会計・経理職の転職専門エージェント > 公認会計士の転職 > 公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと

公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと

世間で公認会計士になるための国家試験と呼ばれている、「短答式試験(12月と5月に実施)」、「論文式試験(8月に実施)」に合格しても、実は公認会計士になれません。この論文式試験に合格した場合には「公認会計士試験合格者」になるだけなのです。

公認会計士試験合格者となった後には①実務経験(2年間)②補習所通学(基本3年間)③修了考査合格の3つの要件を満たす必要があります。

この記事では、論文式試験に合格後、晴れて公認会計士になるまでの過程をご紹介いたします。

1.まずやるべきは、実は就職活動

まずは、公認会計士登録の要件を満たすための「実務経験」を積むことが必要となります。
ここではその「実務経験」の要件を満たすために必要な実務の内容と、実務経験を積むための就職活動について説明します。

(1)会計士登録条件としての「実務経験」

2年間の実務経験を積むためには、大きく分けて2つの方法が存在します。それが「業務補助」もしくは「実務従事」です。

両者の説明を簡単に解説しますと、前者の「業務補助」が公認会計士又は監査法人の監査証明業務に携わり、その補助の役割を果たすことです。また後者の「実務従事」については事業会社等に常勤として勤務しておりかつ、法令で定められた業務(公認会計士法施工令第2条に規定される業務)を行っていたかどうかを個別に判断されることになります。

(2)会計士試験合格者の就職活動

会計士試験合格者の多くは、監査法人に就職します。その中でも大手監査法人へ就職する割合は8割以上といわれています(わたしが合格した平成24年度の合格者数が約1,300人のうち大手監査法人に就職した人数は900人以上でした)。

なぜ大手なのか、一般的にいわれています大きな特長としては2点あります。
1点目は誰しもが知っている上場会社のクライアントを多く持っているため、最先端の監査経験を積めることです。2点目は海外の会計事務所と提携しているため、将来のグローバルな活躍も視野にいれられることです。

ただし一概に大手監査法人がよい、中小監査法人が悪いとはいえません。わたしの私見では「専門性に特化したい」「監査したい企業がある」「将来はグローバルに活躍したい」という展望がある場合には大手監査法人を、「監査だけではなくM&Aやコンサルティングなど幅広い業務を経験したい」「事務所のマネジメント側に早く携わりたい」という展望がある場合には中小監査法人をお勧めします。

2.実務補習制度とは?

先に挙げた公認会計士になるための要件の1つである「補習所通学」(公認会計士試験合格後に行う座学の実務補習制度)について説明します。

(1)実務補習の内容

一人前の公認会計士となるために必要な技能を習得する「実務補習」(座学研修)は、平日の夜もしくは土日に実施されます。実務補習の内容は大きく分けて「監査」「会計」「税務」「経営・IT」「法規・職業倫理」の5つに分類され3年間に渡って研修を受講します。また研修を受講し3年間で10回の考査と6回の課題研究提出で一定水準の点数を取ることが要求されます。

なお、公認会計士試験合格前に実務要件を満たしている方々については、実務補習の期間短縮(最短1年)を実施することも可能です。

(2)実務補習はどこで受けられる?

実務補習は東京、東海、近畿、九州の4つの実務補習所に分けられ、各補習所の指定の場所(東京実務補習所の場合は主に市ヶ谷にある公認会計士会館)で受けることになります。

3.修了考査とは?

2年間の実務経験と3年間の実務補習制度を経たあとに、最後の関門として待ち受けているのが修了考査試験です。ここでは修了考査について説明します。

(1)修了考査はどんな試験なの?合格率は?

修了考査の内容は、実務補習で勉強する内容の「監査」「会計」「税務」「経営・IT」「法規・職業倫理」の5つの科目を2日間に渡って受験する試験です。2日間で合計12時間と論文式試験と同じくらいのハードな日程となります。

なお、合格率は論文式試験が約35%に対して、その倍の約70%あります。比較的合格しやすい試験となっております。

(2)試験はいつ行われる?いつ勉強を始めるべき?

現在の修了考査試験は、12月の第2週目の土日に実施されます。

監査法人にお勤めの方ですと試験休暇が10日間与えられ、有給休暇と併せて3~4週間ほど試験勉強期間を設ける方が多いです。ただ監査クライアントの決算期によっては全く休みを取れない方もいらっしゃいます。

なお勉強開始のタイミングは人によりますが、早い方ですと修了考査試験を受ける1年以上前から、遅い方ですと試験の1週間前からという方もいらっしゃいます。

(3)修了考査に落ちたらどうなる?

