会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 公認会計士試験受験から撤退するタイミングの判断について

公認会計士試験受験から撤退するタイミングの判断について

公認会計士試験受験からの撤退の時期については、誰しもが悩むものです。毎年一発勝負の試験から、一部科目免除も可能な試験制度となり、勉強の継続を断念する判断が難しくなっています。それでも、毎年1回で合格する人もいれば、数回受けて合格する人、何度受けても受からない人がいるのが現実としてあります。

公認会計士試験受験から撤退しようと考えた場合、諦める時期はいつなのか?何を基準に諦める判断すればよいのか?

この記事では、この非常に難しい判断について解説していきます。

1.何回ぐらいの受験で受かる人が多いのか

(1)現状の認識

① 合格までにどのくらいの時間がかかるのか

公認会計士試験は国家試験の中でも難関資格ですので、合格を志したからには簡単に諦められない試験でもあるかと思います。独学で合格を目指すのは難しいため、多くの人は大学や大学院で勉強したり、専門学校の講座を受講したりして1年から数年をかけて受験に挑み、合格までに最初の受験から2年から4年程度かかるといわれています。

筆者は、過去に多くの公認会計士受験生と面談してきました。その事例から挙げると、勉強に専念できる環境で、専門学校の学習時間を合わせ、1日12時間以上もの勉強時間を確保して合格した人もいますし、逆にそれだけの時間を確保しながらも、勉強に集中できずに何年やっても不合格となる人もいます。社会人では、平日は電車の中や昼休みなどのちょっとした合間に勉強をしていて、週末一気に学習を進めて2年で合格したという人もいました。

その方が言うには、時間に制限があったからこそ、集中して効率よく学習を進めたようです。ただ、会計士試験は学習時間が多いほど有利ではあるので、勉強に専念できる環境を整え、集中して短期で合格を目指したいところです。

会計士試験の学習範囲は広いため、まずはご自身の勉強の進み具合を確認するところから始め、学習計画を立てて、いつまでに合格を目指すのか目標を定めましょう。


② 受験にあたって踏まえておきたい年齢のこと

次に年齢についてです。大学在学中から勉強を始める人もいるため、20代半ばまでに合格をする人が多くなっています。大学卒業後も引き続き勉強に専念をする場合も多いため、勉強に費やせる時間などを考えても当然のことでしょう。20代後半から30代にかけて勉強を続ける人も多くいますが、年齢を考えると勉強専念の環境の確保は難しく、仕事との両立を図りながら学習するため、合格までに時間がかかる人も多いのが現状のようです。

まずは、ご自身の現状をしっかりと把握することは大切です。人それぞれ様々な環境の下で勉強をしていますので、単純に周りと比較することだけで決めつけないことです。

なお、勉強を進める上で、年齢関係なくいえることは、試験合格したあと、当然のように監査法人へ就職という安易に流れに乗るのではなく、会計士として将来どうなりたいのかを意識しながら学習して欲しいということです。

参考記事:1-1-1.「会計士とはどんな資格?仕事内容は?」

つまり、試験合格は公認会計士としてのキャリア通過点に過ぎないということを理解しておくことです。

特に、年齢が高くして合格した場合は、同期が年下になりますので、同期と同じペースで業務にあたるのではなく、年齢に応じたパフォーマンスを発揮していく必要があることを念頭に置いておきたいです。

(2)勉強方法について

公認会計士試験の勉強を何年もかけて進めていくなかで、思うように捗らなかったり、不合格が続いたりすると、気持ちも萎えてきてしまいます。勉強方法を変えるべきなのか、他にするべきことがあるのか、何とか状況を打開したい人向けに、いくつかの方法を取り上げたいと思います。

① 勉強をする環境の再構築

まずは、勉強している環境を変えてみることでしょう。環境を変えるというきっかけを作り、気持ちを新たにしてみてはいかがでしょうか。

例えば、大学のみで勉強してきた人が新たに専門学校の講座を受講してダブルスクールにしたり、専門学校の通学生が他の専門学校に変えたりする方法があります。ただし、大きく生活スタイルが変わったり、専門学校により学習内容の深さや進め方が異なったりしますので、予めよく調べた上で決断することをお勧めします。

参考記事:2-1-2.「公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方」

② 学習方法の見直し

次に、学習方法についてです。専門学校などに通学している人は、合格までのカリキュラムに沿って進めていくので問題はないですが、その中でも得意科目や不得意科目が出てくるかと思います。単純に学校のスケジュールに従って学習を進めるだけでなく、どこかのタイミングで振り返ってみてください。不得意な分野を放置することなく学習を進めることで遅れをとることの無いようにしたいものです。また、勉強方法については合格者体験談などもありますが、あくまでも参考程度にして、自分に合った学習方法を見つけて欲しいと思います。

