつないでいる。

「日本の上場企業でありながら同時に外資系企業の日本法人でもある。日本企業としてのオペレーションと外資系企業のオペレーションが混在していることや、コミュニケーションすべきステークホルダーの幅が広いことも特徴だといえます」

Profile

中外製薬株式会社 財務経理部 財務経理部長 臼田 和也

財務経理部長臼田 和也

1997年、大学卒業後、日系大手電機メーカーに就職。その後、複数の米国系企業に勤務。一貫して財務経理畑を歩んできた。2019年、中外製薬株式会社に入社。20年4月、財務経理部長に就任。

Accountant's magazine
バックナンバー

Accountants_magazineバックナンバー 学生インターン募集中 PARTNERS

掲載企業抜粋(50音順)

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマーク ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。

↑ PAGE TOP

© JUSNET Communications Co.,LTD All rights reserved.

新規登録