会計・経理職の転職専門エージェント > コラム > 会計 ニュース・スキル・トレンド > 会計士が官民連携の橋渡し 公的事業アドバイザリーとは

会計士が官民連携の橋渡し 公的事業アドバイザリーとは

2016年7月25日

会計士が官民連携の橋渡し 公的事業アドバイザリーとは近年、国や自治体による公的事業の運営に民間の知見を取り入れる官民パートナーシップの導入が進んでいます。そして、監査法人系のコンサルティングファームを中心に、官民連携に関連したアドバイザリーを行う企業が増えています。コンサルティングにおける業務内容や必要な知識等を考えてみましょう。


政策上注目度高まる官民連携

官民連携における重要な概念にPPP、PFIがあります。PPP(Public Private Partnership)は官民連携の事業全体を指す概念で、後述のPFIのほか、指定管理者制度、市場化テスト等を指します。PFI(Private Finance Initiative)は、インフラ系の公共事業をはじめ、公的施設の管理運営を民間主導で行う手法のことを指します。

安倍政権の経済政策の骨子を示す「日本再興戦略」の中で、施策の一つとして「公共施設等のPPP/PFIの活用拡大」が取り上げられ、官民連携事業への注目度がさらに高まっています。コンサルティングファームでは、PPP/PFIを取り入れようと考える省庁や地方自治体、政府系法人にアドバイザリー業務を提供する動きが盛んになっています。

プロジェクトごとの財務モデル作成

コンサルティングで行われるのは、公的プロジェクトを実施する際に、効率性や採算性の視点から戦略立案を行うこと。公的な事業の特徴として、公的資金を原資とする予算の存在があります。市場調査とともに事業内容の検討を行い、その事業が適正に運営ができるか否かを計算し、民間活用の方法等をアドバイスします。

必要となるのは、いわゆるプロジェクト・ファイナンスの手法です。企業財務(コーポレート・ファイナンス)のように、企業全体の財務状況、他事業との関係によって資金調達の在り方が決まるのではなく、そのプロジェクトのみを独立して財務分析を行い、キャシュフローを生み出すかといったモデリングを行う必要があります。

スケールの大きい業務が魅力

PPP等に携わる人材に求められるスキルとして、上記のプロジェクト・ファイナンスの知見のほか、官民連携に関する法律、制度の知識があります。コンサルタントとして、金融機関の出身者、行政、公的機関の経験者などが活躍しており、ファイナンスの専門家である会計士も重要な役割を果たしています。

活躍の舞台は日本だけではありません。日本の監査法人系コンサルティングファームが、新興国のビッグプロジェクトにかかわる例も増えています。国内外の国家事業にかかわることができるため、やりがいは非常に大きなものとなるでしょう。採算性や効率性、そして公益性を含めた大きな視野で事業をみることができる官民連携アドバイザリーは、会計士のキャリア形成としても、独自のものを築き上げることができる分野といえるでしょう。

公認会計士の資格を活かせる求人はこちら >>

会計ニュース・スキル・トレンドの新着記事
2017.11.24
2017.11.16
2017.11.09
2017.10.11
2017.10.03
2017.09.05
2017.08.30
2017.08.01
2017.06.27
2017.06.19
2017.05.22
2017.05.15
2017.04.24
2017.04.17
2017.03.21
2017.03.13
2017.02.20
2017.02.06
2017.01.30
2017.01.05
2016.12.26
2016.11.28
2016.11.21
2016.11.14
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.31
2016.10.24
2016.10.17
2016.10.11
2016.09.13
2016.09.06
2016.08.29
2016.08.08
2016.08.01
2016.07.25
2016.07.04
2016.06.27
2016.05.30
2016.05.26
2016.04.28
2016.04.25
2016.04.07
2016.04.04
2016.03.31
2016.03.29
2016.03.24
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.04
2016.02.01
2016.01.28
2016.01.25
2016.01.21
2015.12.21
2015.12.17
2015.12.14
2015.12.10
2015.12.08
2015.11.16
2015.11.12
2015.11.02
2015.10.29
2015.10.05
2015.10.02
2015.09.03
2015.08.27
2015.08.24
2015.08.20
2015.08.18
2015.07.17
2015.07.13
2015.06.01
2015.05.19
2015.04.27
2015.04.15
2015.04.09
2015.04.06
2015.04.02
2015.03.30
2015.03.13
2015.02.23
2015.02.19
2015.02.16
2015.01.29
2015.01.26
2015.01.19
2015.01.16
2014.12.11
2014.12.09
2014.12.04
2014.11.20
2014.11.04
2014.10.27
2014.10.17
2014.07.17
2014.07.07
2014.06.26
2014.06.23
2014.06.20
2014.06.10
2014.05.22
2014.05.19
2014.03.19

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二

 

会計、税理、経理・財務分野の転職に強いジャスネットキャリア。プロのエージェントが転職を無料でサポート致します。
経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

無料転職サポートに申し込む

ジャスネットの強み

【閲覧無料】会計プロフェッションのヒューマンドキュメント誌「アカウンタンツマガジン」

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。