公認会計士試験 論文式合格・会計士補 30代 スタッフ
profile 30歳、BIG4系の税理士法人で働き始め1年が経過した論文式合格者。税務の仕事が向かないと気づき、今からでも監査法人に転職した方がよいのかどうか悩んでいる。 
Q
30歳、BIG4系の税理士法人で働き始め1年が経過した論文式合格者です。
まだ1年ですが、細かい税務の計算に飽きてきてしまい仕事が嫌になってきました。

試験に合格したのが遅かったため、「他の合格者とは違うキャリアを」という思いから、監査法人ではない道を選びましたが、税務の仕事は自分には合わないと感じています。

いまからでも監査法人に転職し監査の仕事をする場合、大手に入るのは難しいのでしょうか。最初から中小の監査法人にした方がよいでしょうか。
 
A
直接的に監査法人で税務のサービスを提供することはありませんが、当然税務の知識・経験が活きる場面はあるので、監査法人の採用においても税理士法人での経験は一定の評価を得られると思います。

詳しくは現在担当するクライアントの規模や具体的な業務の内容にもよりますが、大手が第一希望なのであれば、まずは大手監査法人の選考から受けてみても良いのではないかと思います。

また、段階的に大手→中堅といった受け方をすることも一つではあるものの、できればBIG4と併せて、数社中堅の監査法人を受けてみることをお薦めします。場合によっては待遇面や担当するクライアントの規模はあまり変わらないものの、仕事の進め方や社内の風土などは中堅監査法人の方が自分に合っていた、という可能性もあります。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む