会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 公認会計士試験に受かりやすい大学とは?

公認会計士試験に受かりやすい大学とは?

公認会計士試験の大学別合格者数ランキングを見てみますと、毎年、上位の常連大学は決まっているようです。これらの大学を目指すことが会計士になる第一歩なのでしょうか。はたまた、ランキングには出てこないものの、カリキュラムの充実した大学はあるのでしょうか。

この記事では、会計士試験に受かりやすい大学があるかどうかを、10冊以上の著作を持つ公認会計士が検証します。また筆者が感じた「著名ではないが、公認会計士の受験指導を熱心にしている大学」とは?

1.会計士試験合格者の年齢の分布は?

平成29年度公認会計士試験を見ますと、11.032人が願書を提出し、最終合格者は1.231人で、合格率は11.2%でした。今後もこの傾向は同様とみられ、合格率は10%前後で推移していくものと予想されています。

合格者の平均年齢は、毎年26歳から27歳ですが、年齢分布の中央値は22歳であり、おそらく大学3・4年生の現役大学生の合格が多いことが分かります。

2.公認会計士になるのに有利な大学はあるのか?

次に、公認会計士試験の大学別合格者数ランキングを見てみますと、毎年、常連校が上位に顔を出しています。常連校としては、33年連続で最多合格者を輩出している慶應義塾大学を筆頭に、早稲田大学・明治大学・中央大学、そして、東京大学、京都大学、神戸大学・一橋大学等国立系大学が挙げられるでしょう。

特に慶応義塾大学の合格者数は他校を圧倒しています。公認会計士業界内でも存在感がひときわ強いといえるかもしれません。

ただし、よくよく考えてみますと、常連校は、それ相応に受験者数も多いので、合格者数が多くなる当然ともいえます。そこで、常連校に比して合格者数は少ないものの、合格率が高い大学にも注目して、話を進めたいと思います。

3.公認会計士試験合格者に、慶応の出身者が多い理由とは?

慶応義塾大学は、大学の中で特に資格試験対策の講座があるわけではなく、いわゆるダブルスクールの学生がほとんどであると思われます。では、なぜ、合格者が多いのでしょうか?私が思うには、付属高校からの内部進学者が多いことが一つの理由といえそうです。

内部進学者は、大学以前のややハードな受験を経験する代わりに、最もハードな大学受験を経験せずに進学していますので、受験疲れしていません。なかでも、小学校や中学校の付属校から進学した方々は、高校受験も経験せずに大学まで進学していますので、大学受験や高校受験の代わりに、難関試験に挑戦してみようという考えのもとで抵抗なく公認会計士の試験勉強に入ってくることができるようです。

さらに慶應義塾大学だけではありませんが、内部進学者は高校3年生時の早い段階から、時間的な余裕があるため、大学に進学する前に簿記検定の勉強にすでに入っている生徒も多いでしょう。

しかし、何といっても自分の将来を考える賢い(頭のよさだけではなく)学生が多く、同時に伝統により築かれてきた「よき先輩たちの」姿を、参考として自然と見る環境にあるということが大きいのでしょう。このことは、上述した合格者常連の他大学でも共通していることでしょう。

4.学内で公認会計士対策を行っている大学

ここでは、合格者数上位常連に名前を連ねる大学と、そうではないものの公認会計士試験の受験サポート体制が整っている大学の両者をチェックしていきたいと思います。

(1)合格者数上位常連大学

次に紹介したいのは、大学内で公認会計士試験対策を行っている機関や制度を持った大学です。

中央大学の経理研究所を例にしますと、受講料は一般の予備校等の半額以下で、経理研究所出身のOB公認会計士が現役学生の受験指導を行っています。また、会計や税務のサークルや諸団体も充実しており、やはり伝統の影響が大きいといえるでしょう。このことは公認会計士試験に合格した後も監査法人への就職等にかなり有利に働きます。こちらも、多少の差はあっても常連校にはすべてあてはまることでしょう。