独学や通信講座の場合は孤独との戦いでもあるので、自分の学習方法で結果が出るのかどうか、わからなくなることもあります。模擬試験で感覚をつかんだり、短期の講座を利用して学友を作り情報交換をしたりするのも学習方法を見直しのきっかけとなり、励みになるかと思います。

数年にわたって学習をしていくので、何かを変える場合は一人で悩まず専門学校の講師など、第三者の意見を参考にしながら進めるのが賢明です。

2.会計士試験を諦める場合、何を基準に判断するのか

そもそも会計士試験の受験生は大学生や卒業後も勉強に専念する人が多いため、20代前半で比較的時間の取れる環境の人の合格が多くなっています。

会計の最高峰の国家資格で試験合格すると、大きく人生が変わります。また税理士試験のように一科目ずつ合格を積み上げていくという試験でもなく、何度もチャレンジすることは現実的ではないため、断念する決断をするのは容易ではありません。では、一体いつがやめ時なのか?いくつかの要素を元に考えていきたいと思います。

(1)年齢のリミットと就職について

現状、監査法人の定期採用については、売り手市場が続いており、しばらくはこの環境は続くものと思われます。

参考記事:3-1-3.「監査法人に就職の売手市場は、いつまで続くのか」

20代で合格した場合は、比較的容易に監査法人に入所できますが(一概に年齢だけではないため、あくまで参考程度にお考えください)、30代以上では、試験合格だけでなく、社会人経験で何かしらの強み(金融業界出身、システムに強い、語学が堪能、経理経験があるなど)があると、入所しやすいといえます。その経験自体が法人にとって強みとなるため、採用意欲に繋がるためです。

ただ、大学卒業後も試験勉強に専念し続けて社会人経験が無い場合には、受験を断念した際に、監査法人以外の就職を検討しなければならないため、年齢が若いほど就職には有利となる場合が多いです。一般企業の場合は、通常、新卒から様々な経験を積んでいくため、その人との比較をされます。このため就職に関しての状況は、常に把握しておく必要がありそうです。

(2)学費について

専門学校などに通学すると、それなりに学費も発生します。親からの支援があれば試験勉強に集中できますが、アルバイトなどをしながらの場合は、学費を捻出するのに苦労されるかと思います。独学での合格は困難ですので、専門学校の費用についても考えておく必要がありそうです。

(3)成績について

短答式は合格するのに論文式に一向に合格できなかったり、ある科目だけ著しく弱かったりなど、壁にぶつかることもあります。

会計士試験は、バランスよく得点を重ねていく必要もあるので、専門学校などで実施している模擬試験結果を参考に、ご自身の強い科目と弱い科目をしっかりと分析されることをお勧めします。はじめから強い科目に集中してさらに点数を上げるよりも、弱い科目に注力して成績を伸ばすほうが結果的に高得点に繋がることもあるので、戦略的に各科目の対策をしてみてください。専門学校によっては個別指導している所もあります。得点のとり方については、ぜひ専門家である講師にご相談されるとよいかと思います。

3.まとめ

長く勉強を続けてきた会計士試験を途中で辞めるというのは、大変難しい判断になるかと思います。ただ延々と勉強を続けることは難しいため、ご自身の成績、合格目標年度など、いくつもの要素を複合的に考え、就職の市場動向などに常にアンテナを張りながら冷静に判断して欲しいと思います。

会計士を目指すことを辞めたとしても、いままで学んできた知識が無駄になるわけではありません。次の記事では、「公認会計士試験から撤退した後の就職について」をご紹介していきます。



著者プロフィール
石黒 健次(いしぐろ けんじ)

大学卒業後、大手商社系列の旅行会社で法人・個人旅行を担当。その後、経理・会計分野に特化する転職エージェントとして10年以上の経験を持つ。

大手専門学校の会計系講座担当の経験があり、公認会計士試験受験生の就職相談や面接対策などで全国を渡り歩き、監査法人の定期採用にも詳しい。無理に転職を勧めるのではなく、転職しない選択肢も含めて最適な道に導けるよう心掛けている。

