公認会計士 30代 シニア
profile 38歳、男性。大学卒業後は上場メーカーに就職し5年間経理を経験。その後退職して、公認会計士を目指し、3年後に合格。現在大手監査法人で4年の経験。 
Q
38歳の男性です。現在監査法人にいますが、今後のキャリアを考えて、次はコンサルティングの仕事をしたいと思っています。

その場合、それから先に、どのようなキャリアを描けるか教えていただけますでしょうか。 
A
コンサルタントのキャリアを選ばれる場合、当然、スペシャリストとしてのキャリアを積んで行くことになります。

そこで身につけた専門性をその後の仕事人生でどのように活かしていくかは、ご自身が将来、どのようなスペシャリストになりたいかということと、どのような働き方を希望されるかによります。

つまりは、何らかの専門性を身につけて将来的に独立を考えるのか、少々忙しくてもコンサルティングファームで密度の濃いスキルを積んでいくのかによっても選択は異なってきます。

いずれにしても、今回の転職先の延長上にご自身のキャリアを選択するのではなく、まずは、ご自身の目指す将来のキャリア像を明確に描いた上で、転職先を選ぶという視点が重要になります。

また、ひとくちに「コンサルタント」と言っても、公認会計士からのキャリアチェンジが考えられるのは、下記の通り様々です。詳細は別のページにて解説していますので、下記リンクをご覧ください。

・ 財務・会計コンサルタント・ 税務・会計コンサルタント・ 国際税務コンサルタント・ 内部監査コンサルタント・ 戦略系コンサルタント・ ビジネス系コンサルタント

「公認会計士のための 監査法人からのキャリアチャート」 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、東証一部上場企業で27年間勤務。多くの部門で管理職および営業部長職などを歴任し、社内管理から法人営業、システム構築などを幅広く経験。現在は弊社エージェントとして事業会社、監査法人、コンサルティングファーム、その他非公開会社、ベンチャー企業、外資系企業も得意としている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・海外展開あり(日系グローバル企業)



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む