新規登録 求人検索
新規登録

株式会社エスネットワークス

CFO領域のプロフェッショナルとして、クライアントと共に企業の課題を紐解く

“常駐型”実務実行支援コンサルティングで、クライアントと共に汗を流し、最適解を創造する!

株式会社エスネットワークス 経営支援事業本部 1部 マネージャー 中村 将崇

株式会社エスネットワークス
経営支援事業本部 1部
マネージャー
中村 将崇

監査法人で一体何が楽しかったのか?――その振り返りから新たな進路が見えた

— これまでのキャリアについて教えてください。

公認会計士という資格を知り、興味を持ったのは高校生の頃。将来、社会に出て勝負するなら、「自分の能力を客観的に証明できる資格を取っておいたほうがいい」と考えたからです。基本は文系人間でしたが、数字は好きで数学も得意だったので、公認会計士資格取得を念頭に、商学部への進路を選択しました。

また、進学した慶應義塾大学は、公認会計士の試験合格者数を非常に多く輩出しており、周囲にも会計士を目指す仲間が多くいました。高校からの内部進学者は、入学前から試験勉強を始めている強者もいて、大いに焦ったりもしたのですが……彼ら勉強仲間から刺激を得ることも多く、大学近くの専門学校で集中して学ぶことができました。

結果、在学中に無事公認会計士試験に合格し、大手監査法人に入所した私は「自分を厳しい状況に置きたい」という思いから国際部を志望します。当時、IFRS導入企業は数社という状況でしたが、今後加速していくことが想定されていましたし、大企業の監査をするには英語のスキルを高めたりしなければと考えたからです。国際部では、幸いにも大規模な監査チームに配属され、実務をとおして高いレベルの監査を学ぶことができました。

順調に、インチャージのポジションも任され、9年間のキャリアを通じて大小様々な規模の監査を20社ほど担当。そろそろ、マネージャー就任を勧められるタイミングが迫ってきました。ただ、私のなかには「せっかく公認会計士の資格を得たのだから、監査法人だけではなく、様々な業界で自分の視野を広げてみたい」という思いもありました。マネジメントの立場ではなく、“求められる現場”でもう少し頑張ってみたい。そんな思いから転職を意識するようになったのです。

— 転職活動と、入社を決めるまでの経緯について教えてください。

当初は事業会社への転職も考えたのですが、選択肢があまりに多すぎて、行きたい企業を絞ることが難しい。どうしようかと考えるなかで、「監査法人で何が一番楽しかったのか?」という観点でこれまでの仕事を振り返ってみました。思い返すと、監査法人では多様な企業に出合うことができ、会計、業務の進め方など企業の様々な姿を知ることができました。私にとって企業との出合いはいつも新鮮で、刺激をたくさんもらっていた――そのことに気づいたのです。

そんな観点で自分が求めている働き方ができそうな場所を調べ、探し当てたのがエスネットワークスでした。常駐型の実務実行支援コンサルティングによってクライアントの課題を解決していくというスタイルは、私がやりたかったことにピタリとはまります。会計の知識をフル活用でき、より課題解決に特化した提案・サービスを提供できる。新たな領域での挑戦は、知識吸収やスキルアップといった自己成長にもつながるはず。そして、ぜひここで働かせてほしいと面接を受け、入社に至ったというわけです。

自分たちがいなくても十分回る環境をつくってプロジェクトは完遂する

— 注力している業務、やりがいについて教えてください。

入社後、初めて一人で携わった業務は教育系企業のコンサルティングでした。税務会計から財務会計への切り替え、管理会計制度の構築、監査対応などです。経理系の仕事が主なので悩むことはなく、クライアントに溶け込こみながら8カ月ほど支援させてもらいました。ミッションとゴールを共有し、スケジュールを切ってステップを一つ一つ踏んでいく。常駐型ならではの仕事に大きな醍醐味を感じました。

その後、経理財務のみならず、人事・総務・ITを含めて管理部門をすべてマネジメントするプロジェクトにも取り組みました。見るべき領域が広範に及んだため、クライアントの社内の様々な部署にヒアリングを重ね、エスネットワークス社内の知見にも頼り、学びながらでしたが、体当たりで管理部門を支え、新部長への引き継ぎまでこなすことができました。私たちが去った後も運用が滞りなく進む、確認の問い合わせなどが入ってこないようパーフェクトに引き継ぐ。そこまでできて、当社の支援は完遂するのです。

— 今後の目標、ビジョンを教えてください。

実務実行型支援を担う経営支援事業本部には、約50名のコンサルタントが在籍しており、本社を拠点とする1部が約30名、大阪・北海道等の2部が約20名の陣容です。クライアント常駐によって経験、ノウハウを得たメンバーがグループ内にナレッジを共有し、個々はそれらを把握しながらよりよい課題解決方法を磨いていく――。そんなエスネットワークスの環境は自己を練磨し、コンサルタントとして伸びていくには最適のフィールドだと実感しています。

