新規登録 求人検索

12. 中長期計画管理

  • アウトソーシング(あうとそーしんぐ)

    内製化していた生産工程をより優れた生産能力を有する外部事業者に外注することをいう。

  • ROI(あーるおーあい)

    ☞28.資金管理
  • ROE(あーるおーいー)

    ☞21.有価証券管理
  • EVA(いーぶいえー)

    経済的付加価値をいう。

  • ABC分析(えーびーしーぶんせき)

    アクティビティ分析ともいわれている。

  • 営業力分析(えいぎょうりょくぶんせき)

    自社の売上高の推移を予測、販売施策を立案するために、自社の営業活動や広告・販売促進活動、顧客の分析を行うこと。

  • 外部環境分析(がいぶかんきょうぶんせき)

    企業を取り巻く外部の環境に焦点をあてて、競争を優位に進めるための戦略分析を行うこと。

  • 技術力分析(ぎじゅつりょくぶんせき)

    効果的、効率的な研究開発投資を検討することを目的として、自社の保有する技術の優位性と自社にとっての当該技術の重要度を分析し評価すること。

  • 競合環境分析(きょうごうかんきょうぶんせき)

    市場における競合他社と自社のポジションを調査、分析する手法のこと。

  • 限界利益率(げんかいりえきりつ)

    限界利益を売上高で除した比率のこと。

  • 事業環境分析(じぎょうかんきょうぶんせき)

    事業構造に着目し、利益の源泉や阻害要因を特定する分析手法のこと。

  • 市場環境分析(しじょうかんきょうぶんせき)

    市場に影響を与える要素を分析して、市場規模や変化を調査、分析する手法のこと。

  • SWOT分析(すうぉっとぶんせき)

    競合他社に対する自社の優劣を軸に検討する方法のこと。

  • 生産力分析(せいさんりょくぶんせき)

    自社の生産力の最適化に向けた施策を立案、実施するために、自社の生産能力や生産性、さらには自社の保有する技術力を分析することをいう。

  • 製品分析(せいひんぶんせき)

    自社製品の売上高や利益率を分析し、各製品の製品ライフサイクル上のポジションを把握するための分析手法のこと。

  • 製品ライフサイクル(せいひんらいふさいくる)

    市場に製品を投入すると、次のステージを経ながら製品の売上が変化していくこと。

  • ダイバーシティマネジメント(だいばーしてぃまねじめんと)

    年齢や性別、国籍といった個人の属性の違いに関係なく、人材の多様性を競争力の源泉とする経営手法のこと。

  • 中長期計画(ちゅうちょうきけいかく)

    3〜10年程度の自社における目標的、指標的性格を持った戦略プログラムのこと。

  • 内部環境分析(ないぶかんきょうぶんせき)

    企業を取り巻く内部の環境に焦点をあてて、競争を優位に進めるための戦略分析を行うこと。

  • PDCAサイクル(ぴーでぃーしーえーさいくる)

    企業が効率的な経営を行うための管理手法のこと。

  • 5フォース分析(ふぁいぶふぉーすぶんせき)

    事業の関係者、すなわち①競合他社②売り手③買い手④新規参入者⑤代替品の5者の影響力を分析し、事業の利益の源泉となる要因や逆に収益性を阻害する要因を抽出し、適切な施策を検討する手法のこと。

  • ベンチマーキング(べんちまーきんぐ)

    同じような業務や作業について、自社内や競合他社の生産性や品質を比較し、どの程度改善すべきか、改善すべきポイントはどこかを把握するための分析手法である。

  • マクロ環境分析(まくろかんきょうぶんせき)

    PEST分析ともいう。

  • マネジメント方針(まねじめんとほうしん)

    会社の経営理念や経営方針をいう。

*本文の内容は、『「経理・財務」用語事典』(税務経理協会・刊)と同一となっております。
図表は、ジャスネットコミュニケーションズにて作成しております。

年収診断 年収診断