新規登録 求人検索

「う」から始まる経理用語

  • 売上計上基準(うりあげけいじょうきじゅん)

    売上高を認識する基準のこと。

  • 売上高(うりあげだか)

    会社の本業によって稼いだ収益のこと。

  • 売上値引(うりあげねびき)

    商品等の量目不足、品質不良、破損等の理由により、売上代金から控除されるものをいう。

  • 売上返品(うりあげへんぴん)

    商品等の販売後に、注文が取消され、商品等が返送されるものいう。

  • 売上割引(うりあげわりびき)

    売上代金支払期日前の支払に対する売掛金の一部減額をいう。

  • 売上割戻(うりあげわりもどし)

    一定期間に大量に商品等を購入してもらった得意先に対して売上代金の一部を戻すことで、一般的にはリベートと呼ばれている。

  • 売掛金(うりかけきん)

    得意先との通常の取引によって生じた営業上の未収入金をいう。

  • 売掛金元帳(うりかけきんもとちょう)

    得意先の数が多い場合、その管理のために得意先ごとに口座を設けて、発生・回収を記録整理する帳簿(補助元帳)をいう。

  • 売上げに係る対価の返還等に係る消費税額(うりあげにかかるたいかのへんかんとうにかかるしょうひぜいがく)

    商品販売をした事業者がその取引を行った後に、売上値引きをしたり、売上割戻金や販売奨励金を支払ったり、売り上げた商品について返品を受けたりしたことにより売掛金の減額等を行った場合、これらの金額に対応する消費税額のことを売上げに係る対価の返還等に係る消費税額という。

  • 受取手形(うけとりてがた)

    売上などの代金として現金の代わりに受け取る手形のこと。

  • 受取手形期日別管理台帳(うけとりてがたきじつべつかんりだいちょう)

    受取手形の満期日ごとに並べられた管理表のこと。

  • 受取手形台帳(うけとりてがただいちょう)

    手形を受け取ったときに記入する補助簿のこと。

  • 受取手形の更改(うけとりてがたのこうかい)

    手形のジャンプともいう。

  • 裏書(うらがき)

    受取手形は満期日に手形債務者から手形代金を受け取るのが建前であるが、満期日前に、その手形の裏面に必要事項を記入、署名捺印し、手形を他人に譲渡することがきる。

  • 売上高営業利益率(うりあげだかえいぎょうりえきりつ)

    売上高のうち営業利益の占める割合をいう。

  • 売上高利益率(うりあげだかりえきりつ)

    売上高のうち利益の占める割合をいい、この値が高いほど収益率が高いことを意味する。

  • 受渡決済(うけわたしけっさい)

    約束の日に実際に対象商品と代金の受け渡しを行う決済方法のこと。

  • 売上債権回転期間(うりあげさいけんかいてんきかん)

    商品を販売してから売上債権(売掛金・受取手形)を回収するまでにかかる期間を月数または日数で示した指標。

  • 売上債権回転率(うりあげさいけんかいてんりつ)

    通常の営業取引から生じた売上債権(売掛金・受取手形)がどの程度滞留しているかをみるための指標。

  • 運転資金(資本)(うんてんしきん(しほん))

    企業等が日々事業運営を行っていく中で必要な資金のことで、概ね、次の算式で計算される。

  • ウォーターフォール(うぉーたーふぉーる)

    資産流動化において、契約上、特別目的会社(SPC)等からのオペレーションコストの支払、キャッシュの分配につき順序の定めがあり、一定の準備金を確保した上で、トリガー事由に該当しなければ最終的にエクイティ投資家に分配可能とさせている。

「経理の用語集」トップに戻る

*本文の内容は、『「経理・財務」用語事典』(税務経理協会・刊)と同一となっております。
図表は、ジャスネットコミュニケーションズにて作成しております。

年収診断 年収診断