会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方

公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方

公認会計士を目指そうと決意した場合、次に必要になるのは「どうやって公認会計士試験に合格するか」ということです。

勉強をするにも、独学、予備校、通信講座など、いくつかの選択肢があります。このなかでは予備校に通って勉強するのが一般的といえますが、いくつかある予備校の特徴までは、知らない方も多いかもしれません。この記事では、おもな予備校の比較をお届けします。

1.そもそも公認会計士試験のための予備校とは?

予備校と聞いてまず思い浮かべるのは、高校や大学受験のための予備校かと思います。公認会計士についてもまったく同じで、公認会計士試験合格を目標に各予備校がそれぞれに趣向を凝らした講座を展開しています。

通っているのは大学生が多い一方、社会人の方も少なからずいらっしゃいます。また、公認会計士試験における予備校、専門学校として有名な学校は下記の5校があげられます。

  • 資格の大原
  • 資格の学校TAC
  • 東京CPA会計学院
  • LEC東京リーガルマインド
  • クレアール

資格の大原は、テレビCMでもおなじみです。資格の学校TACは上場もしていることでも知られ、多くの公認会計士試験合格者を輩出しています。この2校が会計士試験受験においての大手といわれます。

それでは、どの予備校に通うと、公認会計士試験に確実に合格できるのでしょうか?

結論から言うと、「ここに通えば、絶対に合格できる!」という予備校はありません。ただ、それぞれの予備校の特徴を踏まえた上で、うまく利用することができれば合格する確率も間違いなくあがることでしょう。

少しでも読んでいただいている皆さんの参考になるよう、それぞれ特徴を簡単にまとめました。

(1)資格の大原

テレビCMなどの効果もあり、「資格といえば大原」というイメージが浸透していると思います。公認会計士試験においても、毎年多くの合格者を輩出しており、毎年合格者の30~40%の割合が資格の大原の出身者となります。後述する資格の学校TACと合格実績においては、常にライバル関係にあります。近年では、予備校のなかでも最も多くの合格者を輩出しています。

過去5年の合格者数(資格の大原WEBページより)
2017年 482人
2016年 406人
2015年 381人
2014年 389人
2013年 439人

過去も多くの実績を残しており、東京はもちろん地方(函館市、盛岡市、千葉、津田沼、柏、水戸、宇都宮、高崎、甲府、長野、松本、富山など)の様々なエリアに進出しているのも特徴の一つです。また、講師は常勤講師(90%以上)となっており、公認会計士試験受験に特化した受験指導を受けることができ、質問などもしやすい環境となっています。

(2)資格の学校TAC

過去5年間の合格者数(「資格の学校TAC」WEBページより)
2013年 458人
2014年 415人
2015年 372人
2016年 385人
2017年 352人

過去の実績も豊富で、近年も合格者全体の約30~40%を占めています。校舎数も多く、東京はもちろん地方(熊本、高松、岡山などは提携校)にも展開しています。

また、資格の学校TACの特徴の一つとして挙げられるのは、「合格者講師」というシステムになります。公認会計士試験に合格した方が講義をしたり、指導にあたったりすることはもちろん、受験勉強中に生じる様々な悩みや不安に対しても、アドバイスをします。

(3)東京CPA会計学院

資格の学校TACや資格の大原に比べると知名度は高くありませんが、会計分野においては45年以上の指導実績があり、山田淳一郎先生(税理士法人山田アンドパートナーズ)をはじめ会計業界のビッグネームも卒業生に名前を連ねる、会計専門学校の名門です。

公認会計士試験の合格率が非常に高いというのが特徴となっています。通っている生徒に対しての平均合格率が約11%のところ、東京CPA会計学院では約44%の合格率をたたきだしています(「東京CPA会計学院」WEBページより)。

