公認会計士 30代 マネージャー
profile 35歳、女性。大卒後、公認会計士を目指し、3年で合格。大手監査法人の金融部に入所。現在の職位はマネージャー。
Q
監査法人勤務の公認会計士です。30代半ばのマネージャーです。

現職が忙しいので、退職してから転職活動をしようと思います。何かデメリットはありますか。 
A
退職後の就職活動は、あまりお勧めしません。

デメリットとしてはあるのは離職期間が長期化した場合、それに伴う焦りにより、条件面などで納得のいっていない内定でも受諾せざるを得ない状況に追い込まれることです。

求人(募集ポジション)によっては、入社日をかなり先にできるものもありますし、面接日程についても夜遅い時間や土日などにできるケースもありますので、退職については慎重にお考えください。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む