公認会計士 20代 スタッフ
profile 28歳、男性、公認会計士。大手監査法人勤務。ゆくゆくは転職をしたいので、それに向けて情報収集をしている。 
Q
大手監査法人で働く28歳の公認会計士です。ゆくゆくはステップアップのため、FAS系の業務に興味があります。

転職先を検討するにあたり、BIG4系列のFASと中小の会計系FASの違い(クライアントや仕事の内容など)がどこにあるのかを教えてください。
 
A
あくまでも一般論としての比較で申し上げますが、大きく異なるのは3点あると思います。

1 クライアントの規模

新聞の1面に載るような大型のM&Aは、恐らくBIG4が何らかの形で関与しているケースがほとんどかと思います。当然中小ファームでも大型案件を扱うことはあると思いますが、人的なリソースを考えてもキャパシティを超えるような案件は取り扱えない場合が多いと思います。

2 社内における役割の細分化

M&Aのプロセスとして、相手を探し、評価し、条件交渉し、契約締結し、統合作業を円滑に進めるという段階があるとします。BIG4では専門部門ごとにトランザクションを分けますが、中小ファームでは一人で一連の流れの全てを進めることも珍しくありません。


3 所属メンバーの違い

パートナー、マネージャー、スタッフなど、経験値に応じた豊富なメンバーがいるBIG4と違い、代表とメンバー数人がすべてといったファームも珍しくありません。経験やノウハウを持った方に囲まれて仕事ができるBIG4と、経験値が無くても交渉など重責を担う可能性のある中小ファーム、それぞれに別の魅力があると思います。


さらにファームによっても、仕事の進め方や強みとしている部分も大きく変わります。エージェントを上手に活用しながらしっかりと情報収集をし、ご自身のやりたいことに合った転職先を見つけてください。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む