2017年の合格者も過去最高となっているようで、大手の予備校にはない個別サポートを徹底していることの成果でしょうか。

ただ、規模は小さく東京に4校(水道橋校、早稲田校、日吉校、東京本校)と熊本に1校しかないため、通える方は限られてしまうでしょう。

(4)LEC東京リーガルマインド

合格者数などは、WEBページでは非公開のようですが、全国に提携校も含めある程度の校舎数を展開しています。特徴してあげられる点としては、短答合格コースと論文対策講座に分けていることが挙げられます。受講料も他の予備校と比較し、やや安く設定されているので、そのあたりはメリットになると思います。しかし、直近で看板講師が他予備校に移籍などもありました。ただ、その影響については未知数です。

(5)クレアール

合格者数などはWEBページでは非公開のようです。校舎は水道橋にしかなく、基本的にはPCで動画を見ながら勉強をするスタイルとなります(その分、受講料は安いです)。また、クレアールの特徴として挙げられるのが「非常識合格法」です。

「非常識合格法」とは…?
『分厚いテキストを使って、細かい論点まで時間をかけて勉強するという、それまでの公認会計士2次試験の受験勉強法の常識とはまったく正反対の「非常識合格法」を考案し、薄いテキストを使って、細かい論点を捨てる講義方法を展開する。』(WEBページより抜粋)短期間で効率よく合格を目指す方には、よい予備校でしょう。

2.まとめ

主な5校について簡単にまとめを書きましたが、最終的な判断は実際に校舎に行ってみて予備校ごとの雰囲気を感じることでしょう。また、体験授業を受けられるところは実際に受けてみたり、スタッフの方と話してみたりして決めることが重要です。

それぞれの予備校には、コースや授業の受け方などもいろいろな種類がありますので、そのあたりは「いつまでに合格したいか?」と「どのくらい時間を捻出できるか?」次第です。

また、受講料ももちろん大切な要素の一つですが、効果的な学習ができ、公認会計士に合格できればすぐに元が取れるという考え方もできます。そのあたりは「投資」の意識をもって、判断することが必要でしょう。皆さんが自分に合った予備校を選ぶことができ、公認会計士試験に合格することを心からお祈りしています。

著者プロフィール
直井 一浩(なおい かずひろ)
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
  • エージェント

大学卒業後、大手広告系企業にて法人営業を担当。その後、企業と求職者の『出会い』・『きっかけ』に関わりたいという想いで、弊社へ。企業に対しても、求職者に対しても、常に『パートナー』であることを心がけ、スピード感を意識しながら、双方に伴走するスタイルを得意とする。業界は問わず、幅広く対応できるのも強み。

