公認会計士試験 論文式合格・会計士補 30代 スタッフ
profile 32歳、女性。30歳のときに、公認会計士試験論文式に合格。企業(未上場)の経理部に勤務。
Q
30歳で論文式試験に合格し、監査法人への入所を希望しましたが、当時は就職が難しい時期だったため、企業(未上場)の経理職に就きました。

実務従事要件を満たしていないため、まだ修了考査は受けていません。今後、このまま企業で実務経験を積むか、監査法人に挑戦するかで迷っています。相談に乗っていただけませんでしょうか。 
A
ご自身が公認会計士として、どのようなキャリアパスを描いているかが大切です。

事業会社でのCFOなど、企業内のキャリアを想定しているようであれば監査法人への転職は回り道になってしまう可能性もあります。

他の公認会計士の方との差別化を図る上でも、事業会社のキャリアを更に積み上げることも選択肢の一つかと思います。詳しくはぜひ、面談時にお話をうかがわせていただきたいと思います。 

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む