会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 公認会計士資格取得に向けて > 遅すぎる? 社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?

遅すぎる? 社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?

遅すぎる? 社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?

社会人として働きながら公認会計士を目指すことには、さまざまな不安があるかと思います。そのような方にむけて、キャリアチェンジして会計士になるメリットや、社会人だからこそ勉強に活かせるスキルや経験、また会計士になった後の就職状況等について、30代になってから会計士になった筆者が解説します。

"資格試験は、働きながらの勉強だったので大変だったが、独立した今になって振り返ると、合格しておいて良かったとしみじみ実感している"というのが、筆者の生の言葉です。

1.思い切って公認会計士を目指すという選択肢

大学を卒業し、会社員として働き始めると様々なストレスを抱えることが多いと思いますし、実際にストレスを抱えている会社員の方は多いことでしょう。ストレスを抱えて働いていると、既に就いている仕事のことや、将来的な自分のキャリアについて真剣に考える機会もあるはず。

その際に、現在の仕事は辞めて、例えば、起業を目指したり、あるいは公認会計士などの資格を取得してキャリアを積んだりという選択肢も、当然、頭をよぎると思います。

ただ社会人として働きながら資格試験にチャレンジすることには不安を抱える方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では、社会人として働きながら公認会計士を目指すことに不安を抱えている方にむけて、キャリアチェンジして会計士になるメリットや、会計士になった後の就職状況等についてお話ししたいと思います。

2.キャリアチェンジして公認会計士になる強み

会社員からキャリアチェンジして公認会計士になるという選択肢を考えているサラリーマンの方や、既に公認会計士の試験勉強中という会社員の方もいらっしゃると思います。

またこの際に「社会人になった後に、公認会計士を目指すのは遅すぎるのでは?」「受験するのなら何歳までがリミットなのだろうか?」ということを不安材料の1つとして抱えている方もいらっしゃることでしょう。

結論から言うと、「社会人が会計士を目指しても全く問題ないし、遅くない」と思います(実際、私は30歳を過ぎてから会計士になって、現在は独立開業しています)。

また年齢的にも、例えば、20代は言うまでもなく、30代や40代の方でも勉強をスタートするには遅くはないと思います(下記【参考】参照)。

社会に出たのちに、キャリアチェンジして公認会計士になる強みは、前職での“社会経験”そのものだと思います。

公認会計士業界での経験しかないよりも、他業界での経験があった方が強みになることは言うまでもありません。

特に、会社員時代に、営業やマーケティング、新規事業開発など、フロント的な業務で成果を出している方であれば、公認会計士になった後に大きなアドバンテージを得ることができると思います(もちろん、バックオフィス等での経験も役立ちます)。

3.公認会計士として働くメリット

ここでは私が考える公認会計士になることのメリットについてお話しします。

【公認会計士のメリット】

  1. 上場企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など様々な会社を訪問できる。
  2. 上場企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など様々な会社の内部を見ることができる。
  3. 上場企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など様々な会社の重要書類、内部データをたくさん見ることができる。
  4. 上場企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など様々な会社の儲けのカラクリをたくさん知ることができる。

これは私自身が考える公認会計士のメリットですが、これらのメリットを享受できる意義はとても大きいと思いますし、公認会計士としての経験が自分自身の強みに磨きをかけると思います。

こうしたメリットを享受して、自分自身のキャリアを豊かにしたいのであれば、大学を卒業して一度会社員となった後であったとしても、公認会計士になることは有意義な選択の1つになるはずです。

4.公認会計士試験合格後の就職状況は?

無事に公認会計士試験に合格したとして、その後の就職状況について心配している方も多いのではないでしょうか。

現時点においても、公認会計士は人手不足であると言われていますし、将来的な日本の生産年齢人口の減少も勘案すれば、今後も基本的には公認会計士の売り手市場は続くと予想できます。

また公認会計士という職業は、大学の学部に例えれば、経済学部だと思います。経済学部の学生は卒業後の「選択肢が豊富」という点で似ているからです。公認会計士も、試験に合格して有資格者となった後は選択肢が豊富です。

例えば、自分自身の周りの公認会計士を見るに、監査法人に永久就職する方もいますが、このタイプはむしろ少数派で、ベンチャー企業のCEO、CFO、M&Aアドバイザー、外資系のコンサル、金融、証券、上場会社の役員など、実に様々な分野で活躍しています。

ただ就職や転職に関してわたしなりの持論を1つ補足するとすれば、人並みのコミュニケーション能力と他人に不快感を与えない程度の身だしなみは必須だと思います。

5.ビジネス・ツールを試験勉強に活かす

既に社会経験がある方であれば、ある程度のビジネス・スキルとビジネス・ツールを用いた実務での経験もあるはずです。

こうしたビジネス・スキルとビジネス・ツールのうち、例えば、PDCAや、WBS(Work Breakdown Structure)は受験勉強ととても相性が良いので、試験の勉強でも積極的に活用すべきです。

実際、私の場合も他の業界で社会人としてスタートし、その後に公認会計士になったので、こうしたビジネス・ツールは試験勉強で活用していました。ちなみに公認会計士試験に費やしたのは平日2時間の勉強で4年間です。

学生(受験生)の場合には、ビジネス・スキルとビジネス・ツールを用いた経験がほぼ皆無だと思うので、ビジネス・ツール等を試験勉強で有効に活用できない点において、ビジネス経験の豊富な社会人受験生の方が効率的な勉強ができるのではないかと思います。

6.まとめ

  • 社会人であっても、会計士を目指すのは全く遅くない
  • 他の業界で社会経験があることは、会計士になった後、むしろ強みとなる
  • 試験勉強を始める前のビジネスの経験で得たビジネス・ツール等は、試験勉強でも活用すべき
公認会計士の求人
執筆者プロフィール
高橋 善也(たかはし ぜんや)
  • 公認会計士・税理士・司法書士
  • 経済産業省が認定する経営革新等支援機関
  • Knowledge Store Group会計法務綜合事務所 代表
  • Knowledge Store株式会社 代表取締役

大手監査法人、大手税理士法人等を経て2012年独立。

大学入学前から「将来は独立をして、経営に近いところで仕事をし、経営者を支える」という思いを抱え、卒業後は異業種からの転職を経て公認会計士に。

公認会計士・税理士としてのキャリアを通じて、税務に関するアドバイザリー業務はもちろん、資金調達支援業務や、財務コンサルティング、M&A関連業務、IPO案件などに多く携わる。クライアントは、30代、40代の経営者が中心。

著書
『中小・赤字企業も実践できる!借入0の資金繰り』(秀和システム)2014年

(※amazonの書籍ページに遷移します)

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

カテゴリー

公認会計士の資格に関するカテゴリーごとにまとめたページです。

よく読まれている記事

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

新着記事一覧

執筆者一覧を見る

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

公認会計士、会計士補・試験合格者向け求人

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

公認会計士の転職成功事例

公認会計士の転職成功事例一覧

公認会計士 転職Q&A

公認会計士の転職Q&A

企業特集

会計人の人生観・仕事観を紹介「Accountant's Magazine」最新号

バックナンバー一覧

マンガでわかる 会計士の転職

関連コンテンツ

会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 遅すぎる? 社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。