公認会計士の資格と仕事と転職のすべてがわかるノウハウ集

目次

  1. 公認会計士とは?
    1. 公認会計士の基礎知識
      1. 公認会計士とはどんな資格?仕事内容は?
      2. 公認会計士の仕事はつまらない?やりがいはあるの?
      3. 公認会計士に向いている性格、向いていない性格
  2. 公認会計士資格取得に向けて
    1. 公認会計士試験 勉強法
      1. 入口は広いが、出口は狭い?公認会計士試験とは
      2. 公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方
      3. 公認会計士試験に受かりやすい大学とは?
      4. 遅すぎる?社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?
    2. 公認会計士試験合格後
      1. 公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと
      2. CPEってなに?継続的専門研修制度について
      3. 公認会計士が取るべきダブルライセンスは、弁護士?不動産鑑定士?会計士が付加価値を生むには
    3. 会計士試験からの撤退
      1. 公認会計士試験受験から撤退するタイミングの判断について
      2. 公認会計士試験受験をやめた後の具体的な進路について
  3. 公認会計士の働き方と仕事内容とは?
    1. 監査法人
      1. 監査って何?監査法人の役割と具体的な業務内容について
      2. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(前編)
      3. 大手と中小を徹底比較! もう迷わない監査法人の選び方(後編)
      4. 監査法人に就職の売手市場は、いつまで続くのか
      5. 監査法人で「デキる新人」として評価されるためにやるべき10のこと(近日公開予定)
      6. 監査業務は激務?4大監査法人と中小監査法人(個人会計事務所)、公認会計士のワークスタイル分析
      7. 監査法人の離職率は、高い?監査法人や辞めたあとに広がる進路について
    2. 企業
      1. 監査法人を選ばない道 組織内会計士の働き方って?
      2. 一般企業で公認会計士にまかされる仕事って何?
    3. 独立開業
      1. ほんとに独立開業して大丈夫!?公認会計士が開業前に知っておくべきポイント解説
    4. 女性の働き方
      1. 会計士の女性は、ママになっても働ける?
        ~女性公認会計士は子育てと両立しながらキャリアアップできるのか~
  4. 公認会計士のスキルアップ
    1. 公認会計士に英語が必要か?
      1. 実はグローバル?監査法人での英語の活用法
    2. 公認会計士に中国語が必要か?
      1. 公認会計士に中国語は必要?中国語を活かせる仕事は?【会計士と中国語】
  5. 会計士の転職
    1. 会計士の年収(監査法人)
      1. 公認会計士と税理士、業務の違いと年収比較
      2. 会計士業界年収動向 2018【監査法人編】
    2. 会計士の年収(企業)
      1. 転職先の業界別、年収比較2018(近日公開予定)
    3. 会計士の年収(独立)
      1. 公認会計士の独立開業って儲かるの?収入源と年収のホントのトコ
      2. 公認会計士が独立して事務所経営に失敗しないための開業準備ノウハウ(仕事の受注方法と報酬単価の決定について)
  6. 転職ノウハウ
    1. 会計士の転職
      1. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)
      2. 転職しようかな…と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(後編/これからのキャリアを描く)
      3. MBAにUSCPA…転職に必要なプラスアルファの資格は?(近日公開予定)
      4. ワークライフバランス?年収アップ?公認会計士が知っておくべき人生戦略とは
      5. 教えます!監査法人採用のポイントとは?(近日公開予定)
      6. 監査法人からベンチャーCFOへの転身 その転職の成功の秘訣とは?(近日公開予定)
  7. 公認会計士の活躍するフィールドと職種別転職動向
    1. 職種別の転職動向
      1. 経理・財務の転職動向
      2. 会計監査の転職動向
      3. M&A・企業再生の転職動向
      4. 税務・会計コンサルタントの転職動向
      5. 財務・会計コンサルタントの転職動向
    2. 働く場所別の転職動向
      1. 監査法人の転職動向
      2. 税理士法人・会計事務所の転職動向
      3. 会計コンサルティングファームの転職動向
      4. 事業会社の転職動向
  8. 公認会計士 監査法人からのキャリアチャート
  9. 公認会計士の転職における心構え
    1. 求人の選び方
    2. 公認会計士の履歴書・職務経歴書の書き方のポイント
    3. 公認会計士のための面接対策
  10. トレンド・ニュース
    1. 【会計士業界同行2018】会計士って増えてる?減ってる?(近日公開予定)
    2. AIが会計士と税理士の仕事を奪う?!~IT先進国エストニアに行ってみて考えた 会計業界の未来~
    3. 新人会計士が読んでおくべき会計・経営本10冊(近日公開予定)
    4. 【会計士業界同行2018】会計士の就職事情について 監査法人から一般企業まで(近日公開予定)
  11. まとめ

もっと会計士求人をみる 公認会計士 会計士補・試験合格者向け新着求人

  • 経理(決算業務)(マネージャー)
    700万円~1000万円
    財務経理部での経理業務全般を担当して頂きます。
    ・連結決算の経理業務
    ・有価証券報告書、四半期報告書、計算書類等の作成
    ・海外子会社管理
    ・内部統制  
    ・監査法人対応 等

    上記の業務の内、既存メンバーとのバランスや、ご自身のご経験を考慮の上、
    所属、担当業務を決定します。

  • 戦略系コンサルタント(スタッフ)
    450万円~1000万円
    ・ベンチャー企業の成長支援コンサルティング
    ・ベンチャー企業のピッチイベント
    ・ベンチャー企業と大企業のオープンイノベーション事業
    ・自治体から受託しているシードアクセラレーションプログラム企画・運営 他

