公認会計士 30代 シニア
profile 30代、公認会計士。大手監査法人に勤務。 
Q
30代の公認会計士です。将来の独立を見越して、 税務の経験を積みたいと考えています。

どのような税理士法人を選べばよいか、アドバイスがあればお願いします。 
A
ご自身が独立後にどういった強みを持ち、どういったサービスを提供したいかという点から、転職先を選ばれた方がよいかと思います。

資産税や国際税務、組織再編など特定分野に強みを持ったキャリアの積み方も選択肢の一つですし、特定の分野だけでなく幅広く税務の仕事ができる税理士法人を選ぶのも一つだと思います。

先ずはご自身の目指す方向性も含め、エージェントにご相談ください。

 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む