税務・会計から管理部門全般に至るまで、私が取り組んだことのない領域はまだまだたくさんあります。自分を伸ばせそうな、興味を惹く支援プロジェクトがあったら積極的に手を挙げ、参画していきたいと考えています。

— 転職活動中、または転職を検討中の方々にアドバイスをお願いします。

コンサルティング業界を志すのであれば、ルーティンを粛々とこなすより、課題解決にガンガン取り組んでいきたいという方が向いていると思います。そのなかでも傾向と対策はあります。たとえば一般的な会計系コンサルティングファームであれば、監査をひと通りこなせるという自信、テクニカルなバックボーンがあれば安心でしょう。一方、エスネットワークスでは、クライアントと共に課題を解決していく常駐型の実務実行支援が特徴ですから、そこにやりがいを感じられる人が向く。ご自分の志向をしっかり把握して、進むべき道を選んでほしいと思います。

転職に際しては悩みがつきもの。私自身も、当初は迷える転職志望者の一人でした。自分に何ができるか、どんな経験を積んできたかをリストアップする棚卸しは必須ですが、もう一つ「現職で自分はどんな仕事が面白いと感じたか」という掘り下げもぜひ。前のめりになることができ、得意を最大限発揮するためのヒントは「面白かった」仕事にあると思うのです。そんな高揚感を思い出しながら、自分が輝けるベストな環境を探してみてください。

PROFILE

中村 将崇Masataka Nakamura

株式会社エスネットワークス / 経営支援事業本部 1部 / マネージャー

株式会社エスネットワークス 経営支援事業本部 1部 マネージャー 中村 将崇
1987年
静岡県生まれ
2008年11月
公認会計士試験合格
2010年3月
慶應義塾大学商学部卒業
2010年4月
有限責任あずさ監査法人入所
2012年10月
公認会計士登録
2019年10月
株式会社エスネットワークス入社

上司の声

株式会社エスネットワークス 経営支援事業本部 ディレクター 熊谷 知範

クライアントと精緻な作品をつくり出す、職人肌のコンサルタント

中村は細部まで仕事を突き詰めていく職人肌のコンサルタントです。彼は「自分の作品を見せるという姿勢で仕事に臨む」と常々言っていますが、まさにそのとおりのアウトプットを見せています。たとえば、彼が作成した財務状況の調査報告書などを見ると、内容、体裁も整っており、非の打ち所がない完成度です。その緻密さは対人コミュニケーションにも発揮されており、確認すべきところに漏れがない。クライアント、そして彼に指導を求めるグループメンバーにも高く評価されています。

彼は大手監査法人の出身ですが、マインドセットもしっかりアジャストして当社で力を発揮しています。これはどういうことかというと、監査に臨む公認会計士は目の前にいるクライアントには批判精神を持って、時に厳しく業務を進めなければなりません。真のお客さまは、目の前にはいない“投資家”だからです。一方、私たちは目の前のクライアントが真のお客さま。批判精神が根本にある仕事が長いと、ギャップを感じてしまうこともあるのです。

監査法人で専門職を極めたいのか、それとも私たちのように専門知識を駆使してお客さまにサービスを提供したいのか――どちらのマインドで臨むかでアジャストの度合いは異なってくるでしょう。高所からのアドバイスではなく、クライアントと共に走り、時には泥臭く実務実行する。そんなエスネットワークスの姿勢にいち早くアジャストした中村は、常駐支援型コンサルのフィールドでのびのびと躍動しています。

株式会社エスネットワークス / 経営支援事業本部 / ディレクター / 熊谷 知範

同僚からの声

株式会社エスネットワークス 経営支援事業本部 マネージャー 伊藤 拓也

管理部門全体に視野を広げ、実務から真摯に知識を吸収している

大手監査法人出身で、エスネットワークス入社がほぼ同じタイミング。さらに同年齢ということもあり、中村とは親しく連絡を取り、情報交換をしてきました。お互いに監査業務には通じていますが、転職したばかりの頃はコンサルティングでどんな動きをするのか、今ひとつ腹に落ちていないところもあった。そんな悩みごとを共有していたこともあり、私にとっては今なお頼もしい存在です。

クライアントの課題はそれぞれであり、それに対する解決、アドバイスも答えは一つではありません。コンサルタントごとに考え方、アプローチはまったく異なるからです。エスネットワークスのコンサルタントは思考・思索を深めていくことが好きで、社内にはナレッジの蓄積、知見の共有に積極的な風土があります。中村は会計・税務に限らず、管理部門全般に視野を広げて実務知識、ノウハウを集積しており、その真摯な姿には敬意を持っています。今後も彼と切磋琢磨しつつ、新たな価値創出の意識を高めていければと思っています。

株式会社エスネットワークス / 経営支援事業本部 / マネージャー / 伊藤 拓也


この求人に 問合せるには、
ご登録 [無料] が必要です

弊社サービスにご登録済の方は、
ログインしてからご利用ください。

新規登録弊社サービスを初めてご利用される方

公認会計士向け求人・現場で働く会計士の声