  • CFO・管理部門長・ファイナンシャルコントローラー(部門長)
    900万円~1200万円
    ・経理・財務
    ・人事・総務
    ・予算実績管理
    ・経営報告
    ・部下マネジメント、その他

  • 英文経理(スタッフ)
    500万円~600万円
    ・回収、売掛債権
    ・支払、貝掛債権
    ・経費精算、経費管理
    ・現金出納
    ・固定資産
    ・決算書作成
    ・在庫管理
    ・仕訳インプット、勘定精査
    ・会計監査対応
    原価管理、工場管理 等
    「管理部構成:コントローラー(男性)、課長(女性)、スタッフ(女性)」

  • 経理(決算業務)(主任)
    500万円~800万円
    ■経営管理部にて経理業務全般に携わって頂きます。
    入社後はまずスタッフが対応する仕訳入力や通常経理業務を対応いただき、順次業務範囲を広げて頂きます。

    【業務内容】
    ・経理の日常業務(資料作成・伝票入力・スタッフが入力した伝票の内容確認、売掛金の入金管理、買掛金・未払金等の支払管理等)
    ・四半期・年度決算業務補助
    ・物品購入手続/リース手続き(社外貸与機器・社内利用機器等)
    ・連結決算業務サポート
    ・税務申告書作成業務のサポート
    ・有価証券報告書その他開示書類の作成業務

  • 経理(決算業務)(スタッフ)
    500万円~700万円
    ・伝票の仕訳入力、売掛買掛金管理などの日常経理業務
    ・月次、年次決算業務
    ・開示資料の作成
    ・予算編成、実績管理、資金繰りなどの財務業務
    ・内部統制強化など管理体制の強化改善

資格・職種別求人一覧

公認会計士向けお役立ちコラム
2017.11.24
2017.11.16
2017.11.09
2017.10.11
2017.10.03
2017.09.05
2017.08.30
2017.08.01
2017.06.27
2017.06.19
2017.05.22
2017.05.15
2017.04.24
2017.04.17
2017.03.21
2017.03.13
2017.02.20
2017.02.06
2017.01.30
2017.01.05
2016.12.26
2016.11.28
2016.11.21
2016.11.14
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.24
2016.10.17
2016.10.11
2016.09.13
2016.09.06
2016.08.29
2016.08.08
2016.08.01
2016.07.25
2016.07.04
2016.06.27
2016.05.30
2016.05.26
2016.04.28
2016.04.25
2016.04.07
2016.04.04
2016.03.31
2016.03.29
2016.03.24
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.04
2016.02.01
2016.01.28
2016.01.25
2016.01.21
2015.12.21
2015.12.17
2015.12.14
2015.12.10
2015.12.08
2015.11.16
2015.11.12
2015.11.02
2015.10.29
2015.10.05
2015.10.02
2015.09.03
2015.08.27
2015.08.24
2015.08.20
2015.08.18
2015.07.17
2015.07.13
2015.06.01
2015.05.19
2015.04.27
2015.04.15
2015.04.09
2015.04.06
2015.04.02
2015.03.30
2015.03.13
2015.02.23
2015.02.19
2015.02.16
2015.01.29
2015.01.26
2015.01.19
2015.01.16
2014.12.11
2014.12.09
2014.12.04
2014.11.20
2014.11.04
2014.10.27
2014.10.17
2014.07.17
2014.07.07
2014.06.26
2014.06.23
2014.06.20
2014.06.10
2014.05.22
2014.05.19
2014.03.19
無料転職サポートに申し込む
12/20
更新

ベップス? ここ一年で耳にすることが多くなった国際税務…

最新のコラムを読む

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。


転職サポートにお申し込みいただくと、独占求人や非公開求人のご紹介、キャリアプランのご相談や
履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス等のエージェントサービスをご利用いただけます。

無料転職サポートに申し込む
お電話でのご相談・登録面談予約はこちら東京本社
03-4550-6615
関西支社
06-7711-7000
名古屋オフィス
070-6946-1455
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。