公認会計士 30代 シニア
profile 30代、男性。公認会計士。大手監査法人に勤務。 
Q
30代の公認会計士です。どれくらいの期間で、次の転職先は決まりますか。 
A
これは、応募先の規模やタイミングにもよりますので一概には言えません。

現場の上司、人事、役員、代表などの面接官と数回の面接を経て内定となりますが、小規模なファーム系の組織やベンチャー企業などでは、最初から代表者が面接をされるような場合もあります。1週間程度で応募から内定になるようなケースも増えています。

売り手市場を背景に、大手監査法人でも1日の面接で選考結果を出すところもありますので、応募から内定が出るまでのスピードは早まっていると思います。

一般的には1カ月から2カ月の範囲でお決めになる方が、多いと思います。 

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む