(2)合格者数上位に名前はないもののサポート体制の整っている大学

このように、学内で公認会計士受験をサポートすることに熱心な大学のうち、上述の常連校に名前のない大学を紹介しましょう。その一つに千葉商科大学があります。

この大学では大学内に会計教育研究所という税務・会計の研究・教育機関があり、ここで受験指導を熱心に行っています。年に2回ほど募集を行い、生徒に密着した受験指導を行っています。その結果、落伍者の発生を極力抑えて、公認会計士・税理士試験合格のみに限らず、日商簿記検定1級試験に合格させているようです。わたしの事務所にも現役で税理士試験5科目に合格してきた男子学生がいます。

ここでは、千葉商科大学を例に出しましたが、常連校と比べれば、有名ではなく、小規模な大学でも、学内での受験指導を熱心に行う組織や仕組みを構築している大学は、ぜひともチェックしておいてください。

5.大学名以外にチェックしておくべきこと

受験には直接関係しませんが、大学の教授陣について、事前にチェックし、選択の一要素とされてもいいでしょう。なぜなら、会計・監査あるいは税務関係の権威ある方のもとには必然的にその道で頑張ろうとする学生が集まってきます。ゼミ生15名中、公認会計士試験合格者が12名というゼミもありました。ゼミ生同士が切磋琢磨するため、公認会計士や税理士試験に合格しやすい環境を友人同士で自然に作ってくれます。

6.まとめ

以上、合格しやすい大学として述べてきましたが、公認会計士の業界に限らず、A大学とC大学出身者が多く、B大学出身者が少ない、などの状況は、あくまでも現在の結果です。有名大学よりも、受験サポートに熱心な大学が近道かもしれません。

ある塾講師によれば、同じ東京大学の合格者でもトップとビリでは100点の差があるそうです。つまり、トップとビリの間に他大学の人間が何人居るかを考えればいいのです。大学受験は過程で、本来の目標は公認会計士試験であることを忘れずに。

ということで、最後は、やはり本人のやる気で「念ずれば花開く」の世界かなと思います。最後まで挫けずやり遂げれば朗報は飛び込んでくると信じたいものです。皆様の今後に少しでも参考になれば幸いです。

著者プロフィール
白土 英成(しらと ひでなり)
  • 公認会計士・税理士
  • 税務会計研究学会理事・税理士法人メデイア・エス代表社員、オリエント監査法人代表社員

千葉県市川市にて平成元年公認会計士白土会計事務所開設。税理士登録。平成21年田口安克と税理士法人メデイア・エス設立。

著書
『設例・図で見る役員給与の税務』(中央経済社)2007年

(※amazonの書籍ページに遷移します)

