新規登録 求人検索

初めての株式鑑定評価~公認会計士として、意識しなければならない点とは?【第1回】

写真1

■株式の鑑定評価の本質を見直そう

公認会計士としてご自分の事務所を構えると、監査法人で監査をしていた頃とは異なる業務が色々と増えると思います。

その中の一つに、株式の鑑定評価があるのではないでしょうか。

ここでは、株式の鑑定評価というものについて、基本的な思考からお客様対応に際してのポイント等について、何度かに分けて説明していきたいと思います。

■そもそも、鑑定評価ってなに?

何らかの理由でクライアントから「○○先生、株式の鑑定評価をお願いできますか?」と声をかけてくださることがあるでしょう。

どんな仕事でも「初めてその業務にあたる」最初の一歩があります。

「実は、株式の鑑定評価なんてやってことがない」けれど、「そんなことはお客さんに言うわけにはいかない」という局面に至った時、思い出していただきたいことがあります。

それは、「鑑定評価の本質」です。

つまり、株式でも不動産でも日用品でも、「売り手と買い手が合意すれば、どのような金額で売買しても自由」ということです。

極端な話、借方に現金50万円と土地の時価1億円が計上されていて、負債の額が0円かつ偶発債務もなさそうな非上場企業である会社の全株式を100万円で「売る」ことも法令上は禁止されていません。

ただ、それが世間一般から見て妥当な水準と言えるかは別問題。

仮にその株式を他の投資家等に提示した場合、例えば1億円+50万円で1億50万円と値付けしてもらえる場合が考えられます。なぜなら、世間一般から見た目線であれば、適切な純資産の時価相当額で判断した方が100万円で評価するより合理的だからです。

このように、鑑定評価とは「その財産の世間一般から見て妥当と判断される価格」を決定する行為との点を、ぜひご記憶いただければと思います。

■鑑定評価で求める価格は一定なのか?

公認会計士が初めて株式の鑑定評価を手掛ける時、まず思い出すのは受験生時代に専門学校で学んだ知識でしょう。

ただし、筆者の経験の限りですが、専門学校で教えられたことがない一つの事実があります。
それは「正解が一つだけだった試験の問題とは異なり、鑑定評価額は評価担当者によって結論が異なる」点です。

例えば、不動産でも投資有価証券でもよいですが、いろいろな資産の評価額の中には、その資産それ自体の時価評価額に裁量の余地がある場合も。資産そのもので見解が分かれるので、当然、純資産の評価額も変わるため、株式の鑑定評価にも影響します。

あるいは、株式の鑑定評価の手法にはいくつかのアプローチがあります。当然、アブローチの試算結果として得られる試算価格は異なります。その試算価格のうち、どれを重視するかで結果は異なりますから、株式の鑑定評価の結論も異なるわけです。

ですので、公認会計士が株式の鑑定評価をするときは、「鑑定評価の担当者で結論が異なる」点も意識して業務に対峙することが必要と考えられます。

次回以降は、具体的な手法について説明したいと思います。

執筆者プロフィール

冨田 建(とみた けん)
不動産鑑定士・公認会計士・税理士

42都道府県190以上の市町村で不動産鑑定業務の経験があり著書「弁護士・公認会計士・税理士のための不動産の法令・評価の実務Q&A」や雑誌・税理士会会報等に数回執筆。著書の執筆により平成27年東京都不動産鑑定士協会により表彰。同書籍は重版。平成30年度地価公示鑑定評価員。平成26年以降、公認会計士協会東京会や東京税理士会の税務会計学会等にて公認会計士や税理士向けに不動産知識の講演等を行っている。最近では、ヤフーニュースの記事等にも数回、税理士として一般向けの税の話なども執筆。平成29年の公認会計士協会東京会第四回音楽祭で自作曲「ふどうさんのうた」で優勝。
平成30年度地価公示鑑定評価員、公認会計士世田谷会幹事・世田谷区区営住宅指定管理者選定委員会委員、公認会計士協会東京会税務第二委員会委員
また、仲間の公認会計士・弁護士たちと東京法律会計士業交流会の運営をしておりCPE研修等の勉強会を定期的に共同開催している。

著書

弁護士・公認会計士・税理士のための 不動産の法令・評価の実務Q&A(税務経理協会、2014)
(※amazonの書籍ページに遷移します)

関連サイト

冨田会計・不動産鑑定株式会社
(※外部サイトに遷移します)

現場で働く会計士の声

現場で働く会計士の声 一覧

10問の質問に回答するだけで、
性格タイプやキャリア志向が明らかに!

診断をはじめる(無料)

新着記事一覧

執筆者一覧を見る

特集記事

公認会計士の資格に関するカテゴリーごとにまとめたページです。

会計人の人生観・仕事観を紹介「Accountant's Magazine」最新号

「Accountant's Magazine」は、著名な会計プロフェッションにスポットをあて、その人生観・仕事観を紹介。会計・経理分野に従事する人と仕事の将来像を提示する、読者と共に考えるヒューマンドキュメント誌です。今なら新規登録していただくと、「Accountant's Magazine」(WEB版)の全記事を無料で閲覧することができます。

新規登録をしてWEBマガジンを読む(無料)

公認会計士に会える

PARTNERS
学生インターン募集

10問の質問に回答するだけで、
性格タイプやキャリア志向が明らかに!

診断をはじめる(無料)

公認会計士、会計士補・試験合格者向け新着求人

公認会計士の求人一覧

公認会計士の転職成功事例

公認会計士の転職成功事例一覧

公認会計士 転職Q&A

公認会計士の転職Q&A

10問の質問に回答するだけで、
性格タイプやキャリア志向が明らかに!

診断をはじめる(無料)

企業特集

マンガでわかる 会計士の転職

関連コンテンツ