修了考査試験の合格率は、上記で述べたように約70%です。逆にいうと約30%の方々は、不合格となる試験です。不合格となった場合にどうなるかというと「1年間悔しい思いをする」だけで、実務上はそんなに困ることはないといわれています。ただ、監査法人にお勤めの方で公認会計士の資格が無いと主査を担えないという可能性や、税理士登録をして独立開業するための期間が長引くという可能性はあります。

なお、公認会計士試験の短答式試験とは異なり、2年間の免除期間が設けられる訳ではありません。そのため不合格後も何回でも受験可能です。私の知り合いには苦節8年目にして合格された方もいらっしゃいました。

4.会計士登録について

公認会計士試験合格後、2年間の実務経験と3年間の実務補習制度を経て、修了考査にも無事合格したあとにしなければならないのが公認会計士登録です。ここでは公認会計士登録のメリット・デメリットや登録手続きの詳細について説明します。

(1)会計士登録のメリット・デメリット

公認会計士登録のメリットの1番は「監査報告書にサインをできること」です。それ以外には、公認会計士として独立もしくは監査法人である程度の年次を経たあと、クライアント獲得のための営業をする時に初めて感じるものだと認識しています。

なお、監査法人で働いている限りでは、修了考査合格後すぐには公認会計士登録することのメリットはあまり感じられません。個人的な意見としては、名刺に「公認会計士」と記載されることが嬉しいことくらいだと思います。

ただ、逆に公認会計士登録をするデメリットはないと思います。世間的にもステータスの高い資格であることは周知の事実ですし、将来のキャリアパスや業務の幅も拡がりやすいと思います。

(2)会計士登録に必要な書類

公認会計士登録に必要な書類は、19種類あります(詳細は下記、日本公認会計士協会WEBの3ページ目を参照、https://www.hp.jicpa.or.jp/app_kaigyo/kaigyo_tebiki.pdf)。

その書類の中でも大きく2つに分けられます。1つは自らが区役所や市役所に足を運んで入手する「戸籍謄本」や「住民票」です。もう1つは金融庁や法務局、監査法人に書類作成を依頼して入手する「業務補助等の報告書受理番号通知書の写し」「登記されていないことの証明書」「勤務証明書」です。

各書類によって有効期限が異なり、特に金融庁から入手する「業務補助等の報告書受理番号通知書の写し」は申請してから1~2カ月ほどかかるので要注意です。

(3)会計士登録の手続きの流れ

上記書類を入手したら、日本公認会計士協会に提出し、各月の登録審査会開催日での審査会で書類が問題なく受理されると、晴れて公認会計士登録が完了となります。書類入手から登録完了までの期間は3~6カ月くらいといわれています。

5.まとめ

公認会計士になるためには公認会計士試験の合格のみならず、2年間の実務経験と3年間の補習所通学、修了考査合格が必要となります。さらに、上記を証明するための必要書類を整え日本公認会計士協会に登録申請をして初めて公認会計士として認められるという長いプロセスが必要です。公認会計士は知識だけではなく、実際の業務や知識の研鑽にも重点が置かれていることの表れだと思います。公認会計士になるための道のりは決して簡単ではありませんが、知識や能力の将来性及び社会的貢献度は高い資格であり、今後も活躍の場は多岐に渡るでしょう。


著者プロフィール
R.H

2012年に公認会計士試験に合格。大手監査法人で金融部門に所属し、都市銀行・地方銀行をメインに金融機関の法定監査に従事。また同時に地方銀行の統合プロジェクトや、メガバンクの内部統制のコンサルティング業務も経験。