関連サイト
転職事例「”公認会計士試験浪人”のブランクをものともせず会社を選べる立場に」

転職事例「公認会計士の夢に早期に区切りをつけ、上場企業の経理職へ」

公認会計士の資格と仕事と転職のすべてがわかるノウハウ集

目次

  1. 公認会計士とは?
    1. 公認会計士の基礎知識
      1. 公認会計士とはどんな資格?仕事内容は?
      2. 公認会計士の仕事はつまらない?やりがいはあるの?
      3. 公認会計士に向いている性格、向いていない性格
  2. 公認会計士資格取得に向けて
    1. 公認会計士試験 勉強法
      1. 入口は広いが、出口は狭い?公認会計士試験とは
      2. 公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方
      3. 公認会計士試験に受かりやすい大学とは?
      4. 遅すぎる?社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?
    2. 公認会計士試験合格後
      1. 公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと
      2. CPEってなに?継続的専門研修制度について
      3. 公認会計士が取るべきダブルライセンスは、弁護士?不動産鑑定士?会計士が付加価値を生むには
    3. 会計士試験からの撤退
      1. 公認会計士試験受験から撤退するタイミングの判断について
      2. 公認会計士試験受験をやめた後の具体的な進路について
  3. 公認会計士の働き方と仕事内容とは?
    1. 監査法人
      1. 監査って何?監査法人の役割と具体的な業務内容について
      2. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(前編)
      3. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(後編)
      4. 監査法人に就職の売手市場は、いつまで続くのか
      5. 監査法人で「デキる新人」として評価されるためにやるべき10のこと(近日公開予定)
      6. 監査業務は激務?4大監査法人と中小監査法人(個人会計事務所)、公認会計士のワークスタイル分析
      7. 監査法人の離職率は、高い?監査法人や辞めたあとに広がる進路について
    2. 企業
      1. 監査法人を選ばない道 組織内会計士の働き方って?
      2. 一般企業で公認会計士にまかされる仕事って何?
    3. 独立開業
      1. ほんとに独立開業して大丈夫!?公認会計士が開業前に知っておくべきポイント解説
    4. 女性の働き方
      1. 会計士の女性は、ママになっても働ける?
        ~女性公認会計士は子育てと両立しながらキャリアアップできるのか~
  4. 公認会計士のスキルアップ
    1. 公認会計士に英語が必要か?
      1. 実はグローバル?監査法人での英語の活用法
    2. 公認会計士に中国語が必要か?
      1. 公認会計士に中国語は必要?中国語を活かせる仕事は?【会計士と中国語】
  5. 会計士の転職
    1. 会計士の年収(監査法人)
      1. 公認会計士と税理士、業務の違いと年収比較
      2. 会計士業界年収動向 2018【監査法人編】
    2. 会計士の年収(企業)
      1. 転職先の業界別、年収比較2018(近日公開予定)
    3. 会計士の年収(独立)
      1. 公認会計士の独立開業って儲かるの?収入源と年収のホントのトコ
      2. 公認会計士が独立して事務所経営に失敗しないための開業準備ノウハウ(仕事の受注方法と報酬単価の決定について)
  6. 転職ノウハウ
    1. 会計士の転職
      1. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)
      2. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(後編/これからのキャリアを描く)
      3. MBAにUSCPA…転職に必要なプラスアルファの資格は?(近日公開予定)
      4. ワークライフバランス?年収アップ?公認会計士が知っておくべき人生戦略とは
      5. 教えます!監査法人採用のポイントとは?(近日公開予定)
      6. 監査法人からベンチャーCFOへの転身 その転職の成功の秘訣とは?(近日公開予定)
  7. 公認会計士の活躍するフィールドと職種別転職動向
    1. 職種別の転職動向
      1. 経理・財務の転職動向
      2. 会計監査の転職動向
      3. M&A・企業再生の転職動向
      4. 税務・会計コンサルタントの転職動向
      5. 財務・会計コンサルタントの転職動向
    2. 働く場所別の転職動向
      1. 監査法人の転職動向
      2. 税理士法人・会計事務所の転職動向
      3. 会計コンサルティングファームの転職動向
      4. 事業会社の転職動向
  8. 公認会計士 監査法人からのキャリアチャート
  9. 公認会計士の転職における心構え
    1. 求人の選び方
    2. 公認会計士の履歴書・職務経歴書の書き方のポイント
    3. 公認会計士のための面接対策
  10. トレンド・ニュース
    1. 【会計士業界同行2018】会計士って増えてる?減ってる?(近日公開予定)
    2. AIが会計士と税理士の仕事を奪う?!~IT先進国エストニアに行ってみて考えた 会計業界の未来~
    3. 監査法人5年目までの公認会計士がぜったい読んでおきたい7冊の本
    4. 【会計士業界同行2018】会計士の就職事情について 監査法人から一般企業まで(近日公開予定)
  11. まとめ

もっと会計士求人をみる 公認会計士 会計士補・試験合格者向け新着求人

  • M&Aコンサルタント(スペシャリスト)
    450万円~1200万円
    M&Aにおける 財務デューデリジェンス を中心に、価値評価及び株式売買契約書へのインプットやPMIでの問題点抽出及びPMI支援に関連したサービスを提供しています。