公認会計士の資格と仕事と転職のすべてがわかるノウハウ集

目次

  1. 公認会計士とは?
    1. 公認会計士の基礎知識
      1. 公認会計士とはどんな資格?仕事内容は?
      2. 公認会計士の仕事はつまらない?やりがいはあるの?
      3. 公認会計士に向いている性格、向いていない性格
  2. 公認会計士資格取得に向けて
    1. 公認会計士試験 勉強法
      1. 入口は広いが、出口は狭い?公認会計士試験とは
      2. 公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方
      3. 公認会計士試験に受かりやすい大学とは?
      4. 遅すぎる?社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?
    2. 公認会計士試験合格後
      1. 公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと
      2. CPEってなに?継続的専門研修制度について
      3. 公認会計士が取るべきダブルライセンスは、弁護士?不動産鑑定士?会計士が付加価値を生むには
    3. 会計士試験からの撤退
      1. 公認会計士試験受験から撤退するタイミングの判断について
      2. 公認会計士試験受験をやめた後の具体的な進路について
  3. 公認会計士の働き方と仕事内容とは?
    1. 監査法人
      1. 監査って何?監査法人の役割と具体的な業務内容について
      2. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(前編)(近日公開予定)
      3. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(後編)(近日公開予定)
      4. 監査法人に就職の売手市場は、いつまで続くのか
      5. 監査法人で「デキる新人」として評価されるためにやるべき10のこと(近日公開予定)
      6. 監査業務は激務?4大監査法人と中小監査法人(個人会計事務所)、公認会計士のワークスタイル分析
      7. 監査法人の離職率は、高い?監査法人や辞めたあとに広がる進路について
    2. 企業
      1. 監査法人を選ばない道 組織内会計士の働き方って?
      2. 一般企業で公認会計士にまかされる仕事って何?
    3. 独立開業
      1. ほんとに独立開業して大丈夫!?公認会計士が開業前に知っておくべきポイント解説
    4. 女性の働き方
      1. 会計士の女性は、ママになっても働ける?
        ~女性公認会計士は子育てと両立しながらキャリアアップできるのか~
  4. 公認会計士のスキルアップ
    1. 公認会計士に英語が必要か?
      1. 実はグローバル?監査法人での英語の活用法
  5. 会計士の転職
    1. 会計士の年収(監査法人)
      1. 公認会計士と税理士、業務の違いと年収比較
      2. 会計士は儲かる?【会計士業界動向2018】平均年収から退職金まで(近日公開予定)
    2. 会計士の年収(企業)
      1. 転職先の業界別、年収比較2018(近日公開予定)
    3. 会計士の年収(独立)
      1. 公認会計士の独立開業って儲かるの?収入源と年収のホントのトコ
      2. 公認会計士が独立して事務所経営に失敗しないための開業準備ノウハウ(仕事の受注方法と報酬単価の決定について)(近日公開予定)
  6. 転職ノウハウ
    1. 会計士の転職
      1. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)
      2. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(後編/これからのキャリアを描く)
      3. MBAにUSCPA…転職に必要なプラスアルファの資格は?(近日公開予定)
      4. ワークライフバランス?年収アップ?公認会計士が知っておくべき人生戦略とは
      5. 教えます!監査法人採用のポイントとは?(近日公開予定)
      6. 監査法人からベンチャーCFOへの転身 その転職の成功の秘訣とは?(近日公開予定)
  7. 公認会計士の活躍するフィールドと職種別転職動向
    1. 職種別の転職動向
      1. 経理・財務の転職動向
      2. 会計監査の転職動向
      3. M&A・企業再生の転職動向
      4. 税務・会計コンサルタントの転職動向
      5. 財務・会計コンサルタントの転職動向
    2. 働く場所別の転職動向
      1. 監査法人の転職動向
      2. 税理士法人・会計事務所の転職動向
      3. 会計コンサルティングファームの転職動向
      4. 事業会社の転職動向
  8. 公認会計士 監査法人からのキャリアチャート
  9. 公認会計士の転職における心構え
    1. 求人の選び方
    2. 公認会計士の履歴書・職務経歴書の書き方のポイント
    3. 公認会計士のための面接対策
  10. まとめ

もっと会計士求人をみる 公認会計士 会計士補・試験合格者向け新着求人

  • 経理(決算業務)(スタッフ)
    550万円~860万円
    経理部・国内経理税務グループにて下記業務をお任せいたします。
    ・単体決算業務
    ・税務業務(税金計算、申告書作成、国際税務)

    28名(公認会計士3名、米国公認会計士1名所属)
    ・国内経理・税務グループ 7名
    ・国際税務グループ 3名
    ・出納グループ 5名
    ・連結経理グループ 10名
    ・グローバルERP導入プロジェクト専任 2名

  • 財務・会計コンサルタント(スペシャリスト)
    600万円~1000万円
    公認会計士2名とともに、以下の業務をお願いします

    ・事業再生
     ・再生計画の立案
     ・金融機関との調整

    本業務はコンサルティング業務に留まるだけではなく、業務を通じて新サービス展開のR&D(研究開発)的な役割を果たしています。
    従って、今後業務範囲の拡大などが想定されます。

  • 会計監査(スタッフ)
    500万円~700万円
    ご経験に応じて以下の業務をお任せ致します。
    ・法定監査 ・任意監査 ・コンサルティング業務(IPO、IFRSなど)
    ※コンサルティング志向をお持ちの方を歓迎いたします!
    ※監査法人に属しながら事務所の特徴を活かし、希望によっては税務、コンサル等にも
    従事頂けます!