2017年より外資系金融機関に転職。会計・税務の知識や金融機関での経験を活かした、お客様目線に立った専門性の高い提案を行っている。

公認会計士の資格と仕事と転職のすべてがわかるノウハウ集

目次

  1. 公認会計士とは?
    1. 公認会計士の基礎知識
      1. 公認会計士とはどんな資格?仕事内容は?
      2. 公認会計士の仕事はつまらない?やりがいはあるの?
      3. 公認会計士に向いている性格、向いていない性格
  2. 公認会計士資格取得に向けて
    1. 公認会計士試験 勉強法
      1. 入口は広いが、出口は狭い?公認会計士試験とは
      2. 公認会計士試験合格のための予備校(専門学校)の選び方
      3. 公認会計士試験に受かりやすい大学とは?
      4. 遅すぎる?社会人で公認会計士を目指しても大丈夫?
    2. 公認会計士試験合格後
      1. 公認会計士試験論文式合格後、会計士登録までに必要な3つのこと
      2. CPEってなに?継続的専門研修制度について
      3. 公認会計士が取るべきダブルライセンスは、弁護士?不動産鑑定士?
  3. 公認会計士の働き方と仕事内容とは?
    1. 監査法人
      1. 監査って何?監査法人の役割と具体的な業務内容について
      2. 徹底比較!もう迷わない監査法人の選び方(近日公開予定)
      3. 監査法人に就職の売手市場は、いつまで続くのか
      4. 監査法人で「デキる新人」として評価されるためにやるべき10のこと(近日公開予定)
      5. 監査業務は激務?4大監査法人と中小監査法人(個人会計事務所)、公認会計士のワークスタイル分析
      6. 監査法人の離職率は、高い?監査法人や辞めたあとに広がる進路について
    2. 企業
      1. 監査法人を選ばない道 組織内会計士の働き方って?
      2. 一般企業で公認会計士にまかされる仕事って何?
    3. 独立開業
      1. 監査法人からの独立!開業して変わることと変わらないこと
  4. 公認会計士のスキルアップ
    1. 公認会計士に英語が必要か?
      1. 実はグローバル?監査法人での英語の活用法
  5. 公認会計士の転職動向
  6. 公認会計士の活躍するフィールドと職種別転職動向
    1. 職種別の転職動向
      1. 経理・財務の転職動向
      2. 会計監査の転職動向
      3. M&A・企業再生の転職動向
      4. 税務・会計コンサルタントの転職動向
      5. 財務・会計コンサルタントの転職動向
    2. 働く場所別の転職動向
      1. 監査法人の転職動向
      2. 税理士法人・会計事務所の転職動向
      3. 会計コンサルティングファームの転職動向
      4. 事業会社の転職動向
  7. 公認会計士 監査法人からのキャリアチャート
  8. 公認会計士の転職における心構え
    1. 求人の選び方
    2. 公認会計士の履歴書・職務経歴書の書き方のポイント
    3. 公認会計士のための面接対策
  9. まとめ

もっと会計士求人をみる 公認会計士 会計士補・試験合格者向け新着求人

  • 会計監査(スペシャリスト)
    550万円~1000万円
    ①法定監査(金商法・会社法等)
    ②株式上場支援業務
    ③海外向け財務諸表監査
    ④財務調査、その他の任意監査
    ⑤IFRSに関する監査、導入支援業務

  • 経理(決算業務)(マネージャー)
    700万円~900万円
    日々の会計処理、証憑整理、月次・年次決算業務
    管理会計、財務、開示関連、監査対応
    IPO準備、新規事業関連全般

  • 経営企画(スタッフ)
    400万円~700万円
    ・経営会議等の準備、運営、議事録作成等
    ・IPO準備
    ・新規事業関連全般

    ※ 現状、上長含め、2名体制で、1名増員を図ります。

  • 経理(決算業務)(マネージャー)
    700万円~900万円
    ・決算業務(単体決算、連結決算)
    ・月次、年次決算
    ・会計監査対応
    ・税務対応業務
    ・契約書レビュー
    ・株主総会等の運営
    ・投資家対応(財務報告、質問対応等)

  • M&A・企業再生(スペシャリスト)
    800万円~1300万円
    ・財務デューディリジェンス
    ・バリュエーション(株価算定)
    ・事業計画策定(再生計画含む)
    ・M&A支援実務および企業再生支援実務
    ・パワーポイントによるこれら報告書の作成
    業務内容としては、多様なコンサルティング業務が中心になります。
    例えば、M&Aの交渉過程をサポートするために、法務・財務・税務・ビジネス面も含めたアドバイスを行ったり、事業やプロジェクトの立ち上げをクライアントのチームの一員としてサポートしたり、企業再生支援を行ったり、会計不祥事等の調査委員会の事務局を務めたり、と単なる会計士業務を超えた総合コンサルティングを行っています。
    勿論、通常の会計士業務として財務DDやバリュエーション、事業計画策定・検証も行います。
    ●当事務所の場合、プロフェッショナル(弁護士、会計士、税理士、弁理士、司法書士)は、委任契約となります。
    ●クライアントのあらゆるニーズに当事務所内で完結できるように、各プロフェッショルが連携して業務を行っていきます。
    ●事務所の案件をしっかり対応しながら、個人でも案件開拓する(自分のクライアントを持つ)ことを目標とされる方にジョインしてほしいと考えております。ただし、案件受任についてはコンフリクト等を回避するため許可制としています。
    -------------------------------
    ●M&Aにおける財務デューディリジェンス業務を始めとして、在籍するプロフェッショナル(公認会計士:4名、30歳台後半~40歳台前半3名)と連携し、サポートして頂く予定です。
    ●クライアントは、一般事業会社から銀行、投資銀行等の金融機関まで

