会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 【転職先別】公認会計士が退職する前に知っておくべきこととキャリアプラン > 転職しようかな・・・と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)

転職しようかな・・・と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)

転職しようかな・・・と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)

監査法人で色々な経験を積んできたけど、そろそろ次のステップに進んでもいいかな・・・

そんな風に考えている方も多いと思います。監査法人で経験したからこそ見えてきた自分の進みたい道が見え始めたのではないでしょうか?この記事では、そんな皆さんに向けて、監査法人からの転職前に知っていただきたいことを厳選してお伝えします!

1.監査法人を辞める前に、「自分のなりたい姿」を振り返ってみよう

(1)なぜ転職したいのか

なぜあなたは監査法人から転職をしたいと考えているのでしょうか。周りが転職をしているから?今の仕事内容や人間関係に不満があるから?今の待遇に不満があるから?

現在、公認会計士は転職市場で大人気です。あなたが転職活動をすればきっと多くの企業から採用オファーをいただけることでしょう。

でも転職はあなたの長い人生において、非常に大きな区切り目になります。わたしは以前、中堅監査法人で採用を担当しており、何百人分もの履歴書を見ました。その中で短期間で転職を繰り返す履歴書を多く見ましたし面接においても、何がしたいのかわからない方に多く会いました。

そもそもわたし自身が最初に勤めた監査法人を勢いに任せて数年で辞めてしまった苦い思い出があるので、皆さんには転職を慎重に考えていただきたいと思います。

(2)自分のなりたい姿とは

まずは転職の前準備として、自分が何をしたいのか、将来どのような姿になりたいのかをしっかりと考えてみましょう。
中には「それがわからないからとりあえず転職します」「天職を探すために転職します」という方もいるのですが、そのような考えでは次の職場でもすぐに同じ悩みにぶつかるのではないでしょうか。

自分のなりたい姿がわからない時は、「自分の得意なこと」、「好きなこと」、「苦手なこと」、「やりたくないこと」、を紙に書き出してみるとよいと思います。また信頼できる先輩や仲間に相談することもよいでしょう。

自分で自分のことは分析しづらいもの。紙に書きだしたり、人に聞いてみたりすることで自分では気づいていない自分のことを発見し、それがキャリア形成に活かせることもあるでしょう。

深く考えずに転職をしてしまう前に、自分自身を振り返り転職への準備ができているのか問いかけてみましょう。

2.自分の「これまで」を棚卸してみよう

(1)棚卸しのやり方

転職を決意したら、次は天職に出会えるよう自分の「これまで」を棚卸してみましょう。

転職にあたっては必ずといっていいほど、「では、あなたのこれまでのキャリアについてお話ください」という質問を投げかけられるでしょう。そこであなたは何と答えるのでしょうか。おどおど話すようですと、転職活動もうまくいかないことでしょう。

まずは「これまで」のあなたのキャリアとして、「現在の監査法人で学んだこと」、「得られた経験」を棚卸してみましょう。

その際にお勧めなのは、やはり紙に自分のこれまでの仕事内容や得た経験を書いてみることです(文末の「監査業務棚卸シート」参照)。

紙に書き出す、という行為は自分自身を客観的に見ることができますし、自分の経験や考えを整理することができます。書き出すことで、改めて「自分の強みや得意なこと」、「自分が成し遂げたいこと」も見えてくると思います。

「監査業務棚卸シート」は以下のリンクからダウンロードできます。

No. キャリア 項目
1 社会人として身に付けたことの確認 ビジネスマナー
PCスキル
コミュニケーションン力
プレゼン力
問題解決力
資格
語学力
2 スタッフとしての監査経験、どのようなクライアントを担当したのか どのような業種のクライアントを担当したか?
若い会社、社歴の長い会社?
上場、上場準備、会社法監査?
株式会社以外の監査の経験は?
外国語を使う監査チームだったのか?
子会社や工場、支店往査、海外出張等は経験したか?
監査チームの規模は?
監査チーム内での評価は?
3 監査業務として 担当科目は?
実査や立会、確認、経営者ディスカッション等は担当したか?
監査計画の立案や監査法人内の審査対応などは担当したか?
インチャージは経験したか、した場合は下記へ
4 インチャージとして どのようなクライアントのインチャージを担当したのか?
どれくらいの監査チームをまとめたのか?
トラブルの回避例や解決した事例
クライアントや監査チームからの評価
5 監査法人内で経験したこと、貢献したこと リクルート活動での貢献
執筆活動での貢献
研修講師での貢献
外部向けセミナーやイベントでの貢献
クライアントの問題解決
クライアントの獲得
監査以外の財務DDやIFRS導入コンサルなどは経験したか?
6 その他の活動 自身で主催、参加しているコミュニティ活動はあるか?

