USCPA 30代 スタッフ
profile 35歳男性。USCPAを保持。上場メーカーにて海外営業に従事。
Q
現在、上場メーカーで海外営業に従事しています。

35歳でUSCPAに合格したのを契機に、監査法人でUSCPAの資格が活かせる業務に従事したいと考えています。このような転職は可能でしょうか。 
A
英語力が高ければ、USCPAの資格と知識が活かせる監査求人は、あります。

ただ、年齢が30歳を超える場合には、前職での経験業界によって転職市場における優位性は異なってきます。

一般的には、金融業界、次にグローバルメーカーや外資系企業でのご経験が転職においてはプラスとなる場合が多く見られます。

ご自身の経験や今後のキャリアプランをおうかがいした上で、監査法人に限らず、プロフェッショナルファームや事業会社も含めた可能性について、ご説明させていただければと思いますので、ぜひご来社ください。 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、東証一部上場企業で27年間勤務。多くの部門で管理職および営業部長職などを歴任し、社内管理から法人営業、システム構築などを幅広く経験。現在は弊社エージェントとして事業会社、監査法人、コンサルティングファーム、その他非公開会社、ベンチャー企業、外資系企業も得意としている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・海外展開あり(日系グローバル企業)



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む