  • 人事コンサルタント(スペシャリスト)
    500万円~1500万円
    コンサルティングのPeople & Changeチームは、より高度化・複雑化する人事マネジメント上の課題に対して、以下の領域に対応できるコンサルタントを募集しています。

    ・Talent Management
     報酬・評価制度、人材開発、タレントマネジメント、役員報酬制度、人事DD・PMI 等
    ・Workforce Intelligence /Organizational Design
     要員計画、要員適正化、組織設計 等
    ・Behavioral Change Management
     組織風土改革、意識・行動変革 等

資格・職種別求人一覧

公認会計士向けお役立ちコラム
2017.11.24
2017.11.16
2017.11.09
2017.10.11
2017.10.03
2017.09.05
2017.08.30
2017.08.01
2017.06.27
2017.06.19
2017.05.22
2017.05.15
2017.04.24
2017.04.17
2017.03.21
2017.03.13
2017.02.20
2017.02.06
2017.01.30
2017.01.05
2016.12.26
2016.11.28
2016.11.21
2016.11.14
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.24
2016.10.17
2016.10.11
2016.09.13
2016.09.06
2016.08.29
2016.08.08
2016.08.01
2016.07.25
2016.07.04
2016.06.27
2016.05.30
2016.05.26
2016.04.28
2016.04.25
2016.04.07
2016.04.04
2016.03.31
2016.03.29
2016.03.24
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.04
2016.02.01
2016.01.28
2016.01.25
2016.01.21
2015.12.21
2015.12.17
2015.12.14
2015.12.10
2015.12.08
2015.11.16
2015.11.12
2015.11.02
2015.10.29
2015.10.05
2015.10.02
2015.09.03
2015.08.27
2015.08.24
2015.08.20
2015.08.18
2015.07.17
2015.07.13
2015.06.01
2015.05.19
2015.04.27
2015.04.15
2015.04.09
2015.04.06
2015.04.02
2015.03.30
2015.03.13
2015.02.23
2015.02.19
2015.02.16
2015.01.29
2015.01.26
2015.01.19
2015.01.16
2014.12.11
2014.12.09
2014.12.04
2014.11.20
2014.11.04
2014.10.27
2014.10.17
2014.07.17
2014.07.07
2014.06.26
2014.06.23
2014.06.20
2014.06.10
2014.05.22
2014.05.19
2014.03.19
無料転職サポートに申し込む
12/20
更新

ベップス? ここ一年で耳にすることが多くなった国際税務…

最新のコラムを読む

新着求人

経理・財務/監査・会計・税務

  • 管理会計(スペシャリスト) 経理、管理会計に未経験からチャレンジできるジュニアスタッフ募集。 年収300万円~450万円
  • 経理(日常業務)(スタッフ) 【交通費一部負担!未経験応募可能!自転車通勤&バイク通勤可!】帳簿作成や会員の方のサポートなど 年収300万円~万円
  • 経理(スタッフ)(スタッフ) 残業時間が短く、退職金制度が完備されている会社で長く働きたい方【必見】 ※ご希望の方には、英語を学ぶ講座を受講することが出来ます。 年収350万円~420万円
  • 経理(日常業務)(スタッフ) 会計アウトソーシング会社(正社員候補・フレックス可・6-7月スタート) 年収330万円~450万円
  • 会計監査(スペシャリスト) 世界100カ国以上に展開するグローバル会計ファームの日本法人にて、会計監査業務の募集です。 年収550万円~1000万円

公認会計士/会計士補・試験合格/税理士/USCPA

  • 税務・会計コンサルタント 中小企業から一部上場企業まで幅広くクライアントを抱える税理士法人の”つくばオフィス”での税務会計スペシャリストの募集です。 年収400万円~650万円
  • 経営企画 経営企画(IPO準備含む)/大手金融グループ ※未経験可 年収400万円~700万円
  • 経理(決算業務) IoT業界で成長企業での経理マネージャー候補の募集です!自ら組織を作っていきたい方は必見です! 年収700万円~900万円
  • 経理(決算業務) 【退職金完備】国内大手教育企業における経理募集 年収600万円~800万円
  • 人事コンサルタント Big4系コンサルティングファームで活躍ください。 年収500万円~1500万円

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。


転職サポートにお申し込みいただくと、独占求人や非公開求人のご紹介、キャリアプランのご相談や
履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス等のエージェントサービスをご利用いただけます。

無料転職サポートに申し込む
お電話でのご相談・登録面談予約はこちら東京本社
03-4550-6615
関西支社
06-7711-7000
名古屋オフィス
070-6946-1455
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。