公認会計士 30代 シニア
profile 大手監査法人に勤務、5年目の30歳会計士。遠くない将来転職も視野に入れているものの、やりたいことがまだ定まっていない。いま転職活動を始めるか、もう少し経験を積んでからにした方がよいか悩んでいる。
Q
大手監査法人に勤務、5年目の30歳会計士です。2年前に修了考査に合格し、昨年からシニアとして主査も3社あり、3~4名のメンバー率いています。

ただ、現状は上司に判断を仰ぐことも多く、シニアとしても一人前にはほど遠く感じています。一方で年齢も30を迎え、かなり漠然とではありますが、税務や経営企画に興味が出始めていて、親しい会計士の友人に相談をしている段階です。

このまま監査法人に留まることは無いと考えており、遠くない将来転職も視野に入れています。このように、何をしたいか完全に定まってはいない現状で転職活動に踏み出すべきか、もう少し監査法人でシニアとして経験を積んで自信をつけたあとに転職を考えるべきか、どちらがよいか何かアドバイスをいただけないでしょうか。
 
A
色々とご自身で悩んでいても、思うように答えが出せない状況が続いてしまっているのではないかと思います。結論から申し上げますと、まずは転職活動の第一歩を踏み出してみてください。

転職活動といっても実際に面接を受けたりすることをお薦めしているわけではなく、最初のステップとしてはエージェントに相談をして、この先の質問者様のキャリアについて漠然としたイメージをもう少し具体的にしてみてください。

その姿がイメージできてはじめて、そのキャリアを積むために「もう少し監査法人で経験を積むべきか、今すぐ転職をするべきか」についても自ずと答えが出せるようになります。

監査法人に留まるつもりは無いとおっしゃっている中で、転職の時期を今ではなく未来に設定するというのは、ただただ問題を先送りしてしまうことになり、転職の機会を失ってしまう大きな原因になります。まずは最初の一歩を踏み出してみてください。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む