  • 税務・会計コンサルタント(スタッフ)
    500万円~700万円
    月次巡回・決算作成・申告業務などを中心に、税務会計業務全般をお任せします。
    また、会計を基盤に置いた、経営支援や人材育成支援などへも、
    併せて積極的に取り組んでいただける方を歓迎します。

    ※意欲やスキルに応じて、連結決算、資産税や組織再編、海外税務など、幅広く携わっていただけます
    ※コンサルティング志向の方は大歓迎です!

  • 経理(決算業務)(スタッフ)
    400万円~600万円
    スキルや経験により以下の業務をお任せいたします。
    ・決算業務(月次/年次/連結)
    ・開示業務
    ・有価証券報告書作成
    ・税務申告業務
    ・原価計算
    ・予算管理

  • 税務・会計コンサルタント(スペシャリスト)
    350万円~700万円
    ・決算・申告業務
    ・事業承継、組織再編、民事信託業務
    ・不動産に関するコンサルティング
    ・解散・清算M&A
    ・戦略的タックスプラニング

資格・職種別求人一覧

公認会計士向けお役立ちコラム
2017.11.24
2017.11.16
2017.11.09
2017.10.11
2017.10.03
2017.09.05
2017.08.30
2017.08.01
2017.06.27
2017.06.19
2017.05.22
2017.05.15
2017.04.24
2017.04.17
2017.03.21
2017.03.13
2017.02.20
2017.02.06
2017.01.30
2017.01.05
2016.12.26
2016.11.28
2016.11.21
2016.11.14
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.24
2016.10.17
2016.10.11
2016.09.13
2016.09.06
2016.08.29
2016.08.08
2016.08.01
2016.07.25
2016.07.04
2016.06.27
2016.05.30
2016.05.26
2016.04.28
2016.04.25
2016.04.07
2016.04.04
2016.03.31
2016.03.29
2016.03.24
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.04
2016.02.01
2016.01.28
2016.01.25
2016.01.21
2015.12.21
2015.12.17
2015.12.14
2015.12.10
2015.12.08
2015.11.16
2015.11.12
2015.11.02
2015.10.29
2015.10.05
2015.10.02
2015.09.03
2015.08.27
2015.08.24
2015.08.20
2015.08.18
2015.07.17
2015.07.13
2015.06.01
2015.05.19
2015.04.27
2015.04.15
2015.04.09
2015.04.06
2015.04.02
2015.03.30
2015.03.13
2015.02.23
2015.02.19
2015.02.16
2015.01.29
2015.01.26
2015.01.19
2015.01.16
2014.12.11
2014.12.09
2014.12.04
2014.11.20
2014.11.04
2014.10.27
2014.10.17
2014.07.17
2014.07.07
2014.06.26
2014.06.23
2014.06.20
2014.06.10
2014.05.22
2014.05.19
2014.03.19
無料転職サポートに申し込む
12/20
更新

ベップス? ここ一年で耳にすることが多くなった国際税務…

最新のコラムを読む

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。


転職サポートにお申し込みいただくと、独占求人や非公開求人のご紹介、キャリアプランのご相談や
履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス等のエージェントサービスをご利用いただけます。

無料転職サポートに申し込む
お電話でのご相談・登録面談予約はこちら東京本社
03-4550-6615
関西支社
06-7711-7000
名古屋オフィス
070-6946-1455
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。