USCPA 30代 スタッフ
profile 35歳男性。主に外資系企業での経理部門に勤務。 
Q
昨年まで外資系企業に勤めており、一発奮起し1年でUSCPAの資格を取りました。年齢は32歳で、英語スキルは読書き(TOEIC 700)です。

監査法人で監査業務に従事したいのですが、このような転職は可能でしょうか。 
A
USCPA資格取得者を積極的に採用する監査法人も増えています。

監査法人におけるUSCPAの採用については、資格にプラスして職歴や語学力を含めた上で判断されます。外資系企業でのご経験や、TOEICスコアなどからも転職成功の可能性は高いと思います。積極的にチャレンジしてみてください。 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む