「これまで監査しかしていなかった」、「棚卸するほど経験なんてない」、という方もいますが監査業務の過程でどのような業界の、どのような規模の会社に行き、どのような業務担当し、どのように貢献してきたのか、それは立派なあなたの経験であり業績です。また監査業務以外でもリクルート活動や研修講師、執筆業務などもあなたの立派な実績であり、今後のキャリアを考える上で重要な要素になります。

安易に転職するまえに、監査法人で何を学んだのかをきちんと棚卸をして振り返ってみるとよいでしょう。そうすること、まだまだ今の監査法人でできること、学べること、経験できることが見えてくるかもしれません。

(2)職場環境としての「監査法人」

なお監査法人は本当に恵まれた職場であり簡単に辞めてしまうには勿体ない環境です。

新人の頃から多くの企業を訪問し、監査業務を通じてその会社のビジネスモデルや強み、弱みなど経営を学ぶことができます。企業がどんな管理体制や組織系統図を描けますし。内部統制をどのように構築しているのかを直にみることができ。また、若手の頃からクライアントの役員クラスと仕事をする機会も多いことでしょう。

そして、周りにはベテランの公認会計士の先輩が多数おり、聞けば何でも優しく教えてくれ、イントラネットやデータベースも充実しており、仕事で困ったことがあっても簡単に解決できるインフラが整っています。さらに若手スタッフであれば多少の失敗をしても周りがフォローをしてくれます。勉強や経験を積みながらお給料をもらえる職場といっても過言ではないでしょう。

これが転職してみると、状況が一変します。ベンチャー企業であれば多くのことを一人でしなければなりませんし、頼れる先輩や相談できる仲間がいない場合も多いでしょう。特に小さな会社では経営陣と合う合わないも、大きな問題となり、時にストレスにもなります。

華やかなイメージの戦略系コンサルティング会社や外資系金融の会社へ転職すれば、監査法人での仕事のキャリアはほとんど通用しません。忙しい現場で新人として扱われ、監査法人以上に厳しいハードな職場環境になることも多いようです。

転職後「監査法人はよかった」「やはり自分の強みは監査業務でこそ活かせる」と思う方も意外と多いのです。ですから、安易に監査法人を辞めるのではなく、しっかり自分の成りたい姿やこれまでを棚卸して、まだまだ監査法人で学べることがないか考えてみましょう。

次の後編では、今後の具体的なキャリアの描き方についてご紹介いたします。

公認会計士の求人
執筆者プロフィール
江黒 崇史(えぐろ たかふみ)
  • 公認会計士
  • 江黒公認会計事務所代表/株式会社E-FAS 代表取締役

1999年3月早稲田大学商学部卒業。

2001年公認会計士二次試験合格。

2001年10月から2004年まで監査法人トーマツにおいて製造業、小売業、IT企業を中心に多くの会計監査に従事。

2005年にITベンチャー企業の取締役CFOとして、資本政策、株式公開業務、決算業務、人事業務に従事するとともに、株式上場業務を担当。

2005年より株式会社アーケイディア・グループに入社。会計コンサル業務を中心にグループである税理士法人アーケイディア、清和監査法人の業務も担当。

2014年7月に江黒公認会計士事務所を設立し会計コンサルティング、IPOコンサルティング、M&Aアドバイザリー業務の遂行に努める。

2015年2月に株式会社E-FASを設立、代表取締役に就任しIPOコンサルティングやM&Aアドバイザリー業務に従事している。

またテラ株式会社、株式会社タウ、他複数社の社外役員を務める。

関連サイト
アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

(※外部サイトに遷移します)

この執筆者の他の記事を見る

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

カテゴリー

公認会計士の資格に関するカテゴリーごとにまとめたページです。

よく読まれている記事

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

新着記事一覧

執筆者一覧を見る

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

公認会計士、会計士補・試験合格者向け求人

JIG-SAW株式会社 経営管理本部 経理財務グループ マネージャー 佐藤 晋一

現場で働く会計士の声

JIG-SAW株式会社

ベンチャー企業のスピード感と経理ならではの正確さを武器に、会計という「企業の肝」に携わる。
2009年に大学の商学部会計学科を卒業し、同年11月に公認会計士の資格を取得しました。普通なら新卒で監査法人に就職するところですが、入ったのは法律事務所。知人の弁護士から「独立するので手伝ってくれないか」と…
2018.12.13

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる

公認会計士の転職成功事例

公認会計士の転職成功事例一覧

公認会計士 転職Q&A

公認会計士の転職Q&A

企業特集

会計人の人生観・仕事観を紹介「Accountant's Magazine」最新号

バックナンバー一覧

マンガでわかる 会計士の転職

関連コンテンツ

会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 転職しようかな・・・と思ったら。監査法人を辞める前に知っておきたい「5つ」のこと(前編/キャリアの振り返り)

先月までのご利用人数
会計士3,430

無料キャリア相談をしてみる
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。