公認会計士 監査法人からのキャリアチャート コンサルティングファーム

公認会計士は監査法人で監査やアドバイザリーの経験を積んだ後、ステップアップとして、どのような選択肢があるのでしょうか。事業会社やコンサルティングファームなど、幅広いフィールドで活躍することができます。ここでは監査法人の次のキャリアパスをチャート形式にまとめ、公認会計士が活躍するフィールド別の「職種」と「業務内容」について解説しています。

公認会計士 監査法人からのキャリアチャート コンサルティングファーム 事業会社 ベンチャー企業 公開準備 ベンチャー~上場企業 経営企画 経理 財務 グループ管理会社 税務 管理会計 上場企業 IR 内部監査・内部統制 M&A 外資系企業 英文経理 コンサルティングファーム 財務・会計コンサルタント 税務・会計コンサルタント 国際税務コンサルタント 内部統制コンサルタント 戦略系コンサルタント ビジネス系コンサルタント その他 金融 アセットマネージャー ストラクチャードファイナンス 独立・開業

コンサルティングファーム

財務・会計コンサルタント

■業務内容

M&Aアドバイザリーやバリューエション、財務を中心としたデューデリジェンス業務、事業再生コンサルティングなどが主な業務。近年では、M&A関連の業務に関してはクロスボーダー案件が多く、英語力が必要となる傾向。また国内では事業承継に絡んでM&Aも行われている。

■転職事例

» クライアントとともに歩むコンサルティングを志向して転職へ
» 慎重な転職活動で、コンサルティング会社へ進むことを選択

エージェントに相談する

税務・会計コンサルタント

■業務内容

申告書作成から組織再編や事業承継など税務に関わること全般でサービスを展開。最近では特化型の事務所も増加しており、事業承継や相続に関しては増加している。

エージェントに相談する

国際税務コンサルタント

■業務内容

昨今、国内企業でもグローバル化が進んでおり、両国間での課税の有無や二重課税など、海外との税務問題が生じます。このような2国間以上の税務問題を扱う分野が「国際税務」であり、自国の税法及び相手国の税法ならびに租税条約等を勘案して対処する。

エージェントに相談する

内部統制コンサルタント

■業務内容

クライアントに適した内部監査制度・監査役監査制度の検討を行う。そのうえで、上場審査に適合する監査担当者の選定や、監査活動および調書・報告書等の整備に関る助言、ひな形等の提供並びに導入・運用に際してのサポートを行う。

エージェントに相談する

戦略系コンサルタント

■業務内容

一般的に米国や欧州を本拠地にワールドワイドな展開をしているファームが多い。基本的に大企業をクライアントとし、経営者相手に綿密な分析をベースにした提案をプレゼン・導入といった流れ。最近ではクライアントの中に入り込んで戦略の実行面までサポートするハンズオン型も多い。戦略・組織・財務・IT等の個別分野を越えての対応が多い。

エージェントに相談する

ビジネス系コンサルタント

■業務内容

主に中小企業向けとして顧客の企業・事業戦略立案~IT戦略立案・システム化構想策定といったいわゆる上流フェーズから、システムインテグレーションやその後のシステムアウトソーシング、さらにはビジネスそのもののアウトソーシングまで幅広く展開。ただ近年ではファームごとに事業領域・特色などを打ち出し独自色を強めている。

エージェントに相談する

'. mb_convert_encoding($php, 'UTF-8', 'UTF-8')); ?>
転職サポートに申し込む【無料】
'. mb_convert_encoding($php, 'UTF-8', 'UTF-8')); ?>