    関与する業界は製造業、サービス業から資源・エネルギーまで幅広く、地理的にも国内案件にとどまらずに欧米や新興国の案件を多く手掛けています。

    このような環境の中で個々人の業務としては、財務・会計の知識を基礎としての企業の財務分析に始まり、個別案件における分析結果の解釈とアドバイス、そしてキャリアアップに伴い分析からアドバイスへの重点変化や他の国・サービスラインとの連携が求められるようになります。

    これらの業務に求められる個人の能力・資源としては、会計・財務の知識に加え、案件ごとのリスクの特質に合わせて非定型的に対処する柔軟性と応用力、クライアントの懸念を理解し分析結果をわかりやすく伝えるコミュニケーション能力、グローバル案件の増加に対応する語学力が挙げられます。

  • M&Aコンサルタント(スペシャリスト)
    450万円~1200万円
    1. 日本国内における企業間のM&A(合併、株式交換、会社分割、買収、売却、資本提携)に関するアドバイザリー業務
    2. M&A案件における企業・事業価値評価業務ならびにその他無形資産等の評価業務
    3. M&A案件におけるストラクチャリング業務

  • 会計監査(スタッフ)
    500万円~800万円
    ・監査・保証業務
    ・株式上場支援
    ・IFRS導入支援サービス
    ・ファイナンシャルアドバイザリーサービス
    ・システム監査・内部統制評価

  • 会計監査(スタッフ)
    550万円~1000万円
    ■監査業務
     ・法定監査
     ・財務諸表監査
     ・内部統制監査(J-SOX)
     ・IFRS支援   
    ■金融機関向け監査
     ・国内外大手金融機関
     ・証券会社、等  
    ■パブリック業務
    ■IPO(株式公開)支援業務
    ★ご希望等を考慮のうえ担当業務を決定します

  • 税務・会計コンサルタント(スタッフ)
    380万円~500万円
    ※ご経験に応じて業務をお任せいたします。
    プロジェクトのサポート業務(報告書作成補助、データ入力・加工、管理業務等)

  • 経理(決算業務)(主任)
    500万円~730万円
    ◆決算業務(月次・四半期・中間・年次、単体・連結)
    ◆原価計算
    ◆会計監査対応
    ◆経理業務フローの適切化
    海外子会社の対応も将来的にして頂く可能性があります

資格・職種別求人一覧

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二

 

公認会計士向けお役立ちコラム
2017.11.24
2017.11.16
2017.11.09
2017.10.11
2017.10.03
2017.09.05
2017.08.30
2017.08.01
2017.06.27
2017.06.19
2017.05.22
2017.05.15
2017.04.24
2017.04.17
2017.03.21
2017.03.13
2017.02.20
2017.02.06
2017.01.30
2017.01.05
2016.12.26
2016.11.28
2016.11.21
2016.11.14
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.24
2016.10.17
2016.10.11
2016.09.13
2016.09.06
2016.08.29
2016.08.08
2016.08.01
2016.07.25
2016.07.04
2016.06.27
2016.05.30
2016.05.26
2016.04.28
2016.04.25
2016.04.07
2016.04.04
2016.03.31
2016.03.29
2016.03.24
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.04
2016.02.01
2016.01.28
2016.01.25
2016.01.21
2015.12.21
2015.12.17
2015.12.14
2015.12.10
2015.12.08
2015.11.16
2015.11.12
2015.11.02
2015.10.29
2015.10.05
2015.10.02
2015.09.03
2015.08.27
2015.08.24
2015.08.20
2015.08.18
2015.07.17
2015.07.13
2015.06.01
2015.05.19
2015.04.27
2015.04.15
2015.04.09
2015.04.06
2015.04.02
2015.03.30
2015.03.13
2015.02.23
2015.02.19
2015.02.16
2015.01.29
2015.01.26
2015.01.19
2015.01.16
2014.12.11
2014.12.09
2014.12.04
2014.11.20
2014.11.04
2014.10.27
2014.10.17
2014.07.17
2014.07.07
2014.06.26
2014.06.23
2014.06.20
2014.06.10
2014.05.22
2014.05.19
2014.03.19
無料転職サポートに申し込む
12/20
更新

ベップス? ここ一年で耳にすることが多くなった国際税務…

最新のコラムを読む

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。


転職サポートにお申し込みいただくと、独占求人や非公開求人のご紹介、キャリアプランのご相談や
履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス等のエージェントサービスをご利用いただけます。

無料転職サポートに申し込む
お電話でのご相談・登録面談予約はこちら東京本社
03-4550-6615
関西支社
06-7711-7000
名古屋オフィス
070-6946-1455
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。